・食べ物が出てくる絵本

2008年10月10日 (金)

『なにをたべてきたの?』

先日、巨峰を食べながら思い出したのが、この絵本です。ぶた君の食べっぷりがとてもいいんですよね(笑)。

Book なにをたべてきたの

著者:岸田 衿子
販売元:佼成出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙画像はこちら↓の英語版でご覧ください

なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest) Book なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest)

著者:岸田 衿子
販売元:アールアイシー出版販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

食いしん坊の白ぶたくんが、「どこへいくの?」と友達に聞かれると何かを食べに行くところだと答えます。しろぶたくんは、りんごを食べると少しからだが赤く染まり、少し体も大きくなります。でもまだおなかはいっぱいになりません。次々に、レモン、メロン、ぶどうを食べに行き、その色に染まりつつ、少しずつ大きくなっていくのですが、まだおなかはいっぱいになりません。しろぶたくんが次に食べたのは、ぴかぴかのせっけん。「ふわーっ! ぷくん ぷくん せっけんが おなかの なかで いたずら するう!」・・・・やがて、ぶた君の体の中から綺麗な色の大きなしゃぼん玉が出て行って・・・・。

当時2歳半の長男に童話館から配本された絵本なのですが、おいしそうなくだものの絵に表情豊かなぶた君の顔、特にせっけんがおなかの中でいたずらしている時の場面が大好きで、何度読まされたかわからないほどお気に入りの絵本でした。

岸田衿子さんの文章もリズムがあって読みやすく、よく練られているなと思います。絵もシンプルで大きくて見やすくて、幼児向けのお話会にも向いている絵本だと思います。

ところで、昨日、「魚が焼けているか、(オーブンを)見て」と長男(高校生)に言ったら、「やけたかな? まあだまだ」とつぶやきながら、中を覗き込んでいました。「このフレーズどこかで聞いたよな?」と思ってちょっと考えていたら、 『しろくまちゃんのほっとけーき』の中のフレーズでした。小さい頃にいっぱい読んであげた絵本のフレーズが、10数年経ってもふと息子たちの口から漏れることがあり、嬉しいひと時です。(以前に『しろくまちゃんのほっとけーき』について書いた記事はこちら。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

『いちごです』

イチゴのおいしい季節になりました。イチゴが出てくる絵本もたくさんあるかと思いますが、わたしの中では息子たちが大好きだったこのあかちゃん絵本がお気に入りです。

Book いちごです

著者:川端 誠
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いちごです いちごです
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

10ヶ月だった次男(現在中1)に童話館ぶっくくらぶから届いた絵本です。

ページをめくる度「いちごです」のフレーズと共に、イチゴを使ったおいしい食べ物が目に飛び込んできます。アイスクリーム、パフェ、ケーキに・・・・。そして土の上で熟しつつあるイチゴの様子や、パックにぎっしりつまったイチゴも。どれもおいしそうで、息子たちは絵本の中の食べ物をつまんで食べるまねをしていましたっけ。それから、息子たちがお気に入りだったのは、この絵本の絵が描いてあるページの「いちごですです」のフレーズ。オトナにはたわいもないところだけれど、小さい子にはとても面白かったのでしょうね。久しぶりに本棚から取り出してきて眺めてみると、繰り返し読んだ絵本の証し、痛みや汚れがとても愛おしく思えました・・・。

この姉妹書は2冊あるようです↓。

りんごです りんごです
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

バナナです バナナです
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

『もちづきくん』

先日、本屋で見かけた絵本です。長野ヒデ子さんの絵に、中川ひろたかさんの文、これは楽しそう~と目が留まりました。忘れないうちにブログにメモっておこうと思っていたのに、すっかり日が経ってしまいましたが・・・これ以上忘れないようにメモっておきます^_^;

もちづきくん Book もちづきくん

著者:長野 ヒデ子,中川 ひろたか
販売元:ひさかたチャイルド
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おもちつきの名人・もちづきくんが、お正月前にお餅をつきに出前に出かけまーす。お餅はどうやってできるのかがよくわかります。つきあがったお餅がぐーんと伸びるしかけ絵本のページもあって楽しいです。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

『だじゃれレストラン』

『だじゃれどうぶつえん』シリーズのことばあそび絵本の第4弾が出ているのを書店で見つけました。タイトルは『だじゃれレストラン』。おなじみの料理名などが、ダジャレになって、笑わせてくれます。書店で立ち読みしながら、くすくす笑ってしまいました。(表紙の画像は「シェーフ!」というシーンです。) 気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

だじゃれレストラン Book だじゃれレストラン

著者:中川 ひろたか
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このシリーズのほかの絵本は

だじゃれどうぶつえん Book だじゃれどうぶつえん

著者:中川 ひろたか,高畠 純
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だじゃれすいぞくかん Book だじゃれすいぞくかん

著者:中川 ひろたか,高畠 純
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だじゃれしょくぶつえん Book だじゃれしょくぶつえん

著者:中川 ひろたか,高畠 純
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

です。内容は昨年、おすすめ「笑える絵本」2として、記事に書いていますので、そちらを読んでください。

☆「発掘」された記録から掲載を始めた「おやすみ前の絵本」ですが、03年10月分が終わりました。今までの記事と重複しているものもありますが、よかったらご覧になってくださいね。03年10月分の記事へ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

『おたすけこびと』

書店でふと目に留まった絵本です(2007年2月出版)。

おたすけこびと Book おたすけこびと

著者:なかがわ ちひろ
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

家族の留守に、お母さんの依頼を受けて大活躍する小人たちのお話です。小人たちはクレーン車などのたくさんの「はたらく車」を使って、ケーキを作るのです。どんなケーキかというと・・・・。

お菓子を作る作業も、はたらく車も、子供は大好きですよね。絵の描写がとても細かくて、隅々まで楽しめると思います。ああ、こんな小人たちが我が家にもいれば・・・(笑)。

それにしても、男の子はパワーショベルだのクレーン車だのブルドーザーだのロードスィーパーだの・・・作業をする車が大好きですね。息子たちも幼稚園のころは、はたらく車の図鑑を「熟読」していて、特殊な作業車の名前がスラスラいえましたっけ。今はすっかり忘れてしまっているようですが・・・。

ついでなので、息子たちがよく図書館で借りていたはたらく車の絵本(図鑑)を紹介しておきます。ちょっと地味な絵本ですが、薄くて持ち歩きにも便利。乗り物絵本の第一人者、山本忠敬(ただよし)氏が詳しく描いているので、お薦めです。

Book はたらくじどうしゃ 1 (1) (福音館のペーパーバック絵本)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book はたらくじどうしゃ 2 (2) (福音館のペーパーバック絵本)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book はたらくじどうしゃ 3 (3)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book はたらくじどうしゃ 4 (4)

著者:山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

『くだもの だもの』

タイトルを見ただけで勘のよい方はわかると思いますが、言葉遊びの絵本です。

くだもの だもの Book くだもの だもの

著者:石津 ちひろ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キウイとイチゴとバナナがスイカを海水浴に誘ったのに、スイカは「かいすいよくには いかない スイカ」。海水浴場のカキ氷屋さんの行列で「バナナは なんばん? ななばんよ」。パパイヤファミリーはバーベキュー中「パパイヤのパパ パン やいた」。・・・・イチゴが豪華なハンバーガーを持って「イチゴのごちそう おっこちそう」と歩いていると海水浴には行かないはずのスイカがやってきて・・・・。

絵を描かれたのは日本を代表するアニメーション作家の山村浩二さん。石津ちひろさんのリズミカルで韻を踏んだ短い文に、シュールなんだけどかわいいくだものの楽しいストーリーが広がっています。

初めて書店で見たのはもう1年近く前、出産祝いの絵本を選んでいた時なんです。出産祝いにはちょっと早いかと思いつつも絵本の内容・雰囲気がとても気に入ったので、幼稚園くらいまで長く楽しめる絵本として他の赤ちゃん絵本2冊とともに贈ったのでした(本の裏表紙には、「2才~4才むき」と書かれています)。小さい子供は食べ物が出てくる絵本が大好きだし、ことば遊びも大好きなんですよね。くだものと海水浴、これから夏に向けてお薦めの絵本です。 

(この絵本も、前回の『てじな』と同様、「こどものとも年少版」として出版されたもの(2004年8月号)なのですが、2006年6月にハードカバー化されています。とても早いですね。リクエストが多かったのでしょうか?)

☆アフィリへのリンクがうまく張れなくて、記事の更新が滞ってしまいました。今日も調子悪かったです。なぜ??

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

『しろくまちゃんのほっとけーき』を思い出しました

中学生の長男が少し前から、「ホットケーキが食べたいなあ」といっていたのですが、「自分で焼けばぁ・・・」と、わたし。何事も経験ですものね。で、先週の日曜日、ついに長男のホットケーキ作り初挑戦となりました。

Hcake0702a_1 ←「ぷつぷつ」してきたところです。眺めていたら、長男たちが小さい頃に読んだ、『しろくまちゃんのほっとけーき』のホットケーキを焼いている場面を思い出し、懐かしくなって2階へ絵本を取りに行きました(長男に呆れられましたが)。

しろくまちゃんのほっとけーき Book しろくまちゃんのほっとけーき

著者:わかやま けん
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりに出して読んでみると、道具をそろえたり、材料を用意したり、の場面がわりと多くて、ホットケーキを焼いている場面はわずか2ページだけなんですよね。でも、この「ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ やけたかな まあだまだ しゅっ ぺたん ふくふく くんくん ぽいっ できあがり」の、ホットケーキが焼けていく12の工程が描かれたページの印象がとても強くて、絵本を開くまではこのページしか思い出せませんでした。それだけ、大人が見てもおいしそうに見えたんでしょうね(笑)。加えて、長男や次男もこのページがお気に入りだったのだと思います。焼けつつあるホットケーキを指差しながら、繰り返し繰り返し読んだ記憶がありますもの。絵本ではとても単純化してありますが、でもホットケーキが焼けていく過程が実によくわかるように描かれていますね。

絵もシンプルだけれど、色の使い方といい、計算されつくしているんでしょうね。自分でおかあさんといっしょに焼いて、いっしょに食べたこぐまちゃんとお皿も洗うというラストもいいですよね(笑)。(あっ、もちろん長男には自分で後片付けもさせましたよ(^^)v)

30年以上子供に愛されてきた幼児絵本の王様のような絵本です。このこぐまちゃんシリーズ、15冊ほどあります(一部Amazonの表紙を貼っておきます。)どれも息子たちは好きでしたよ。ぜひお子さんと楽しんでください~。(読み聞かせの目安:1歳半~3歳くらいでしょうか)

こぐまちゃんとぼーる

さよならさんかく

Hcake0702c 長男は今日もホットケーキを焼きました。今回は出来上がりだけ撮影しました。なかなか上出来(^。^) メープルシロップをいっぱいかけていただきました。

☆先ほど、ブログのカウンターが20000を超えました。たくさんのご訪問、ありがとうございます。今後ともご贔屓に、よろしくお願いします。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2007年2月 3日 (土)

『ゼラルダと人喰い鬼』

今日は節分・・・ということで、鬼の出てくる絵本を紹介します。といっても外国の絵本ですので、日本人がイメージする鬼とはずいぶん違いますが・・・。

Book ゼラルダと人喰い鬼

著者:トミー・ウンゲラー
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

     表紙の画像は絵本ナビ

お父さんの代わりに、市場へぶたやにわとりやリンゴなどを売りに行ったゼラルダを人食い鬼が岩の上で待ち伏せていたのですが、人食い鬼は空腹のあまり、岩から落ちて気絶してのびてしまいます。かわいそうに思ったゼラルダは荷車にあった食材の半分も使って、その場で得意のお料理を作りはじめました。ゼラルダのお料理があまりにおいしくて感激した人喰い鬼は、子供を食べることなどすっかり忘れ・・・・。

ゼラルダはお料理が大好きで、6歳までに、煮たり、焼いたり、揚げたり、蒸したりができたという腕の持ち主。ゼラルダが作るお料理は、普通ではなかなか食べられないご馳走ばかりなんです。メニューも長い難しい名前のものが多いのですが、何よりその豪華さに目を奪われます。息子たちはこの料理の絵を見るのが大好きでした。絵本のタイトルだけ見るとちょっと引いちゃいますが、幼稚園の頃の息子たちのお気に入りの絵本のひとつでした。

子供ってちょっと怖いお話も好きですよね。そして、食べ物が出てくる絵本も。ハラハラしつつもハッピーエンド。絵もじっくり見るとなかなか楽しめますよ(^_-)-☆

絵本のサイズも大きく、絵もはっきりとしていて遠目も効くので、おはなし会などで読み聞かせに使うのにもいいと思います。以前幼稚園でも読みましたが、なかなか反応もよかったですよ。メニューを読むときは、絵を指差して示してくださいね。(また、鬼が出てくる絵本ということで紹介しましたが、季節に関係なく読めると思います。)

(読み聞かせの目安:4、5歳から小学校低学年くらい)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

『きつね森の山男』

寒くなってから温かいメニューが欠かせません。今夜は今シーズン初のふろふき大根にしました。作りながら思い出したのが、この絵本です。息子たちは食べながら、この絵本をやっぱり思い出していたようでした(^。^)

きつね森の山男 Book きつね森の山男

著者:馬場 のぼる
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さむがりんぼの殿様はきつねの毛皮がほしくてたまりません。おおぜい兵隊を引き連れて、「きつね森」へきつね狩りに。が、きつねが好きで争いごとの嫌いな山男に阻まれて、やむなく退却。悔しかった殿様は、みそを買いに町へ降りてきた山男を捕まえて、雪の降るお城の庭へ一晩置き去りにします。

でも、毎日ふろふき大根を食べている山男は全然平気。奥方様にその元気のひみつを聞かれ、お城でふろふき大根のクッキング講習をはじめます。できたてのふろふき大根を食べた殿様の体はたちまち温まり…。翌年の秋、お城の庭は一面の大根畑。殿様の毛皮の夢はふろふき大根におっぱらわれ、どこかへ消えてしまったのでした。(以前bk1に投稿したものをほぼ引用)

山男は、ふろふき大根で、きつねも殿様も幸せにしてしまいました。食べ物の力ってやっぱりすごい! ほのぼのとした雰囲気の漂う、温かい絵本です。ふろふき大根を食べたら、この絵本を思い出し、この絵本を読んだら、ふろふき大根が食べたくなるのです(笑)。

この絵本が、馬場のぼる氏の絵本第一作なのだそうです。

年長あたりから小学低学年あたりの、冬のおはなし会にもよさそうですよ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

サツマイモの絵本

新もののサツマイモが出回るようになりましたね。幼稚園などでも芋ほりの行事などもある頃でしょうか。サツマイモの絵本を2冊紹介します。

Book さつまのおいも

著者:村上 康成,中川 ひろたか
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙の画像と内容紹介は絵本ナビでどうぞ。

土の中でのサツマイモの生活が楽しく描かれています。おいも堀りにやってきた子供たちと綱引きで対決。負けてしまったおいもたちですが・・・・・。

ピーマン村シリーズの絵本。絵がかわいくて、お話も楽しくて、子供たちにおはなし会でも人気の絵本です。

おはなし会などで、大人は季節を先取りして絵本を読みたがりますが、子供は体験してからの方がより絵本を楽しめるという面もあります。運動会や芋ほりなどを体験してから読んであげるのもいいですよ。

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による Book おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による

著者:赤羽 末吉
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雨でおいも掘りが中止になった子供たちが、大きな紙をたくさんたくさんつないで、大きな大きなお芋を描き始めます。

ページをめくってもめくっても、赤紫色のサツマイモの絵が続きます・・・。

さて、この大きな芋、どうやって掘り出すの? どうやって運ぶの? どこへ運ぶの? どうやって洗うの?・・・・ 子供たちの空想の世界がどんどん広がっていきます。

初版は1972年。うちにあるものは1998年印刷のもので、69刷。すごいですねえ。初めて見たとき、赤羽末吉さんがこういうヘタウマ的絵を描かれる事にも驚きましたが、今でも多くの子供たちに支持されている絵本のようです。うちの息子たちも大好きで、よく読みました。今、この絵本を出して眺めていたら、二人ともまた懐かしそうに読んでおりました。こちらは絵本のサイズが小さいので、おはなし会などにはあまり向きません。ご家庭で楽しんでくださいね。

2冊に共通するのは、ラストに壮大な(?)「おなら」がでてくることです。子供ってなぜかおならが好きなんですよね(笑)。あなたのお子さんはいかがでしょうか?

★人気blogランキングに参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)