・お気に入り絵本

2008年10月10日 (金)

『なにをたべてきたの?』

先日、巨峰を食べながら思い出したのが、この絵本です。ぶた君の食べっぷりがとてもいいんですよね(笑)。

Book なにをたべてきたの

著者:岸田 衿子
販売元:佼成出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙画像はこちら↓の英語版でご覧ください

なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest) Book なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest)

著者:岸田 衿子
販売元:アールアイシー出版販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

食いしん坊の白ぶたくんが、「どこへいくの?」と友達に聞かれると何かを食べに行くところだと答えます。しろぶたくんは、りんごを食べると少しからだが赤く染まり、少し体も大きくなります。でもまだおなかはいっぱいになりません。次々に、レモン、メロン、ぶどうを食べに行き、その色に染まりつつ、少しずつ大きくなっていくのですが、まだおなかはいっぱいになりません。しろぶたくんが次に食べたのは、ぴかぴかのせっけん。「ふわーっ! ぷくん ぷくん せっけんが おなかの なかで いたずら するう!」・・・・やがて、ぶた君の体の中から綺麗な色の大きなしゃぼん玉が出て行って・・・・。

当時2歳半の長男に童話館から配本された絵本なのですが、おいしそうなくだものの絵に表情豊かなぶた君の顔、特にせっけんがおなかの中でいたずらしている時の場面が大好きで、何度読まされたかわからないほどお気に入りの絵本でした。

岸田衿子さんの文章もリズムがあって読みやすく、よく練られているなと思います。絵もシンプルで大きくて見やすくて、幼児向けのお話会にも向いている絵本だと思います。

ところで、昨日、「魚が焼けているか、(オーブンを)見て」と長男(高校生)に言ったら、「やけたかな? まあだまだ」とつぶやきながら、中を覗き込んでいました。「このフレーズどこかで聞いたよな?」と思ってちょっと考えていたら、 『しろくまちゃんのほっとけーき』の中のフレーズでした。小さい頃にいっぱい読んであげた絵本のフレーズが、10数年経ってもふと息子たちの口から漏れることがあり、嬉しいひと時です。(以前に『しろくまちゃんのほっとけーき』について書いた記事はこちら。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

待望の『みずたまレンズ』発売

わたしのお気に入りの写真絵本(「かがくのとも」)がハードカバーとなって発売されました!

みずたまレンズ (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) Book みずたまレンズ (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)

著者:今森 光彦
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雨あがりの植物などに付いた小さな水滴の中にこんな素敵な世界があるのをご存知ですか? 

詳しい内容は「かがくのとも」2000年6月号として記事を書いていますので、そちらをご覧ください。06年5月17日の記事へ。

学年に関係なく、夏のお話会などの集団での読み聞かせにもおすすめです。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

電話が出てくる絵本

今日3月3日は電話を発明したグラハム・ベルの誕生日なのだそうです。電話が出てくる絵本は・・・と考えてみると2冊思い出しました。

あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1) Book あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1)

著者:北山 葉子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  以前の記事へ。

Book メアリー・アリス いまなんじ?

著者:ジェームズ マーシャル,ジェフリー アレン
販売元:童話館
Amazon.co.jpで詳細を確認する   

(読んであげるなら:およそ6歳くらいから)

あひるのメアリー・アリスは電話サービス会社の時報係。いつもきびきびと「ピッ ピッ ポーン」と時報を知らせて町の人気者。ところがある日風邪を引いてしまい、社長からは「大した仕事でもないし、代わりを探すから安心して」といわれ、がっくりきてしまいます・・・。

自分の仕事に誇りを持ち、周りの人からも信頼されるってとても素敵なことですね。とても読後感のいい絵本です。

皆さんおすすめの電話がメインに出てくる絵本はありますか? よかったらコメントやTBなどでお知らせください。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

『ゼラルダと人喰い鬼』

今日は節分・・・ということで、鬼の出てくる絵本を紹介します。といっても外国の絵本ですので、日本人がイメージする鬼とはずいぶん違いますが・・・。

Book ゼラルダと人喰い鬼

著者:トミー・ウンゲラー
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

     表紙の画像は絵本ナビ

お父さんの代わりに、市場へぶたやにわとりやリンゴなどを売りに行ったゼラルダを人食い鬼が岩の上で待ち伏せていたのですが、人食い鬼は空腹のあまり、岩から落ちて気絶してのびてしまいます。かわいそうに思ったゼラルダは荷車にあった食材の半分も使って、その場で得意のお料理を作りはじめました。ゼラルダのお料理があまりにおいしくて感激した人喰い鬼は、子供を食べることなどすっかり忘れ・・・・。

ゼラルダはお料理が大好きで、6歳までに、煮たり、焼いたり、揚げたり、蒸したりができたという腕の持ち主。ゼラルダが作るお料理は、普通ではなかなか食べられないご馳走ばかりなんです。メニューも長い難しい名前のものが多いのですが、何よりその豪華さに目を奪われます。息子たちはこの料理の絵を見るのが大好きでした。絵本のタイトルだけ見るとちょっと引いちゃいますが、幼稚園の頃の息子たちのお気に入りの絵本のひとつでした。

子供ってちょっと怖いお話も好きですよね。そして、食べ物が出てくる絵本も。ハラハラしつつもハッピーエンド。絵もじっくり見るとなかなか楽しめますよ(^_-)-☆

絵本のサイズも大きく、絵もはっきりとしていて遠目も効くので、おはなし会などで読み聞かせに使うのにもいいと思います。以前幼稚園でも読みましたが、なかなか反応もよかったですよ。メニューを読むときは、絵を指差して示してくださいね。(また、鬼が出てくる絵本ということで紹介しましたが、季節に関係なく読めると思います。)

(読み聞かせの目安:4、5歳から小学校低学年くらい)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

25日放送予定「夢のつづき わたしの絵本」

25日に「夢のつづき わたしの絵本」の4回目が放送される予定なのでお知らせします。今回取り上げられる絵本は、

ひとまねこざる Book ひとまねこざる

著者:H.A.レイ,光吉 夏弥
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だそうです。この絵本への思いを語るのは、ダンサーのパパイヤ鈴木さん。どんな思いを語られるのか、楽しみです。

NHKの番組宣伝ページはこちら

夢のつづき わたしの絵本
 パパイヤ鈴木「ひとまねこざる」

7月25日(火)BS-2 午後11・30~午前0・00
7月28日(金)デジタル衛星ハイビジョン・午後6・00~6・30

また、4月からBSで月1回放送で始まったこの番組ですが、7月から総合テレビでも放送が始まったようです。たしか7月10日(月)だったと思いますが、このブログへのアクセス数が一気に増えて、どうしたんだろう?と思って調べてみたら、総合テレビで放送されている時間帯だったのです。さすがは総合テレビ・・・だと思いました^_^;

ところで、「ひとまねこざる」のシリーズ、実はわたしにとっても思い出の絵本です。家で親に絵本を読んでもらったことはないのですが、ピアノの先生の家にたくさん子供向けの本があって、自分の番を待っている間に読んでいた絵本の中に「岩波の子どもの本」のシリーズがありました。大人になってから、このシリーズを書店で見かけたとき、懐かしくて思わず買っちゃいました。わたしの思い出の絵本はこちら。

じてんしゃにのるひとまねこざる Book じてんしゃにのるひとまねこざる

著者:H.A.レイ,光吉 夏弥
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

第一刷発行が1956年。今は改訂版となっているので、文は横書きなのかもしれませんがが、わたしが持っているものは子供の頃のままの縦書きです。「じょーじ」もひらがな・・・。久々に出してみて眺めてみると、なんとも懐かしいです。じょーじの数々の立派ないたずらに、子供時代のわたしはどうなることかとドキドキしつつ、楽しんでいたのでした・・・。

★人気blogランキングに参加しています。この情報がお役に立てば、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

『ジャイアント・ジャム・サンド』

昨日は猛烈に暑かったですねえ・・・。思わず「むんむん むしむし あついなつ」のフレーズが頭に浮かびました。このフレーズで始まるのが、この絵本です。

Book ジャイアント・ジャム・サンド

著者:ジョン・ヴァーノン・ロード
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

     表紙などの画像は絵本ナビでご覧になれます。

ムンムン蒸し蒸し暑い夏、チクチク村に400万匹のハチの大群がやってきて、村中もう大騒動。どうやってこのハチを退治するか、村人が集まり会議。パン屋のおじさんが出したアイデアが採用され、村中総動員でジャイアント・ジャム・サンドを作る準備が進められます。どれくらい大きなジャム・サンドかって? それはぜひ絵本をご覧ください。そのスケールの大きさに圧倒されます!

リズム感あふれる文章、カラフルで隅々まで楽しめる絵、子供はもちろん大人も引き込まれると思います。童話館ぶっくくらぶの配本で10年近く前に我が家にやってきましたが、息子たちのお気に入りで何度も何度も読んだ覚えのある絵本です。(読んであげるなら4、5歳から楽しめると思います。)

さあ、このジャイアント・ジャム・サンド作戦は成功したのでしょうか(笑)・・・?

★人気blogランキングに参加しています。おかげさまで好調です。引き続き、応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

『チキチキチキチキいそいでいそいで』

明日は時の記念日ということで、時間に因んだ絵本をご紹介します。

チキチキチキチキいそいでいそいで Book チキチキチキチキいそいでいそいで

著者:荒井 良二,角野 栄子
販売元:あかね書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コウくんが物置で見つけた古い腕時計がコッチリポッチリ動き始めました。ところが、翌朝はチキチキチキチキと速い音で動いています。それにあわせて、コウくんも、お母さんも、お父さんも、近所の人たちも、みんなみんな、チキチキチキチキ大急ぎ。カップもお鍋もいろんなものにみんな車輪がついていて、急いで外へ飛び出していきます。学校もあっという間に終わってしまいます。大急ぎで寝る支度をして布団に入ると、「あれっ」。まだおひさまは空の上。「一日があまっちゃった」と、みんなのんびり夜になるまで遊びました・・・。
 
荒井良二さんのスピード感あふれる絵がとっても楽しいです。絵本の中の世界が飛び出してきそうです。言葉の響きも楽しいです。また、急いで時間が余った分、のんびり遊ぶというお話もとても好きです。

次男が幼稚園のころ、古本屋さんで偶然見つけた絵本ですが、「チキチキチキチキ いそいでいそいで」というフレーズは当時の次男のお気に入り。そして、お母さんが「コウくん、いそいで、パンにすわって、いすをたべなさい」でいつも大笑いしていました。長男もお気に入りで、母子3人でよく楽しんだ絵本です。久しぶりに本棚から出してきて眺めていると、また楽しい気分になりました・・・。

こどもにはついつい言ってしまう「はやくしなさい」ですが、急いだ後に、この絵本のようにのんびりできるといいですよね・・・。

★人気blogランキングに参加しています。ちょっと低迷中です。

このブログが何かのご参考になったら、ぜひ応援クリックお願いします→。人気blogランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

『歯いしゃのチュー先生』

今週は歯の衛生週間。この時期、おはなし会などで「歯」にまつわる絵本を読まれる方も多いのではないかと思います。わたしのおすすめはこの絵本です。

Book 歯いしゃのチュー先生

著者:ウィリアム スタイグ
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  表紙の画像はbk1でご覧になれます。

ネズミの、歯医者のチュー先生は、評判の腕利き。ウマやウシなど大きな患者さんは、先生が患者さんの口に入って治療します。ただし、ネコやその他危険な動物の治療はしません。が、ある日、虫歯が痛く治療を懇願するキツネの歯の治療を、チュー先生は引き受けてしまい、先生にピンチが訪れます。でも、先生と奥さんで力を合わせ、知恵で危機を脱出。先生を食べようとしたキツネをギャフンといわせつつ、治療も完了、お見事です。さて、その方法とは・・・?

大きな患者さんの口の中に入る方法が、梯子に上ったり、奥さんの手助けによる宙吊りだったり、絵がとても楽しいです。自分の身の危険を感じながらも、一度引き受けたら歯医者としての職務を全うする姿勢も立派です。チュー先生がどうやって、キツネに食べられることを避けることができるのか、ハラハラドキドキ。子どもがとても楽しめる絵本だと思います。読み聞かせ時間、約8分。6歳くらいから楽しめると思います。息子二人も大好きな絵本でした。

ウィリアム・スタイグの作品は、温かくて面白いです。すべてを読んだわけではないですが、たぶん、どれも「当たり」です。ご存じない方はぜひ、スタイグの絵本を探してみてください。

★人気blogランキングに参加しています。このブログが何かのご参考になったら、ぜひ応援クリックお願いします→。人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

『ぞうくんのさんぽ』

風薫る5月になりました。今日はちょっと暑いほどでしたが、5月は散歩によい季節ですね。さんぽの絵本といえば、やっぱりコレでしょう(^^) 

ぞうくんのさんぽ Book ぞうくんのさんぽ

著者:なかの ひろたか,なかの まさたか
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

きょうはいいてんき。ぞうくんはごきげん。どれどれさんぽにでかけよう。」と、ぞう君が出かけるとかばくんに出会います。ぞうくんに散歩に誘われたかばくんは、背中に乗せてくれるなら行ってもいいと応じます。ぞうくんはかばくんを背中に乗せて歩き始めると、今度はわにくんに出会います。さらにかばくんの上にわにくんが乗って(表紙の絵のように)、散歩が続きます。次に出会ったのが、かめくん。かめくんも乗せてほしいといいます。かめくんを乗せて、再びぞうくんが歩き始めると・・・・・。

1968年に「こどものとも」として発行され、こどものとも傑作集として出版されたのが1977年。手元にある2004年発行のものでなんと、第80刷です。

デフォルメされた愛嬌のある、ぞうくん、かばくん、わにくん、かめくんの絵と子どもが大好きな繰り返しのある話に、楽しいラスト。うちの息子たちも小さい時大好きな絵本でしたが、幼稚園などの読み聞かせでも大人気の絵本でした。ぞうくんたちの目がいいんですよね。小さなまん丸の目ですが、実に表情豊か。「目は口ほどにものを言い」というように、目を見ていると、ぞうくん、かばくん、わにくん、かめくん、それぞれのの気持ちが伝わってきます。文字が活字でなく、作者なかのひろたかさんの実兄なかのまさたかさんのレタリングされた手書き文字というのも、この絵本に温かみを出していると思います。

2002年の秋、なかのひろたかさんの講演会を聴く機会がありました。(『ぞうくんのさんぽ』の第二作目『ぞうくんのあめふりさんぽ』が出てからは、原画展とともにあちこちで講演されるようになったようですが、その当時めったに講演会をされることはなく、約40年の絵本作家生活で4回目だということでした。)デビュー作は19歳のとき福音館書店に持ち込んだ『ちょうちんあんこう』で自分ではとても気に入っている作品(絶版)だけど、ロングセラー『ぞうくんのさんぽ』は2作目だそうです。

「絵本を作る鉄則は、最初に一つうそをつけ、二つ目はつくなということ。二つ以上うウソをつくと話が何でもありとなってしまい、話が面白くなくなる。(魔法使いを登場させるとなんでもありで作者としては簡単だけれど。)最初に一つウソをつき、そのウソの中で絵本の話を考えているときが一番楽しい。」というようなことを話されていました。この『ぞうくんのさんぽ』で言えば、ウソはぞうくんの上にかばくんが最初に乗るということでしょうか。こういう視点から絵本を読んでみるのもまた面白いですね。

この春、こどものとも4月号してシリーズ3作目『ぞうくんのおおかぜさんぽ』も出版されました。このシリーズ2作目・3作目についてもまた書きたいと思います。

ところで、なかのさんのデビュー作『ちょうちんあんこう』、読んでみたいと思いませんか? たこのおじさんからお月様というかくれんぼの上手なおじさんがいると聞いたちょうちんあんこうが月に会いに行くお話しだそうです。復刊ドットコムで投票が100票になったら、出版社と復刊の交渉が始まります。ただいまわずかに13票。よかったら、ご協力ください。 

追記:こどものとも50周年記念ブログに、なかのひろたかさんのインタビュー記事”『ぞうくんのさんぽ』が生まれた日”を見つけました。リンク張っておきます。

★人気blogランキングに参加しています。おかげさまで、このところ上位にランキングされています。引き続き、応援クリックよろしくお願いします→。人気blogランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

『うえへまいりまぁす』 

ちょっと落ち込みモードの時ってありませんか? こんな時は、楽しい絵本を読んで、元気をもらいましょう。ひとりで読むときも、黙読より音読の方が効果的。ここ数年、楽しい絵本を次々と発表されている、旬な絵本作家の楽しい世界へどうぞ。(あっ、もちろん、落ち込んでないときも楽しんでくださいね。)

うえへまいりまぁす Book うえへまいりまぁす

著者:長谷川 義史
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お父さんとお母さんとぼくでデパートにお買い物。エレベーターガールの「うえへまいりまぁす」の案内で婦人服売り場、紳士服売り場、おもちゃ売り場と上へ上とお買い物。45階はおすもう売り場。お父さんは行司さんを買い、ぼくは横綱を買った。91階は忍者売り場で、459階催し物の会場では地獄の物産展開催中。最上階は神さま売り場。ぼくはキューピッドを買い、お母さんは七福神詰め合わせを買った。でも、ちょっといろいろ買いすぎちゃったかなあ・・・。だけど、デパートのお買い物は楽しい!

絵本の楽しみの一つである、「隠れた絵」を見つけて楽しめる絵本です。「ひくみ山のもみあげ」(若い人は高見山をご存じないかしら??)があったり、『じごくのそうべえ』のそうべえらしき軽業師がいたり、どの売り場にもなぜか必ずいるおじいさん・おばあさんのカップルを見つけたり・・・。見返しにも昔話ゆかりのふしぎな食べ物のうまいもの市が描かれていたりと、眺めて楽しむところがいっぱいの絵本です。

おはなし会などの読み聞かせでも、子どもにとっても人気です。しっとりした聞かせる絵本と、こういう楽しい絵本を上手に組み合わせるといいと思いますよ。

(以前bk1に投稿したものをベースに書きました。)

| | コメント (10) | トラックバック (2)