子供

2009年12月12日 (土)

『絵本の本』

図書館の新着本の中から借りてきたので、簡単に紹介しておきます。

絵本の本 Book 絵本の本

著者:中村 柾子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

福音館書店発行雑誌『母の友』2007年4月から2009年1月までの連載「絵本・子ども・保育」全8回に加筆修正したもの。

筆者の豊富な保育園での子どもの本との関わりでのエピソードの中で、子供に本を読むとはどういうことなのか、よい絵本とはどういう絵本なのか、ヒントがいっぱいです。

一見残酷に思える本来の昔話を子どもに読むことの意義も書かれています。

子どもにご家庭で絵本を読んであげている方、読み聞かせ活動をされている方などぜひ一度お読みになるとよいと思います。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

お薦め小学国語辞典

息子たちが9年間愛用した『下村式小学国語学習辞典』を知り合いのお子さんにもらっていただけることになったので、差し上げる前にちょこっと書いておきまーす。参考になさってください。

下村式 小学国語学習辞典 Book 下村式 小学国語学習辞典

著者:下村 昇
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わたしが小学生向け国語辞典を買おうと思ったのは、子供にことばの意味を聞かれた時にどういう風に説明すれば子供にわかりやすいのかがわからなかったので、参考にしようと、長男の入学時に購入しました。この辞書にしたのは、ずっと絵本の配本を受けていた童話館のお薦めリストにあったからです。

童話館の紹介文には
「ことばの意味を調べるだけでなく、すすんで勉強しようとする、子供の学習意欲を育てる工夫が凝らされている国語辞典。2万5千の見出し語のそれぞれに身近な用例がたくさんのっているので、読書や作文の役に立ちます。見やすい大活字で、総ふりがなつき。小学1年生から使えます。」とあります。

他の国語辞書との具体的な比較はもう記憶にないのですが、学校が斡旋してきたキャラクター付きの辞書はとても物足りなさを感じた覚えがあります。

改めて中を見てみたら、あちこちに「使い方の違い」というコーナーが載っていて、例えば「固い・堅い・硬い」、「好評・高評」などの違いなどが詳しく解説されています。大人でも勉強になります^_^; 小学校で習う漢字には書き順も載っています。

長男が1年生の時には、わからないことばがあると一緒に辞書を引いて、こうやってことばは調べるんだよということを自然に伝えました。長男が2年生になった時にはあいうえお順にもずいぶん慣れたので、辞書の引き方を教えました。最初は時間がかかりましたが、すぐにサクサク引けるようになりました。その後はわからないことばがあると、自分でよく引いて調べていました。こうなればいちいち親に聞かなくて済むので親子共に便利です(笑)。あとは何か聞いてきても「辞書引けば~?」で、OKです(^^)v

学校で辞書を使い始めるのは3年生です(今もかな??)が、そのころには長男はとても早く引けるようになっていました。普段はスローペースなことの多かった長男が学校の授業で先生に褒めてもらえて、とても自信がついたようです。3年の時の担任はとても厳しい雰囲気の先生だったのですが、親のわたしも家庭学習がよく行き届いていると褒めていただけました(笑)。

次男にも同じように、2年生になったら辞書の引き方を教えました。次男は友達に「○○って何?」と聞かれて友達にも「辞書引けばー?」といっていたようですが、そうしたら友達に「辞書って何?」とまた聞かれるらしく、「みんなの家では辞書引かないのかなあ?」ととても不思議がっていました・・・。

我が家はみんな辞書魔で、何か疑問に思うと電子辞書を引いていますが、こういう家庭の雰囲気は、学力向上などには悪くないのかもしれません。今日の朝日新聞にベネッセの調査で親の行動と子供の学力には強い関連があるとの結果が報告されていました(記事へ)。辞書引き学習法なるものが最近は流行っているようですが、普段から親子で辞書に親しむのも悪くないんじゃないでしょうか。

参考までに・・・息子たちは漢和辞典はこちらを使っていました。

下村式 小学漢字学習辞典 Book 下村式 小学漢字学習辞典

著者:下村 昇
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

現代子どもの本事情

図書館の新着本の案内にあったので、借りてみました。

子どもに本を買ってあげる前に読む本―現代子どもの本事情 Book 子どもに本を買ってあげる前に読む本―現代子どもの本事情

著者:赤木 かん子
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おとなが面白いと思う本が、子どもたちには面白くなくなってきているのです。どんどん変わる本の世界を、常に子どもの本をウォッチングしてきた著者が案内します。全国の学校図書館を改装してきた達人が教える子どもの本の選び方。内容(「BOOK」データベースより)

もう「ヘエー」がいっぱいでした。(わが息子たちの本の好みと照らし合わせて納得することしきり。)10年かけてようやく2008年に完結した『ハリー・ポッター』ですら、もう今の小学生は魅力を感じないのだそうです。子どもに関わる方、子供の本に関わる方には、一度は読んでおいてほしい「かん子節」炸裂の本です。

2005年11月に書いた赤木かん子氏の講演会の報告記事とも重なる部分もあるので、参考になさってください。記事へ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

アフガニスタンの子供に本を!

絵本ブログ仲間・なずなさんの記事で知ったので、わたしもアフガニスタンの子供たちに本を贈るというキャンペーンに参加したいと思います。いまだに混乱が続くアフガニスタンの子供を描いた映画「子供の情景」のキャンペーンですが、下のバナーをクリックしてくださるだけでOKです。(※お一人1クリックのみ有効です。)

1クリックを本1冊分(2米ドル)とカウントし、映画配給元及びキャンペーン協賛各社より、子供たちのための国際NGO団体「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」へ寄付を行います。
爆弾よりも本を!NO MORE WAR! MORE BOOKS! 

(映画の公開終了までこのキャンペーンは行われているようです。)

一人でも多くの方のクリックで、一人でも多くのアフガニスタンの子供に本が届けられますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしの教育TV子供番組

今、NHK教育TVが50周年記念で、様々な懐かしい番組を再放送しています。昨日は、わたしの記憶の中にある最初のTV番組「ブーフーウーを見ることができました。といっても、当時は白黒で映像も鮮明でないし、番組放送の最後の方でも園児だし、おぼろげな記憶で、ヘエーそうだったんだぁという感じでもあったのですが・・・。(あっトシがばれますね^_^;)

今朝は、歴代のたいそうのおにいさん5人が集まって、懐かしの体操を披露していましたよ。初代の体操のお兄さんが、砂川啓介さんとは知りませんでしたが、体操はおぼろげながら覚えていました。

今週は8日までアンコール放送のリクエストが多かった番組が午後8:00~8:30まで放送されます。「たんけん ぼくのまち」「おーい!はに丸」や「はたらくおじさん」「ハッチポッチステーション」など。詳しくは番組タイムテーブルへ。ハッチポッチステーションは子どもと一緒に楽しんだ番組です。ぜひとも見たいです~。

皆さんもよかったら、懐かしいあのころへ。

そして、2009年10月31日まではもう一度見たい教育TV番組を受け付けているようですので、懐かしい番組をリクエストしてみてはいかがですか? 
もう一度見たい教育テレビ」HPへ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

誰のための学校での読み聞かせ? 

なかなかブログを書くモードにならなくて久しぶりの更新となってしまいました。

(その間・・・確か13日だったかな?にブログのアクセス数が70,000を超えました。カウンターは目安というかこのブログの管理ページでのアクセス数とはまたかなり違うのでよくわかりませんが、やっぱり訪問数が増えていくのは励みになるというか嬉しいです。ありがとうございます。)

久々に何を書こうかと思ったのですが、このブログには学校での読み聞かせの本を探すために訪問してくださる方も多いので、ずっと気になりつつも書きそびれていた1年前の出来事を書くことにします。

去年の2月末か3月始めのこと。その日は6年生にとって、朝読の時間にある小学校最後の読み聞かせボランティア(児童の母親)による読み聞かせの日だったようですが、次男(当時小6)が帰宅早々、今日の読み聞かせは大型絵本による『ぐりとぐら』だったと憤慨しながら報告してくれました。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) (こどものとも傑作集) Book ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) (こどものとも傑作集)

著者:なかがわ りえこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book ぐりとぐら (こどものとも劇場)

著者:おおむら ゆり,なかがわ りえこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(大型絵本は学校所蔵のものか記憶が定かでないのですが、大きくて見やすくて読み聞かせにはいい反面、8,000円以上もするため購入すると使わないともったいないというような事情も出てくるようです。)


常々、読み聞かせボランティアのお母さんたちが読んでくれる本には、不満でもっと高学年向けの本を読んでほしいといっていた次男なのですが、最後が『ぐりとぐら』で、ちょっとショックだったみたいでした・・・。

とはいえこれには訳があるようで、読み聞かせのあとでお母さんたち手作りのカップケーキが配られたのだそうです。ボランティアの方の中にお菓子作りの得意な方がいるようで、何か子どもたちにお菓子をプレゼントしたいということがあって、大きなカステラが出てくる『ぐりとぐら』の読み聞かせになったのではないかとわたしは推測したのですが・・・、でもこれって本末転倒というか、何のために学校でボランティアが読み聞かせをしているのだろう?って考えてしまいました。

子どもたちの数だけカップケーキを焼くのは大変だったろうし、そのことは次男もわかっていてありがたい事だとおいしくいただいたようですが、6年生に『ぐりとぐら』を教室で読むということは、やっぱり選書としては問題ありではないかと思います。

もちろん、小さい頃に親しんだ絵本を懐かしいという気持ちで聞いていた子もいたかもしれませんが、聞きたくなくても逃れられない教室で幼児向け絵本を読み聞かせされるなんて、納得いかない思いで聞いていた子もたくさんいたと思うのです。

そもそも何のための教室での読み聞かせなのか? 読書推進のため? あるいは子どもを楽しい気持ちにするため? どちらもありだと思いますが、このときの読み聞かせはボランティア側の自己満足のためだったような気がしてなりません。カップケーキをプレゼントすることがメインで、読み聞かせがおまけだったような・・・。

学校での読み聞かせがここ数年で急に盛んになり、読み聞かせボランティアの質の低さがいわれたりしていますが、皆さんは6年生に『ぐりとぐら』を読み聞かせるってどう思われますか? 

1年も前のことをあえて今頃になっても敢えて書いたのは、これほど極端な例でなくても似たような読み手側の自己満足的な読み聞かせは今もあちこちで行われているのではないかと思うことと、子どもの本に関心ある方にこの記事を読んで学校での読み聞かせに関して少し考えていただけたら・・・と思うからです。

以前、児童文学者の斉藤惇夫氏は講演で「こどものためにどんな本を選び、読んであげるかということは、結局絵本や物語を伝える側の人間としての豊かさの問題」だといわれていました。(斉藤敦夫氏講演会の過去記事へ。)

10分ほどの時間で高学年向けの本を読むこと自体無理があるし、高学年ともなればすごい読書家の子もいるので(全く本を読まないような子もいますが)、絵本を読み聞かせることが必要なことなのかどうかも疑問(高学年ともなればブックトークなどでお薦めの本を紹介する方がよいのかも)ですが、ボランティアは常にたくさんの子供の本を読み、読み聞かせの選書はじっくりしっかりとしてほしいなと思います。

なんだかエラそうなことを書いてしまいましたが・・・、学校での読み聞かせの時間は、読み手にとっても聞いている子供たちにとっても、有意義で幸せな時間であってほしいと思います。

★05年10月に聴いた赤木かん子氏の講演会の記事を先日このブログに載せました。読み聞かせボランティアをしている方には読んで参考にしていただければ幸いです。記事へ

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

『はなのすきなうし』

1月2日に牛が主人公の絵本ということで思い出した絵本『はなのすきなうし』を紹介しましたが、絵本ブログ仲間のなずなさんのこの絵本の紹介記事を読み改めて読みたくなり図書館で借りてきました。

はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11)) Book はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))

著者:マンロー・リーフ,ロバート・ローソン,光吉 夏弥
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

他の子牛が飛んだり撥ねたりして遊んでいるのに、フェルジナンドはひとりコルクの木の下で花の匂いをかいでいるのが好き。お母さん牛はそんなフェルジナンドを心配しましたが、フェルジナンドは寂しがっていないことがわかったので、好きにしておいてやりました。そんなフェルジナンドがひょんなことから闘牛場に行くことに・・・・。

他の子供と違うわが子を認めているこのお母さん牛、よくできた方ですね(笑)。なんとなく世間では、子供は元気に外で友達と遊ぶのが良しとされているので、一人遊びばかりしているわが子を見ているのはやっぱり親としては心配ですよね。「♪1年生になったら、ともだち100人できるかな?・・・」というあの歌が親に脅迫観念を与えているとも聞いたことがあります・・・(笑)。

うちの息子も一人で遊ぶのが好きなタイプで心配したのですが、ある時この本↓が童話館で親向けに紹介されていてずいぶん救われたいうことをなずなさんのブログを読んでいて思い出しました。参考までに載せておきます。(子供の本をたくさん翻訳されている松岡享子さんの翻訳です。)

子どもが孤独(ひとり)でいる時間(とき) Book 子どもが孤独(ひとり)でいる時間(とき)

著者:エリーズ ボールディング
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

定的にしか論じられない“孤独”が、実は子どもの内的成長に必要であると著者は述べます。アイデンティティの認識、独創性、“一人でいる時間”にもたらされる豊かな実りについて気づかせてくれる一冊。  (こぐま社のHPより。詳しい本の内容は こぐま社のHPへ。)

さて、再び『はなのすきなうし』に話を戻しますが、この絵本は(なずなさんの記事によると)スペイン内戦の最中1936年に出版され、戦わないフェルジナンドが政治的に解釈され、物議を醸したのだそうです。

この絵本は「岩波子どもの本」のシリーズなので解説のリーフレットが本来付いているはずなのですが、わたしの借りた図書館の本には付いてなくて、残念ながらそういう背景はわかりませんでした。できれば図書館の本にも付けておいてほしいですね。それにしても、子供の本が政治的に解釈されるなんて、そういう時代もあったのですね・・・。

また、図書館では(ひらがなばかりの本なのですが)絵本ではなく児童書の中に配架されていたので、子供がこの絵本に出会うことは少ないだろうなと残念に感じました・・・。絵は黒インク一色のとても力強い絵です。丑年の年に始めくらい、図書館の目立つところにドーンと並べて多くの親子に読んでほしいなと思いました。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

ラキュー新開発パーツ「ハマクロンミニ」

Laq0812 画像は最近発売された「ハマクロンミニ」というタイヤのようなパーツを使って次男が作った作品(メーカーの見本作品ハマクロイドポリスを少し変形させたもの)です。タイヤの直径が小さいので、ロボットの目のようにもなるんですね。

「ミニハマクロンパーツは、シャフトの直径17mm、タイヤの直径16mmと小さいパーツなので、ミニカーっぽい作品や今まで表現するのが難しかった作品が作れます。」とのこと。従来のハマクロンシャフトとハマクロンミニシャフトとはつなぐことができるらしく、より複雑な動きも表現できるようです。新たなラキューの世界が広がりそうです。

ハマクロンミニが入っているセットは

ハマクロンミニを使ったはじめてのセットが登場しました!LaQ Hobby Kit パワフルカーセット ハマクロンミニを使ったはじめてのセットが登場しました!LaQ Hobby Kit パワフルカーセット

販売元:ベビー・知育玩具・絵本雑貨Elfa
楽天市場で詳細を確認する

ハマクロンミニを使ったはじめてのセットが登場しました!LaQ Hobby Kit サイレンカーセット ハマクロンミニを使ったはじめてのセットが登場しました!LaQ Hobby Kit サイレンカーセット

販売元:ベビー・知育玩具・絵本雑貨Elfa
楽天市場で詳細を確認する

です。(次男が購入したのはこのサイレンカーセットです。)他にも期間限定でいろいろなギフトセットが用意されているようです。

LaQ(ラキュー)2008クリスマス限定ギフトセットL【送料無料】 LaQ(ラキュー)2008クリスマス限定ギフトセットL【送料無料】
販売元:木のおもちゃ ウッドワーロック
木のおもちゃ ウッドワーロックで詳細を確認する

LaQ ギフトセット(S) LaQ ギフトセット(S)
販売元:創遊樹(そうゆうのき)
創遊樹(そうゆうのき)で詳細を確認する

ラキューの魅力は過去記事「我が家のロングランおもちゃ・LaQ」とラキューのガイドブック『ラキュー大百科』に書きましたので、ご覧になってください。また、右サイドにもラキュー作品のアルバムを作っていますのでこちらもよかったらご覧になってください。クリスマスのプレゼント選びなどの参考になれば幸いです。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

絵本のカルタあれこれ

すごろく、トランプと来れば、次はカルタですね(笑)。絵本キャラのカルタや絵本作家が作ったカルタを集めてみました。(元の本の紹介までするととても長くなるので、今回は省略します。Amazonサイトなどでご覧ください。)

ぐりとぐらかるた Book ぐりとぐらかるた

著者:中川 李枝子,山脇 百合子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供の日常の様々なことを表現したカルタで、子供たちの共感を呼ぶとのこと。比較的小さなお子さん向きかな。

あいうえおかるた (ことばのえほん) Book あいうえおかるた (ことばのえほん)

著者:五味 太郎
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さる・るるる・かるた Book さる・るるる・かるた

著者:五味 太郎
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あいうえおばけだぞかるた―45 monsters Book あいうえおばけだぞかるた―45 monsters

著者:五味 太郎
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

言葉遊びの達人の五味太郎さんのカルタ3種。

恐竜かるた Book 恐竜かるた

著者:黒川 みつひろ
販売元:小峰書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

恐竜好きのお子さんに。

へんてこかるた Book へんてこかるた

著者:石津 ちひろ,長 新太
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いしづひちろさんと長新太さんという組み合わせがとても気になりますね(笑)。

以下しばらく人気絵本シリーズのカルタ。

Book ばばばあちゃんのくいしんぼうカルタ

著者:さとう わきこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book ピーマン村かるた

著者:中川 ひろたか
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book どうぶつことばあそびかるた

著者:多田 ヒロシ
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book ねこざかなかるた

著者:わたなべ ゆういち
販売元:フレーベル館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book おばけかるた

著者:せな けいこ
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book そうべえかるた

著者:たじま ゆきひこ
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book お化けかるた

著者:川端 誠
販売元:グランまま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最後は、ユニークないろはかるた。声に出して読めば、簡潔な日本語のすばらしさや心地よさを実感できそうです。

Book 江戸いろはかるた 豪華版

著者:飯野 和好
販売元:金の星社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その年齢に応じたお気に入りのカルタがありますものね。冬休み、どうぞご家族でカルタで遊んで楽しいひと時をお過ごしください。(こどもはあっという間に親と遊んでくれなくなりますから(苦笑)。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

絵本のトランプあれこれ

前回の絵本のすごろくに続き、今回は絵本のトランプを集めてみました。お値段も手ごろだし、ちょっとしたプレゼントにもいいですよね。

最初に紹介する「はらぺこあおむし」トランプはうちにもありますが、とっても色鮮やかでおしゃれでなトランプです。選んだカードを額に入れて飾っておきたいなと思うくらいなのですが、このトランプは次男が幼稚園のクリスマス会でサンタさんにもらったもので、その後幼稚園に持って行き遊んだために、カード1枚1枚に名前シールを貼ってあるんですよね。あとのことを考えて記名は避けたかったのでシールにしたのですけど、これを綺麗にはがすのが至難の業で、いまだに額には入っておりませんが・・・^_^; とにかく、眺めているだけでもハッピーな気持ちになれるトランプですよ。

はらぺこあおむしトランプ Toy はらぺこあおむしトランプ

販売元:ケイエス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

はらぺこあおむしパズル&トランプセット Toy はらぺこあおむしパズル&トランプセット

販売元:ケイエス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絵本はこちら↓

はらぺこあおむし Book はらぺこあおむし

著者:エリック=カール,もり ひさし
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

次は、ピーターラビットのトランプ。こちらも有名な絵本キャラですね。54枚のカードは全て違うデザインだそうです。こちらも眺めているだけでも楽しめそうです。

ピーターラビットのトランプ Toy ピーターラビットのトランプ

販売元:ケイエス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ピーターラビットのまるいトランプ Toy ピーターラビットのまるいトランプ

販売元:ケイエス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

丸いトランプなんてしゃれてますね(トランプの形状はAmazonサイトでご覧ください)。大人の方へのプレゼントにもいいですよね。

絵本はこちら↓  

ピーターラビットの絵本  第1集 (ピーターラビットの絵本) Book ピーターラビットの絵本 第1集 (ピーターラビットの絵本)

著者:ビアトリクス・ポター,Beatrix Potter
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グロースターの仕たて屋 (ピーターラビットの絵本 15) Book グロースターの仕たて屋 (ピーターラビットの絵本 15)

著者:ビアトリクス・ポター,Beatrix Potter
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する  
クリスマスのお話ならこれですね。昨年12月に紹介記事を書いています。

からすのパンやさんトランプ からすのパンやさんトランプ

販売元:ケイエス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

からすのパンやさんパズル&トランプ Toy からすのパンやさんパズル&トランプ

販売元:ケイエス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絵本はこちら↓

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7)) Book からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))

著者:加古 里子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大人気!かわいい絵本トランプ【THREE TALES OF MY FATHER’S DRAGON】エルマーとりゅう 大人気!かわいい絵本トランプ【THREE TALES OF MY FATHER’S DRAGON】エルマーとりゅう

販売元:HERITAGE
楽天市場で詳細を確認する

「エルマーのぼうけん」生誕60周年記念ということで、すごろく同様発売されたばかりです。

絵本というか幼年童話という分類だと思いますが、本はこちら↓

エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ) Book エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)

著者:ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧