ラジオ

2011年7月 1日 (金)

『すっすっはっはっ こ・きゅ・う』

昨日、ラジオビタミンで、4月に放送された長野ヒデ子(絵本作家)長野麻子(立教女学院短大専任講師)さん親子のときめきインタビューのアンコール放送がありました。ちょうど図書館で

すっすっはっはっ こ・きゅ・う (絵本・こどものひろば) Book すっすっはっはっ こ・きゅ・う (絵本・こどものひろば)

著者:長野 麻子
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を借りていたので、とってもタイムリー。お二人で朗読してくれて(麻子さんが読んで、ヒデ子さんがいっしょに「すっ、はっ」呼吸してるって感じでしたが・・・笑)、楽しかったです。やっぱり絵本は声に出して読むものだなあと思いました。この楽しさは最初に黙読したときには感じられなかったですから。

麻子さんは、音楽と身体の関係に注目し、現代音楽から幼児教育にわたり研究をされている方(ドイツ留学時に、ディーター・シュネーベルを研究)。音楽は呼吸だ、音楽は生きる力を持っているということを、子供でもわかるものを作りたいということで、母親であるヒデ子さんに依頼して絵本作りとなったとのこと。

シュネーベルの楽譜も心電図の波形みたいなものもあるらしいのですけど、絵本も擬音語とともにカラフルな曲線、直線や円などが続いていく感じ(お孫さんが書かれた落書きもコラージュされて使われているとのこと)で、幼児はこんなの好きでしょうね。親子で声に出して読んで、元気になれる絵本のように感じました。

イライラして落ち着かないと呼吸は浅いとか。日々の暮らしの中でも、時おり呼吸に意識を向けて「すー、はー」と深い呼吸をして、声を出して、元気に暮らさなきゃ・・・・と気づかせてもらいました。

番組後半では、ヒデ子さんが歌う「せとうちたいこ」さんの歌が流れ、こちらも楽しかったです(中川ひろたかさん作曲と言われていたと思います)。せとうちたいこさんシリーズ、また読みたくなりました(笑)。

せとうちたいこさん デパートいきタイ (絵本・ちいさななかまたち) せとうちたいこさん デパートいきタイ (絵本・ちいさななかまたち)

著者:長野 ヒデ子
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

『っぽい』 他

5月29日のNHKラジオ「ラジオビタミン」柳田邦夫さんが紹介されていた絵本を予約していたら、ようやく図書館で借りることができました。

っぽい Book っぽい

著者:ピーター・レイノルズ
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絵を書くことが大好きなラモン。一日中、どこででも絵を描いていた。でも、あるときお兄ちゃんが、ラモンの絵が全然ホンモノに似ていないとケチをつけた。すっかり自信をなくして絵を描くことをやめたラモン。でも、ラモンの絵が好きという妹のことばにハッと気付いた。「っぽい」絵でもいいのだと。気持ちが伝わればいいのだと。

高学年、中高生、大人向けの絵本でしょうね。読んだ人の状況によってはすごく気持ちが楽になれる絵本かも。柳田さんはこの種のメッセージ絵本を紹介されることが多いですね。柳田さんが出演される時のタイトルが「大人も絵本」なので、当然そういう選択なのかな?とは思うのですが・・・。

同じときに紹介されていたメッセージ絵本をもう1冊載せておきます。

きずついたつばさをなおすには (児童図書館・絵本の部屋) Book きずついたつばさをなおすには (児童図書館・絵本の部屋)

著者:ボブ グラハム
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メッセージ絵本としてはいいのかもしれませんが、最初の方でなんとなくストーリーがわかってしまって、絵本としてはわたしは物足りなかったです・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

いわむらかずお氏ラジオビタミン出演

絵本作家・いわむらかずおさんが明日9日NHKラジオ第一放送の「ラジオビタミン」のときめきインタビュー(午前10:05頃~)に出演されます。興味のある方はぜひお聞きくださいね。

「ラジオビタミン」HPへ。 ゲストへの質問・メッセージも送れますよ。

いわむらかずおさんの絵本で有名なものといえば、「かんがえるカエルくん」や「14ひき」のシリーズでしょうか。

かんがえるカエルくん Book かんがえるカエルくん

著者:いわむら かずお
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


14ひきのもちつき Book 14ひきのもちつき

著者:いわむら かずお
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

追記:番組の中で紹介されていたのが「いわむらかずお絵本の丘美術館」10周年記念して出版されたこちらの本です。いわむらさんが絵本の丘で出会った生き物や自然が丹念に描かれていて、いわむらさんがこどもたちに伝えたい「いのち」への思いがこめられているとのこと。

えほんの丘スケッチブック Book えほんの丘スケッチブック

著者:いわむら かずお
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 表紙の画像は、えほんの丘(『いわむらかずお絵本の丘美術館』のwebショップ)の方がはっきりしています。

現在いわむらかずお絵本の丘美術館では、「いわむらかずお 70年代から80年代の仕事」展を開催中とのことです。
 前期=2008年12月4日(木)~2009年3月1日(日)  
 後期=3月5日(木)~5月31日(日)

また、番組の簡単な内容紹介はコメントに載せてあります。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

『したのどうぶつえん』

昨日、NHKラジオ「ラジオビタミン」柳田邦夫さんが紹介されていた絵本です。

したのどうぶつえん Book したのどうぶつえん

著者:あき びんご
販売元:くもん出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

タイトルを見てピーンと来られた方も多いのでは? かの上野動物園のパロディ絵本といいましょうか、不思議な楽しい動物がいっぱい登場するらしいです。ぜひこれは読んでみたいと思って今日書店で探してみたのですが、残念! 出合えませんでした。早く読んでみたいものです。内容↓は出版社の紹介文を引用させていただきました。親子でいろんなダジャレ動物を作ってみるのも楽しそうですよね。

”うえの”どうぶつえんの下には、”したの”どうぶつえんがあった!

 ある日、上野動物園に行こうとしたぼくは、動物園前駅から下におりる階段をみつけます。階段を下っていくと、そこには“したのどうぶつえん”があったのです。驚いたぼくが、したのどうぶつえんに入っていくと、そこにはふしぎなどうぶつがたくさんいて…。
 りんごりら、れいぞうこぞう、きりんご、わらいおん、かばなな、もしもしかもしか。声にだして読むだけで、思わずププッと吹きだしてしまう、だじゃれどうぶつの数々。

 「ことばが豊かな子どもはだじゃれが得意である」という作者の考えをもとに作られた新感覚のことばあそび絵本です。


★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

『給食番長』

4日のラジオ番組(NHK「ラジオビタミン」)で、今大人気の絵本ということで作者をゲストに取り上げられていた絵本です。検索してみたら、表紙の絵がなんともキョーレツなんですよ。(ブログにメモ代わりに載せておこうと思いつつ、1週間も経ってしまいました・・・sweat01

給食番長 (cub label) Book 給食番長 (cub label)

著者:よしなが こうたく
販売元:長崎出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネット書店などのカスタマーレビューなどを見てもその人気ぶりがわかります。あるカスタマーレビューには「作る側の給食のおばちゃんと、食べる側の番長&その仲間たちとの 迫力ある大攻防が画面せましと展開され、ハラハラドキドキの連続。」と書かれていました。 内容的には食育の絵本ということですが、博多弁も楽しく(標準語と両方で書かれているらしい)、子供と大人の心をしっかり捉えた絵本のようです。ぜひ読んでみたいです。

ところで、ラジオ番組の中で、「今は『給食のおばちゃん』ではなく、『給食の先生』といいます」というようなクレームのメール?が読まれていましたが、わたしが小学生の時は給食のおばちゃんってとても親しみをこめて読んでいましたけどねえ。いつから「おばちゃん」じゃなく「先生」と呼ばなければいけなくなったんでしょうか? 息子たちの小学校でも学校の中にいる人は全て「先生」でしたもんねえ。給食の先生、栄養士の先生、事務の先生など・・・・。「おばちゃん」がいけないのなら、調理員さん、栄養士さん、事務員さんでいい(さん付けが不自然なら「事務の方」とか)と思うのですが・・・・、そういう言い方(職業)は学校の先生は「格」が低いとでも思っているのでしょうか? いろんな職業の名前に小さいときから触れておくのも大切なことだと思うのですが・・・。ちなみに中学に入ると、「給食の先生」と言う言い方はしなくなるようですが・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

小曽根真の新譜

わたしの大好きなジャズピアニスト小曽根真さんの新譜が発売になりました。13年ぶりのソロ・ピアノアルバムです。

Music フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン

アーティスト:小曽根真
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2007/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

有名曲のカバーあり、クラシック風即興曲あり・・・ということで、ますます広がりを見せる小曽根ワールドが展開されているようです。早く購入して聴かなければ!(っと自分用に記事にしたしだいです^_^;)

小曽根さんのラジオ番組”OZ MEETS JAZZ” もお薦めです♪ 小曽根さんの関西弁のおしゃべりが楽しくて、ジャズ初心者の方も、通の方も楽しめる番組だと思います。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

『ぼくがうまれた音』

久しぶりに魂を揺さぶられるような絵本に出合いました。世界を舞台に活躍しているジャズ・トランペッター近藤等則(としのり)さんの絵本です。

ぼくがうまれた音 Book ぼくがうまれた音

著者:近藤 等則  智内兄助
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

近藤等則さんといえば、思い出すのがNHKの金曜時代劇『腕におぼえあり』でのあの斬新なテーマミュージックです。砂漠で演奏された(「地球を吹く」シリーズ)り、イラストレーターとライブ・ペインティングをされたり・・・と常に新しいことに挑戦されているようなミュージシャンですが、絵本が出版(07年3月)される少し前にそのことが朝日新聞ひと欄で取り上げられているのを読んだ時は、ちょっとビックリしました。4月10日のNHK「わくわくラジオ」で近藤さんがこの絵本への思いを語られているのを聴き、読みたいという思いを強くしていたのですが、図書館からようやく借りることができました。

近藤さん(1948年生まれ)が絵本を書くことになったのは、03年にある編集者の集まりに出たら、音にまつわる絵本を書かないかと言われた事が始まりだそうです。しばらく考えていたら、小さいころの自分の周りにあった、潮の音、お父さんの鍛冶屋の音など自然や生活の音が蘇ってきたそうです。近藤さんのいちばん最初の記憶は、1歳半(!)の時、夜泣きがうるさいとお父さんに言われ、お母さんが近藤さんを連れて海辺に出たときのことで、星空の美しさに圧倒され泣くのをやめたのだそうです。このときの空と海の大合唱は「キラキラ キュキュン シャシャンシャン ルールー ラーラー アアッ アー」と描写されています。ご自身が小さいころ体験された様々な音のシーンが見開きページごとに描かれているのですが、ミュージシャンならではの豊かな音の表現は、そのシーンが次々と感覚として伝わってきます。

近藤さんは、ラジオの中で「自分たちが子供のころは自然や生活の音があふれていたけれど、今は情報の音ばかり。想像力こそ、命のもうひとつの糧。この絵本をたくさんの子供に読んでもらって、想像力を膨らませてほしい」というようなことを語られていました。

そして、この近藤さんのことばの世界を絵で表現されたのが、近藤さんと中学・高校の同級生で、(わたしは存じませんでしたが^_^;)こちらも世界的に活躍されている画家・智内兄助(ちないきょうすけ)さん。近藤さんと同じ場所で同じ時間を過ごした方に絵を描いてほしいという編集者の狙いは大成功だったと思います。智内さんも子供のころを思い出しながら、楽しみながら描いたというのが伝わってくるエネルギッシュな絵です。最後まで読んでもまた最初に戻って読みたくなる、繰り返し眺めていたくなる、とてもインパクトのある絵本です。

絵本の具体的な内容は福音館書店のページでご覧ください。中身も一部ご覧になれますよ。

近藤さんは、05年広島・長崎原爆投下60周年に黒田征太郎氏らとともに「PIKADON project」をスタートされ、こんなCD絵本も出版されています。

ふたつの黒い雨 Book ふたつの黒い雨

著者:佐原 一哉,近藤 等則,黒田 征太郎,PIKADON PROJECT事務局
販売元:アートン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この記事がお役に立ったら、この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

むかしあったずもな→どんどはれ

15日の記事でお知らせした、昨日のNHK・わくわくラジオでの正部家(しょうぶけ)ミヤさん遠野の昔話の語り、温かくてとてもよかったです。東北の言葉は聞きなれていないので、ちょっと聞き取りにくいところもありましたが、 「~したずもな」という語尾がとてもやわらかくて、いい響きでした。

語られた昔話は、「おしらさま」「とうふとこんにゃく」「ざしきわらし」の3つでした。「とうふとこんにやく」はダジャレ系ともいえる楽しい短い昔話で、こんな昔話もあるのだと新鮮な驚きでした。

ところで、正部家さんの昔話は、「むかしあったずもな」で始まり、「どんどはれ」で終わっていました。この「どんどはれ」などは、昔話の結びの語といわれ、「むかしむかしあるところに」などで始まって昔話の世界に入った子供を、現実の世界に引き戻す働きをしている言葉なんですが、これが地方によって実に様々らしいのです。息子たちは幼稚園の先生の昔話は「とっぴんしゃんのぱらりんのぷう」で終わったと話していましたが、絵本などの昔話の結語は「いちごささけた」とか「どんどはらい」とか他にもいろいろあります。

昨日の正武家さんの話では、「どんどはれ」の由来は、昔は農家の冬仕事にわら細工を作ったが、そのわらくずを「ごんど」といい、仕事が終わり最後に「ごんどをはらう」ところから来ているとお父さんから聞いたとのことでした。なるほど~と、長年の疑問が一つ解けたように思いました・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この記事がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

『オーケストラの105人』

今朝も家事をしながら、NHKラジオ第一の「わくわくラジオ」の「ときめきインタビュー」を聴いていました。今朝のゲストはN響首席オーボエ奏者茂木大輔さんという方。「N響アワー」などでお顔は見ているはずなのですが、指揮も作曲もし、著書多数の多才な方でなによりもこんなにトークの楽しい方だとは、全く知りませんでした。今日は朝から曇天で滅入り気味な気持ちだったのですが、そんな気持ちもどこかへ飛んでいきました(笑)。聴いてよかった、「わくわくラジオ」です~♪

ところで、番組の最初の方で、演奏会当日のリハーサル後から本番までの過ごし方(N響の場合、この時間がとても長い)を話されていました。茂木さんの場合、いつもと違うことをしてうまくいかないと後悔しそうなので、昼寝をする場所や食べるものや燕尾服を着始める時間まで決まっているそうです。それだけ演奏にこだわっているって事なんでしょうけれど、そんな話を聞きながら、思い浮かべたのがこの絵本です。

オーケストラの105人 Book オーケストラの105人

著者:マーク サイモント,カーラ カスキン
販売元:すえもりブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつも正装して舞台に立っているオーケストラの人たちは、家でどんなふうに準備をして会場にやってくるのでしょう? その様子が描かれています。なんか秘密を見てしまったようなちょっとドキドキ気分。そして会場についてからも準備は続き、いざステージへ。会場にすてきなシンフォニーの音が響きます。(わたしのHPの内容紹介から)

読んだのはずいぶん前なので詳しくは覚えていないのですが、オーケストラの方が演奏会場に向かう前に家でシャワーを浴びて下着を身につけるところから、描かれているんですよ。会場についてからも、チューニングしたり舞台裏がたっぷり。オーケストラの人が身近に感じられます。淡々と描かれているのに、なぜだかとても惹きつけられる、大人も子供も楽しめる絵本だと思います。ちょっと違った角度から「オーケストラ」を味わってみませんか?

☆わたしのHP(めーべるの部屋)では、他にも楽器が出てくる絵本を紹介しています。楽器の絵本のページ

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

遠野昔話語り部・ラジオ出演のお知らせ

NHKラジオ第一「わくわくラジオ」での「ときめきインタビュー」(10:05~55)の今週の予定を見ていたら、17日(水)遠野昔話語り部・正部家ミヤさんということです。

遠野(岩手県)といえば、昔話の語り部で有名なところです。正部家ミヤさんについて調べてみたら、なんと鈴木サツさんの妹ということで、「幼い頃、父親のひざに抱かれて聞いた話の中で、すらりと出てくる話は200話以上もある」とのこと。

番組のサブタイトルも「むかしあったずもな」ということなので、何か語っていただけるのではと、楽しみになってきました。

今は昔話といえば絵本で読むものという感じですが、本来、昔話は小さい頃に親や祖父母の話を耳から聞いて楽しみ、また次の世代へと語り継いでいったものです。(といってもわたしにも残念ながらその体験はありませんが・・・^_^;) 耳から昔話を聞くのはとても心地がよいです。

昔話や語り(ストーリーテリング)に興味のある方は、聴いてみられてはいかがでしょうか? 

追記:番組の内容を一部ですが、18日の記事にしました。


調べてみたら、正部家さんは本やCDも出されていました。一部紹介しておきます。

Book 遠野むかしばなし (続・続)

著者:正部家 ミヤ
販売元:熊谷印刷出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

   表紙の画像や詳しい内容は東北文庫のHPでご覧になれます。


昔話ふるさとへの旅【岩手】 Music 昔話ふるさとへの旅【岩手】

アーティスト:日本の昔ばなし,市原悦子,菊池ヤヨ,白幡ミヨシ,正部家ミヤ
販売元:キングレコード
発売日:2005/07/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この記事がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)