・のりものの絵本

2011年11月29日 (火)

『とべ! ちいさいプロペラき』

ココログのアフィリが30日10時で終了とのことで、絵本の画像が貼れなくなってしまう前に、bk1に書評を投稿した(もう10年も前)もののこのブログには書かないままだったものを、転載しておきます(^_^;)

今回久々に絵本を取り出してみて眺めてみましたが、空好きのわたしとしては空の描写にとても惹かれました。夜空、時間とともに変化していく朝焼け、青空・・・。子供に読み聞かせしていた頃には、ストーリーやのりもの中心に見ていたように思いますが、時が経つと絵本の読み方も変わるものですね…。

とべ! ちいさいプロペラき (こどものとも傑作集) Book とべ! ちいさいプロペラき (こどものとも傑作集)

著者:小風 さち 作 山本忠敬 絵
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

のりもの大好き、飛行機大好きの子どもにはたまらない絵本だと思います。繰り返し読んでとせがまれそうです。

 数多くののりものの絵本を描いている山本忠敬さんの絵です。ちいさいプロペラ機が不安を乗り越え、初飛行で離陸するところの描写がすばらしい! ページをめくった瞬間、本当にぐーん…とプロペラ機が離陸したような、本当に絵が動いたような気がしました。子どもはいつも絵本を読んでもらいながら、こんなふうに頭の中で絵を動かしているんだなと初めて実感しました。

 幼稚園での読み聞かせの会で読んだ時、子どもたちは身をのりだして聞いてくれました。男の子はもちろん、女の子も小さいプロペラ機といっしょに初飛行を楽しんでくれたように感じました。絵が大きいのも大勢の子どもの前で読むのに適していると思います。(2001年3月bk1投稿)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

『はしれ、きかんしゃちからあし』

図書館の新着本から。

はしれ、きかんしゃちからあし (日本傑作絵本シリーズ) Book はしれ、きかんしゃちからあし (日本傑作絵本シリーズ)

著者:小風 さち 文 藍澤ミミ子 絵
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

力もちの蒸気機関車「ちからあし」は働くことが喜びだったのに、戦争に巻き込まれ武器を運ばせられ、友達の機関車を空襲で失います。終戦時には疲れきっていましたが、人々の求めに応じて走り続け、人々の生きる力にもなりました。しかし時代は進み、蒸気機関車は都会を走れなくなりました・・・。ある日、ちからあしが向かった先は・・・・。

戦前、戦中、戦後と劇的な時代の変化を生き抜いた「ちからあし」。まるで人の一生のような・・・。30代半ばで木版画を始めたという藍澤ミミ子さん(1933年生まれ)の初めての絵本作品はとても力強くて、蒸気機関車への深い思いを感じました。子風さちさんの文章のうまさはもちろんですが、様々な場面での機関車の擬音語が巧みで情景がリアルに感じられました。

乗り物好きの男の子をはじめ、子どもには子供の、大人には大人の味わいのできる魅力的な絵本だと思います。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

『ちいさいケーブルカーのメーベル』

バタバタしているうちにいつの間にか「ちょっと絵えほん♪」開設2周年を過ぎておりました・・・。このブログを開設したのは、06年2月15日。HP「めーべるの部屋」や身近な自然の写真のブログ「空、ええやん。」をすでに持っていましたが、気軽に絵本のことを書く場がほしいと思い開設し、いつの間にか2年・・・。記事数も390(ブログ開設前に書き溜めていたものも当時の日付で後からこのブログに掲載したものも含めてですが)となりました。たくさんの方に毎日ご訪問いただき嬉しい限りです。今後ともどうぞよろしくお願いします。コメントもお待ちしています。

さて、今日はブログ開設2周年を記念?し、わたしのハンドルネーム(めーべる)の由来である絵本を紹介します。(次男の6歳の誕生日にプレゼントした絵本でもあります。)

Book ちいさいケーブルカーのメーベル

著者:バージニア・リー・バートン かつらゆうこ いしいももこ
販売元:ペンギン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する  (読んであげるなら 4歳から)

   画像は洋書で↓       

Maybelle the Cable Car Book Maybelle the Cable Car

著者:Virginia Lee Burton
販売元:Houghton Mifflin (Jp)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Maybelle the Cable Car (Carry Along Book & Cassette Favorites) テープ付き

メーベルはサンフランシスコの市営のケーブルカーです。坂の多い美しい街を、毎日誇りを持ってたくさんのお客さんを朝早くから夜遅くまで運んでいます。どんな急な坂も雨でもグリップと三つのブレーキを持っているので、滑らず安全にお客さんを運びます。ところがある日、時代遅れで儲からないとケーブルカーを廃止する話が持ち上がります。ケーブルカーの存続を求めて市民運動が起こり、住民投票でケーブルカーの存続が決まります。・・・メーベルは今日もチンカン チンカン 鐘を鳴らし歌いながら サンフランシスコの街を走っています。

実話に基づく話を、バートンが美しい絵と詩的な文章で丁寧に描いています。ケーブルカーの構造もよくわかり、のりものの絵本としても楽しいです。加えて、民主主義の原理や手続きを子供たちにもわかりやすく伝えてくれます。桂宥子氏と石井桃子氏の訳もすばらしく、リズム感もよくて読んでいて楽しい気持ちになります。バートンのほかの絵本に比べ、あまり有名でないのがとても残念です。ぜひ一度読んでみてください。

バートンのほかの絵本は

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー Book はたらきもののじょせつしゃけいてぃー

著者:ばーじにあ・りー・ばーとん,いしい ももこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

           内容は以前の記事

いたずらきかんしゃちゅうちゅう Book いたずらきかんしゃちゅうちゅう

著者:バージニア・リー・バートン,むらおか はなこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マイク・マリガンとスチーム・ショベル マイク・マリガンとスチーム・ショベル
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

ちいさいおうち Book ちいさいおうち

著者:ばーじにあ・りー・ばーとん,いしい ももこ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

などがあります。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

『おたすけこびと』

書店でふと目に留まった絵本です(2007年2月出版)。

おたすけこびと Book おたすけこびと

著者:なかがわ ちひろ
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

家族の留守に、お母さんの依頼を受けて大活躍する小人たちのお話です。小人たちはクレーン車などのたくさんの「はたらく車」を使って、ケーキを作るのです。どんなケーキかというと・・・・。

お菓子を作る作業も、はたらく車も、子供は大好きですよね。絵の描写がとても細かくて、隅々まで楽しめると思います。ああ、こんな小人たちが我が家にもいれば・・・(笑)。

それにしても、男の子はパワーショベルだのクレーン車だのブルドーザーだのロードスィーパーだの・・・作業をする車が大好きですね。息子たちも幼稚園のころは、はたらく車の図鑑を「熟読」していて、特殊な作業車の名前がスラスラいえましたっけ。今はすっかり忘れてしまっているようですが・・・。

ついでなので、息子たちがよく図書館で借りていたはたらく車の絵本(図鑑)を紹介しておきます。ちょっと地味な絵本ですが、薄くて持ち歩きにも便利。乗り物絵本の第一人者、山本忠敬(ただよし)氏が詳しく描いているので、お薦めです。

Book はたらくじどうしゃ 1 (1) (福音館のペーパーバック絵本)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book はたらくじどうしゃ 2 (2) (福音館のペーパーバック絵本)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book はたらくじどうしゃ 3 (3)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book はたらくじどうしゃ 4 (4)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』

石井桃子氏がこの3月10日で満100歳を迎えられるのに際して書店などでイベントが催されています。我が家で息子たちが一番楽しんだ石井氏の絵本といえば、『うさこちゃん』シリーズをのぞけば、この『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』だと思います。この冬はあまりに暖かい日が続き、紹介しそびれていたのですが、今日はこの冬一番の積雪のところもあるとか。日本中冷蔵庫状態、今日は雪国では除雪車が活躍していることでしょう。

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー Book はたらきもののじょせつしゃけいてぃー

著者:ばーじにあ・りー・ばーとん,いしい ももこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)

(読み聞かせの目安 読んであげるなら:4歳から 自分で読むなら:小学校初級向き)

Katy and the Big Snow Book Katy and the Big Snow

著者:Virginia Lee Burton
販売元:Frances Lincoln Publishers
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(こちらの洋書では一部中身を閲覧することができるので、併せて紹介しておきます。)

けいてぃーじぇおぽりすという町の道路管理部で働いている赤い立派なトラクター。夏の間はブルドーザーをつけて道を直します。冬になると、けいてぃーはブルドーザーをはずして除雪機をつけます。けいてぃーは大きくて、力が強いので、少しの雪では出動しません。

ある朝、雨から雪に変わり、雪は休むことなく降り続け、いよいよけいてぃーの出動です!雪は2階の窓のところまで積もり、やっと止みました。町中の機能が麻痺して、誰も動けない間、ただひとり、けいてぃーは動いていました。みんながけいてぃーに道を付けてくれるように頼みます。「よろしい。わたしについていらっしゃい」と引き受けたけいてぃーが黙々と働いたおかげで、町の機能は回復。警察の車も、郵便を配達する車も、救急車も消防車も、働くことが出来たのです・・・。

あらすじで書いてしまうとそっけないのですが、声に出して読むと繰り返しのフレーズも言葉の響きも実に心地よく、息子たちが4,5歳頃のお気に入りの絵本でした。じぇおぽりすの町の地図がページいっぱいに描いてあったり、メインの絵の枠にけいてぃーの説明が絵で細かく描かれていたり(↑にリンクさせている洋書の中身閲覧でご覧ください)、字が読めない子どもにも眺めているだけで楽しめる工夫がいっぱいです。

また、赤い除雪車が「ちゃっ!ちゃっ!ちゃっ!」と一面の雪の中を黙々と働いていくにつれ、町が復活していく様子は実に巧みに描かれています。子供には絵が動いて見えるのではないかと思います。けいてぃーの働きに、わくわくしながら、自分もけいてぃーになったような気持ちで、息子たちは絵本を読んでいたのではないかと思うのです。先ほど息子たちに「君たち、小さい時この絵本題好きだったよね?」と聞くと、長男(中2)はちょっと照れ笑い、次男(小5)は「今でも大好きだよ~」って。

改めて読み直してみると、子供を引き込む力のあるすごい絵本だなあと思います。加えて、知らず知らずのうちに息子たちは、働くことや誰かの役に立つ喜び、途中で投げ出さないことなどを、この絵本から学んでいたのではないかと思います。

でも、バートンの絵本としては、『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』や『ちいさいおうち』ほど読まれてないようなのが、残念です。この『・・・けいてぃー』もぜひ読んでみてください。(今回久々に絵本を出してみて気付いたのですが、『・・・けいてぃー』の中表紙にはバートンのほかの作品の主人公が登場しています! 全部わかればバートン通(笑)?)

それにしても、100歳でなお現役の石井桃子氏には、感服いたします。石井氏が関わった絵本を全く読んだことがない日本のこどもなんて、まずいないのではないでしょうか。なんて素敵なお仕事をされてきたのでしょう。どうぞこれからもお元気でご活躍くださいますように・・・。

追記:石井桃子氏の100歳を記念しての出版社のサイトも紹介しておきます。福音館書店はこちら。岩波書店はこちら

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

とらっく とらっく とらっく

今では横長で文字も横書きの絵本も見慣れたものですが、この絵本が日本で最初の横長横書き絵本だそうです。

とらっく とらっく とらっく Book とらっく とらっく とらっく

著者:渡辺 茂男,山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

14日にNHK教育TVで放送されたETV特集「椎名誠の絵本を旅する」で、福音館書店の「こどものとも」初代編集長(現相談役)の松居直氏が登場し、「こどものとも」創刊の頃(昭和30年代)の話されていました。

「こどものとも」の出版が6年目に入り、いろいろと壁にぶつかっていた頃、絵本を横長にすることを編集部は思いつきます。横長にすると、絵がダイナミックになり、絵の連続性が非常によくなるとのこと。但し、文も横書きにしないといけなくなるため、今まで絵本といえば文字は縦書きと決まっていたので、かなりの冒険だったようです。(このあたりのいきさつなどは、こどものとも50周年記念ブログで松居氏が書かれています。)

かくして「こどものとも」1961年7月号として出版された『とらっくとらっくとらっく』は、横長の絵本第一号として出版されます。(絵本のストーリーはリンク先・「こどものとも50周年記念ブログ」でご覧ください。)

港で積んだ荷物を遠い町めざして走る途中、様々な車と出合う様子が描かれ、スピード感もあふれて、たくさんの子供を魅了したようですが、やはり当初は学校の先生から「国語の教科書が縦書きなのに、絵本を横書きにするとは何事か」とのクレームが来たそうです。学校の先生をあまり怒らすわけにはいかないので、「でも、算数や理科の教科書は横書きですよ」で、松居氏はかわしたそうですが・・・・。今では考えられないですよね(笑)。

この絵本の絵を描かれたのは、乗り物絵本の第一人者の山本忠敬氏。トラック、バス、ジープ、ロードローラー、パワーショベル、コンクリートミキサー車、タンクローリー、スポーツカー、白バイ、消防車、救急車など、実に様々な乗り物が登場し、また描写も細かく、乗り物好きな男の子にはたまらない絵本だと思います。

山本氏の乗り物絵本は息子たちも大好きで、ほかのはよく幼稚園で借りてきたりして読んだのに、なぜかこの絵本はあまり読み聞かせた記憶がありません。幼稚園にこの絵本がなかったのかもしれませんが・・・。 こんな魅力的な絵本を読まなかったこと、今となっては残念に感じます。きっと家にあったら読んだのでしょうね。縁あって我が家にやってきた絵本は、それはそれは繰り返し読みました(読まされました^_^;)から。

(今、現役で子供さんに読み聞かせをされている方、相性がよさそうな絵本はできれば購入して、いつでも手元において読んであげてください。数百回くらいは読むことになる本も少なくないので、大人の本に比べれば安いものだと思います。子供さんが大きくなった時にその頃の絵本が手元にあるって、子供さんにとっても親にとっても素敵なことですよ。子どもさんともその本を前に思い出話に花が咲くと思います。)

番組の中でも椎名誠氏が、かつて子供さんに読んだボロボロの絵本の中に埋もれつつ、とても幸せそうでした。繰り返し読み聞かせした絵本は、家族の歴史でもあると思います。

★人気blogランキングに参加しています。(いつのまにか絵本のジャンルができていたので、そちらに登録し直しました。さて、今日は何位?)この記事がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

『でんしゃえほん』 夢の電車がズラリ

5月23日にNHK・BS2で放送された「夢のつづき わたしの絵本」の中で、紹介されていた絵本をようやく読むことができました。(5月24日にこの番組に関する記事を書いています。)

でんしゃえほん Book でんしゃえほん

著者:井上 洋介
販売元:ビリケン出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まず、表紙の絵をよくご覧ください。地面に穴が開いていて、そこから電車が出てきているでしょ。見返しの絵もなんだか不思議。はて、どんな電車が登場するのかと思えば、車輪に靴を履いた足がいっぱいついている「ゆっくりのんびりおさんぽでんしゃや、カブトムシ型の「かぶとむしでんしゃ、電車の中がラーメン屋になっていて、煙突が出ている「ラーメンでんしゃ、電車がドーナツ状の周りを眺める「ドーナツでんしゃ」(どこへも行けそうにない!)など、ページをめくるたびに不思議な電車が登場します。楽しい~っ。オトナでも楽しいのだもの、コドモならなおさらでしょうね。おはなし会にもよさそうです。

(次男がこの手の空想が大好きな子供で、「あったらいいなこんなバス」展に応募した絵をこちらに載せています。よかったらご覧ください。)

それにしても、井上洋介さんは68歳でこの絵本を描かれたとか。なんて、みずみずしい頭をお持ちの方なんでしょう。井上さんの絵は、『くまの子ウーフ』の挿絵が有名かなと思いますが、『こどものとも』などで見た井上さんの絵はちょっと暗いイメージがあって、今まで親しんだことがありませんでした。食わず嫌いでもったいないことをしていたのかも。どんな方なのか興味が湧いてきました。これから意識して読んでみようと思います。

☆ブログのテンプレートを今日変更しました。このデザインが気に入ったわけではないのですが、以前のものはどうも改行の仕方が気に入らなくて・・・。少し見やすくなったでしょうか? ブログのデザインって、全体のイメージ、文字の色、記事のタイトルの色、サイドバーの文字の色など、全部気に入ったものってなかなか見つかりませんねえ・・・。

★人気blogランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いします→。人気blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

出産祝いに

ねんね Book

ねんね

著者:さえぐさ ひろこ
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

動物の赤ちゃんの寝顔写真に一言添えた、写真絵本。なんて気持ちよさそうに眠っていることか・・・。かわいくてたまらない。安心して眠れるって、幸せなこと。
最後のページに○○ちゃんの写真を貼るようになっている。この動物たちのように、一緒に絵本を楽しんだ後○○ちゃんもねんねしてくれると、お母さんは楽チンなんだけどね・・・。

なかなか眠ってくれなくて育児に疲れたお母さん(お父さん)もこの寝顔オンパレードには癒されるはず・・・。

Book たべたのだあれ

著者:五味 太郎
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

   (どうぶつあれあれえほん)

左のページで「さくらんぼ たべたのだあれ」ときくと、右のページの象のしっぽがさくらんぼに、ページをめくり「いちご たべたのだあれ」ときくと、ライオンの鼻がイチゴになっている・・・という具合。動物の数もページを追うごとにひとつずつ多くなっていきます。結果はすでにわかっているのに、なんで子どもって同じことがこんなに楽しめるのでしょうね(^^) まだおしゃべりができない子も指で指して楽しみます。うちの息子たちも繰り返し繰り返し楽しみました♪

じゃあじゃあびりびり Book じゃあじゃあびりびり

著者:まつい のりこ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あかちゃんのまわりにあるもの(蛇口、掃除機、ふみきりなど)の擬態語を楽しむ絵本。

うちの息子が楽しんだ時は、普通の紙の絵本だったけれど、いつの間にかボール紙をコーティングして、あかちゃんがなめてもかじっても大丈夫な絵本になっていました。小さいサイズの絵本なので、持ち歩きにも便利。

ぶーぶーじどうしゃ Book ぶーぶーじどうしゃ

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(0.1.2.えほん)

乗り物の絵本の第一人者、山本忠敬さんが描いたあかちゃん向け乗り物絵本。これもなめてもかじってもだいじょうぶ。

★以上4冊、最近めでたく男の子を出産された絵本仲間の方に贈りました。合計税込み3,050円なり。ご参考に。

| | コメント (0)

2003年12月25日 (木)

『のりものかけちゃうよ』『あなたが世界を変える日』

Xmaspre_2 いつもはなかなか起きない次男も今朝は一番に起きて、サンタさんがクッキーを食べたか確認し、大喜び。プレゼントも見つけ、いっそう喜ぶ(^^) プレゼントは次男へは36色の色鉛筆エド・エンバリーの『のりものかけちゃうよ』という絵の描き方ハウツー絵本。図書館でよく借りている絵本なのだけれど、「やっぱり新しい絵本はいいなあ」と満足げ。長男へは『あなたが世界を変える日』という12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチが載っている本と図書カード2000円分。

次男は学校で、サンタさんがクッキーを食べていったという話を何人かの女の子にしたらしい^^; (男の子は聞いてくれそうにないからしなかったそうな)

午後には市販のスポンジケーキに次男がデコレーションをして、クリスマスケーキをいただく。プレゼントにケーキ、これがクリスマスのメイン行事なのよね^^; クリスチャンではないのでお許しを。でも大人も子供も夢をもてて、まあ悪くないかなと思っている。

エンバリーおじさんの絵かきえほん のりものかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん) Book エンバリーおじさんの絵かきえほん のりものかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん)

著者:エド エンバリー
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ Book あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

著者:セヴァン カリス=スズキ
販売元:学陽書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

■今夜の絵本:『おおきなおおきなおいも』 赤羽末吉/さく・え 福音館書店

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による Book おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による

著者:赤羽 末吉
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)