・幼児絵本

2011年11月29日 (火)

『とべ! ちいさいプロペラき』

ココログのアフィリが30日10時で終了とのことで、絵本の画像が貼れなくなってしまう前に、bk1に書評を投稿した(もう10年も前)もののこのブログには書かないままだったものを、転載しておきます(^_^;)

今回久々に絵本を取り出してみて眺めてみましたが、空好きのわたしとしては空の描写にとても惹かれました。夜空、時間とともに変化していく朝焼け、青空・・・。子供に読み聞かせしていた頃には、ストーリーやのりもの中心に見ていたように思いますが、時が経つと絵本の読み方も変わるものですね…。

とべ! ちいさいプロペラき (こどものとも傑作集) Book とべ! ちいさいプロペラき (こどものとも傑作集)

著者:小風 さち 作 山本忠敬 絵
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

のりもの大好き、飛行機大好きの子どもにはたまらない絵本だと思います。繰り返し読んでとせがまれそうです。

 数多くののりものの絵本を描いている山本忠敬さんの絵です。ちいさいプロペラ機が不安を乗り越え、初飛行で離陸するところの描写がすばらしい! ページをめくった瞬間、本当にぐーん…とプロペラ機が離陸したような、本当に絵が動いたような気がしました。子どもはいつも絵本を読んでもらいながら、こんなふうに頭の中で絵を動かしているんだなと初めて実感しました。

 幼稚園での読み聞かせの会で読んだ時、子どもたちは身をのりだして聞いてくれました。男の子はもちろん、女の子も小さいプロペラ機といっしょに初飛行を楽しんでくれたように感じました。絵が大きいのも大勢の子どもの前で読むのに適していると思います。(2001年3月bk1投稿)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

『すっすっはっはっ こ・きゅ・う』

昨日、ラジオビタミンで、4月に放送された長野ヒデ子(絵本作家)長野麻子(立教女学院短大専任講師)さん親子のときめきインタビューのアンコール放送がありました。ちょうど図書館で

すっすっはっはっ こ・きゅ・う (絵本・こどものひろば) Book すっすっはっはっ こ・きゅ・う (絵本・こどものひろば)

著者:長野 麻子
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を借りていたので、とってもタイムリー。お二人で朗読してくれて(麻子さんが読んで、ヒデ子さんがいっしょに「すっ、はっ」呼吸してるって感じでしたが・・・笑)、楽しかったです。やっぱり絵本は声に出して読むものだなあと思いました。この楽しさは最初に黙読したときには感じられなかったですから。

麻子さんは、音楽と身体の関係に注目し、現代音楽から幼児教育にわたり研究をされている方(ドイツ留学時に、ディーター・シュネーベルを研究)。音楽は呼吸だ、音楽は生きる力を持っているということを、子供でもわかるものを作りたいということで、母親であるヒデ子さんに依頼して絵本作りとなったとのこと。

シュネーベルの楽譜も心電図の波形みたいなものもあるらしいのですけど、絵本も擬音語とともにカラフルな曲線、直線や円などが続いていく感じ(お孫さんが書かれた落書きもコラージュされて使われているとのこと)で、幼児はこんなの好きでしょうね。親子で声に出して読んで、元気になれる絵本のように感じました。

イライラして落ち着かないと呼吸は浅いとか。日々の暮らしの中でも、時おり呼吸に意識を向けて「すー、はー」と深い呼吸をして、声を出して、元気に暮らさなきゃ・・・・と気づかせてもらいました。

番組後半では、ヒデ子さんが歌う「せとうちたいこ」さんの歌が流れ、こちらも楽しかったです(中川ひろたかさん作曲と言われていたと思います)。せとうちたいこさんシリーズ、また読みたくなりました(笑)。

せとうちたいこさん デパートいきタイ (絵本・ちいさななかまたち) せとうちたいこさん デパートいきタイ (絵本・ちいさななかまたち)

著者:長野 ヒデ子
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

『まくらのせんにん そこのあなたの巻』

タイトルと第3回MOE絵本屋さん大賞の5位ということから読みたくて、図書館でずいぶん前に予約していたのですが、ようやく借りることができました。

 まくらのせんにん そこのあなたの巻 まくらのせんにん そこのあなたの巻
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

絵本作家としてデビューしてわずか4年で、2009年に病気でお亡くなりになったかがくいひろしさんの最後の作品。

まくらのせんにんと、お供のしきさんとかくさんというゆるいキャラが登場し、和むなあと思って読んでいると、なんという斬新な展開。

絵本をひっくり返すというのは今までにもあったけれど、「そこのあなた」にトントンさせるとはねえ。でも、思わず子供のようにトントンして、参加しちゃいました。紙芝居のような、読者参加型絵本とでもいうのかなあ。こんな絵本は初めてです。楽しかった~。(絵本好きな中3息子もすっかり気に入ってしまった様子。)

幼稚園や小学校低学年のお話会では、とても楽しんでもらえるんじゃないかと思います。

それにしても、かがくいさんがずっとお元気だったら、どれだけの楽しい絵本に出会えたのだろうと思えて残念でならないです・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

『まるまるまるのほん』

MOE2月号「第3回絵本屋さん大賞」の7位となっていたこの絵本が気になったので、図書館で借りてきました。

まるまるまるのほん Book まるまるまるのほん

販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

   エルヴェ・テュレ さく たにかわ しゅんたろう やく

こんな風に絵本で遊べるのですね。

黄色の○を押してページをめくると・・・。ページをめくるたびに、○が変化したり、動いたり。こちらの予想通りだったり、「そうきたか~」と感心させられたり。普通に印刷された絵本なんだけど、仕掛け絵本を楽しむような感覚。

絵本のページをタッチパネルのように見立ててクリックして楽しむなんて、今まで誰も思いつかなかったですよね~。アナログな絵本の世界を、デジタルな感覚で楽しみつつも、でも絵を動かしているのは自分の想像力・・・。生まれた時から身近にパソコンがある環境で育つ今の子供には、ピッタリな絵本なのかも。〇がのっぺりとしたものでなく、手書き感覚なのも温かみがあっていいです。

幼児向けのお話会などでも、盛り上がりそうですよ。

MOE (モエ) 2011年 02月号 [雑誌] MOE (モエ) 2011年 02月号 [雑誌]

販売元:白泉社
発売日:2010/12/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

『ねこガム』

絵本立ち読み^_^;情報の続きです。

ねこガム (幼児絵本シリーズ) Book ねこガム (幼児絵本シリーズ)

著者:きむら よしお
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

数年前に「こどものとも年少版」として発売されていた絵本に、再び書店で出会いました。言葉はほとんどない絵本なのですが、意表をつく展開でなかなか楽しいですよ。

おはなし会で読まれた方の話では、子供の評判もよかったとか。ざわついている教室などでは、こういう絵本を読んで子供をおはなしの世界に導入するのもよいのかも・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

『はらぺこあおむし』

今日春分の日のグーグルのイラストが「はらぺこあおむし」バージョンでした。
Harapeko090320 とてもかわいらしくて、春らしくて思わず、息子たちを呼んで見せちゃいました(笑)。懐かしい思いに駆られ、絵本を出してきて久々に眺めてみました。

カラフルな絵本から、春のエネルギーをいっぱいもらったような気がします。

はらぺこあおむし Book はらぺこあおむし

著者:エリック=カール
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

我が家には、次男が2歳の頃に童話館ぶっくくらぶから配本としてやってきました。鮮やかな色彩と、子供の大好きな食べ物がたくさん出てきて、しかもあおむしが食べたとことには穴が開いているというしかけ(大人の指は入りませんが、子どもの指を入れるとちょうどあおむしが出入りしているようになるんですよ)があって、子どもにはとても楽しい絵本ですね。どれだけ繰り返し読まされたかわからないです。

そして、楽しいだけでなく、卵→幼虫→さなぎ→蝶 と変態していくことも子どもが自然に学べるところもすごいですね。

また、多くの子供たちに愛され(偕成社・世界中の「はらぺこあおむし」のページへ)、今までもボードブック、ミニサイズの絵本やぬりえ絵本など様々たタイプの絵本が出ていましたが、この絵本がアメリカで発売されて40年になるのを記念して最近ポップアップ絵本も発売されました。

ポップアップ はらぺこあおむし Book ポップアップ はらぺこあおむし

著者:エリック・カール
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日、偶然本屋で見かけたのですが、カバーがけされていて残念ながら中は見れませんでした。どんなしかけが工夫されているのか、見てみたいものです。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ノンタン作者の訃報

ノンタンの作者・キヨノサチコさんが6月に脳腫瘍で60歳でお亡くなりになっていたそうです。キヨノさんは「わたしがいなくなってもノンタンは元気に生き続けるから」と訃報を伏せるように家族に伝えていたとか・・・。また「子供たちと作者は関係ない」が身上で、サインを頼まれているとノンタンを描かれていたそうです。

我が家とノンタンとの関わりは、長男の出産祝いにいただいた数冊の絵本の中にノンタンのシリーズの絵本が3冊入っていたことに始まります。ご自分の子供さんが好きだったので選んでくださったようです。やっぱり息子たちは大好きで、何度読まされたことでしょう。

ノンタンはみがき はーみー (赤ちゃん版ノンタン) Book ノンタンはみがき はーみー (赤ちゃん版ノンタン)

著者:大友 幸子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ノンタンがイイイのイーして、はみがきはーみー、しゅこしゅこしゅっしゅっ」のフレーズは息子たちはすでに中高生なのに、今でもいえます(笑)。どれだけ読まされたことか・・・。

ノンタンボールまてまてまて (ノンタンあそぼうよ (10)) Book ノンタンボールまてまてまて (ノンタンあそぼうよ (10))

著者:おおとも やすおみ,キヨノ サチコ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ボールがポーンポーンといろんな動物のところに跳ねていくところで、息子たちの御尻をポーンと叩いてやるととても嬉しそうでしたっけ。

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7)) Book ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

著者:おおとも やすおみ,キヨノ サチコ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あの頃は、クリスマスの季節に関係なく(笑)よく読まされたような・・・。

1冊目の『はみがき はーみー』は手元にあるのですが、後の2冊が探してみても見つからないのです。キャラクターものだし・・・ともういらないかと手放してしまったようなのですが、今となってはやっぱりおいておけばよかったです。小さい頃に繰り返し読んだ本は、親にも子供にも思い出がいっぱいですものね。

さて、キヨノさんですが、病床でも創作意欲は衰えず、新たに絵を書くことは難しかったけれど、これまでに書いた絵を使って、迷路や塗りや、絵かき歌などを盛り込んだ絵本作りにアイデアをでし続けられたそうです。そして、亡くなる5日前に出来上がったのがこちらの本。キヨノさんのノンタンへの思いがあふれている絵本のようですね。

ノンタンおたのしみブック (ノンタンあそぼうよ) Book ノンタンおたのしみブック (ノンタンあそぼうよ)

著者:キヨノ サチコ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キヨノさん、たくさんの楽しい作品で、子供たちとの楽しい時間と思い出を作ってくださってありがとうございました。キヨノさんのご冥福をお祈り申し上げます。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

『なにをたべてきたの?』

先日、巨峰を食べながら思い出したのが、この絵本です。ぶた君の食べっぷりがとてもいいんですよね(笑)。

Book なにをたべてきたの

著者:岸田 衿子
販売元:佼成出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙画像はこちら↓の英語版でご覧ください

なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest) Book なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest)

著者:岸田 衿子
販売元:アールアイシー出版販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

食いしん坊の白ぶたくんが、「どこへいくの?」と友達に聞かれると何かを食べに行くところだと答えます。しろぶたくんは、りんごを食べると少しからだが赤く染まり、少し体も大きくなります。でもまだおなかはいっぱいになりません。次々に、レモン、メロン、ぶどうを食べに行き、その色に染まりつつ、少しずつ大きくなっていくのですが、まだおなかはいっぱいになりません。しろぶたくんが次に食べたのは、ぴかぴかのせっけん。「ふわーっ! ぷくん ぷくん せっけんが おなかの なかで いたずら するう!」・・・・やがて、ぶた君の体の中から綺麗な色の大きなしゃぼん玉が出て行って・・・・。

当時2歳半の長男に童話館から配本された絵本なのですが、おいしそうなくだものの絵に表情豊かなぶた君の顔、特にせっけんがおなかの中でいたずらしている時の場面が大好きで、何度読まされたかわからないほどお気に入りの絵本でした。

岸田衿子さんの文章もリズムがあって読みやすく、よく練られているなと思います。絵もシンプルで大きくて見やすくて、幼児向けのお話会にも向いている絵本だと思います。

ところで、昨日、「魚が焼けているか、(オーブンを)見て」と長男(高校生)に言ったら、「やけたかな? まあだまだ」とつぶやきながら、中を覗き込んでいました。「このフレーズどこかで聞いたよな?」と思ってちょっと考えていたら、 『しろくまちゃんのほっとけーき』の中のフレーズでした。小さい頃にいっぱい読んであげた絵本のフレーズが、10数年経ってもふと息子たちの口から漏れることがあり、嬉しいひと時です。(以前に『しろくまちゃんのほっとけーき』について書いた記事はこちら。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

『すてきなあまやどり』

今日九州南部が入梅をしたそうです。いよいよ雨の季節の始まりですね・・・。
PCのメモ帳を整理していたら、雨の季節に向いたこんな絵本の紹介文が出てきました。

すてきなあまやどり Book すてきなあまやどり

著者:バレリー・ゴルバチョフ
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヤギ君のところへずぶぬれで帰ってきたブタ君。雨宿りしていたのにどうして濡れたのかを話し始めます。
ブタくんが雨宿りしていた木に、ねずみが1匹入ってきて、それからハリネズミが2匹入ってきて、・・・ライオンが5匹入ってきて・・・ワニが7匹入ってきて・・・と、どんどんエスカレートしていきます。そして最後に入った動物は・・・。

全員入った迫力の雨宿りの絵が見開き4ページを使って描かれています。でも、大勢で雨宿りしたせいで濡れたんじゃあないんですけどね・・・。

かわいい動物の絵、どんどんエスカレートしていく話、小さい子には喜ばれそうですよ。幼稚園などでのお話会などにもいいかもしれません。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

『おかあさんだいすき』 "ASK MR.BEAR"

英語の絵本の紹介兼多読の記録の第2弾は、この絵本です。

Ask Mr. Bear Book Ask Mr. Bear

著者:Marjorie Flack
販売元:Aladdin Paperbacks
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(YL1くらい     593語)

図書館で見て「日本語版を見たことあるような・・・、でもなんか印象が違う・・・」と思ったのですが、日本語版↓とはご覧のように表紙の絵も違えば色合いもかなり違いました。洋書の方がかなり色がきついです。日本の絵本でこの色では、敬遠されるでしょうねえ。

おかあさんだいすき (岩波の子どもの本 (5)) Book おかあさんだいすき (岩波の子どもの本 (5))

著者:光吉 夏弥,マージョリー・フラック,大沢 昌助
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お母さんが誕生日なので、ダニーは誕生日のプレゼントにお母さんに何をあげようかと悩みます。そこで雌鳥に訊ねに行き、ガチョウに訊ねに行き、ヤギに訊ねに行き・・・・・ 最後はクマに訊ねに行って良いアイデアを教えてもらうのです・・・。

小さい子向けの絵本のお決まりのような繰り返しが何度も出てくるのですが、ダニーの動物のところへの出かけ方が walk→skip→hop→gallop →trot →run と変わっていきます。また、動物もいろいろ登場し、動物の鳴き声も出てくるので、こうやって子供は語彙を習得していくのだなあと英語の絵本を読んでみて実感できました(笑)。また、草食系の動物が続いているのに、最後にクマが出てくるのが唐突な感じがしたのですが、これは"bear hug"=力強い抱擁という言葉から来ているのではと思いました。ちなみに(ネタバラシになってしまいますが)絵本の最後は、Danny gave his mother a Big Birthday Bear Hug. で終わっています。

ところで、日本語版の表紙は英語版絵本の裏表紙(しかも絵が左右反転している)となっています。手元に日本語の絵本がないのではっきりわからないのですが、日本語版は縦書きにして本の開き方を逆にしているのかも。日本では当初横書きの絵本には抵抗があったようなので、出版社が翻訳の際、変えてしまったのかもしれませんね・・・。

最近は手ごろな価格で良書が揃っている「岩波の子どもの本」シリーズを書店で見かけることはあまりないように思いますが、小さいお子さんがいるご家庭にはおすすめの絵本だと思います。(日本語版は「おかあさんのたんじょうび」のほかにもうひとつお話が入っているようです。)母子でこの絵本を読んで最後はハグしたりすれば、とても幸福感に浸れるのではないでしょうか。 

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)