ニュース

2008年12月10日 (水)

ノンタン作者の訃報

ノンタンの作者・キヨノサチコさんが6月に脳腫瘍で60歳でお亡くなりになっていたそうです。キヨノさんは「わたしがいなくなってもノンタンは元気に生き続けるから」と訃報を伏せるように家族に伝えていたとか・・・。また「子供たちと作者は関係ない」が身上で、サインを頼まれているとノンタンを描かれていたそうです。

我が家とノンタンとの関わりは、長男の出産祝いにいただいた数冊の絵本の中にノンタンのシリーズの絵本が3冊入っていたことに始まります。ご自分の子供さんが好きだったので選んでくださったようです。やっぱり息子たちは大好きで、何度読まされたことでしょう。

ノンタンはみがき はーみー (赤ちゃん版ノンタン) Book ノンタンはみがき はーみー (赤ちゃん版ノンタン)

著者:大友 幸子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ノンタンがイイイのイーして、はみがきはーみー、しゅこしゅこしゅっしゅっ」のフレーズは息子たちはすでに中高生なのに、今でもいえます(笑)。どれだけ読まされたことか・・・。

ノンタンボールまてまてまて (ノンタンあそぼうよ (10)) Book ノンタンボールまてまてまて (ノンタンあそぼうよ (10))

著者:おおとも やすおみ,キヨノ サチコ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ボールがポーンポーンといろんな動物のところに跳ねていくところで、息子たちの御尻をポーンと叩いてやるととても嬉しそうでしたっけ。

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7)) Book ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

著者:おおとも やすおみ,キヨノ サチコ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あの頃は、クリスマスの季節に関係なく(笑)よく読まされたような・・・。

1冊目の『はみがき はーみー』は手元にあるのですが、後の2冊が探してみても見つからないのです。キャラクターものだし・・・ともういらないかと手放してしまったようなのですが、今となってはやっぱりおいておけばよかったです。小さい頃に繰り返し読んだ本は、親にも子供にも思い出がいっぱいですものね。

さて、キヨノさんですが、病床でも創作意欲は衰えず、新たに絵を書くことは難しかったけれど、これまでに書いた絵を使って、迷路や塗りや、絵かき歌などを盛り込んだ絵本作りにアイデアをでし続けられたそうです。そして、亡くなる5日前に出来上がったのがこちらの本。キヨノさんのノンタンへの思いがあふれている絵本のようですね。

ノンタンおたのしみブック (ノンタンあそぼうよ) Book ノンタンおたのしみブック (ノンタンあそぼうよ)

著者:キヨノ サチコ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キヨノさん、たくさんの楽しい作品で、子供たちとの楽しい時間と思い出を作ってくださってありがとうございました。キヨノさんのご冥福をお祈り申し上げます。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

ターシャ・テューダーさん旅立つ

最近はそのライフスタイルでも注目を集めていたアメリカの人気絵本作家、ターシャ・テューダーさんが6月18日にバーモント州の自宅で家族や友人に見守られながら旅立たれたそうです。92歳でした。息子ともどもショックを受けています・・・。まだまだ元気でご活躍されるような気がしていたもので・・・・・。

ところで、この訃報をわたしは、ターシャのHP”Tasha Tudor and Family ”で知り、驚きました。そして、こんなMemorial Websiteがすぐにできていることにも。アメリカでは一般的なのかもしれませんが、ターシャへの思いをWeb上で記入できるMemory Bookなんていうのもあるんですね。チラッと読んでみましたが、多くの方に作品もご本人も愛されていたんだなということを改めて感じました・・・・。

ご冥福をお祈りします。

ターシャのライフスタイルや本は過去にこんな記事で紹介しています。
ターシャ・テューダーの言葉と絵本」へ
ターシャ・テューダーのクリスマス」へ
ターシャ・テューダーの番組放送のお知らせ」へ
MOE11月号はターシャ・テューダー特集」へ

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

石井桃子さん訃報

今朝ニュースを見ていた次男(中1)が「大変、大変!」と、児童文学者・石井桃子氏の訃報を知らせてくれました。100歳になっても現役の児童文学者でいらっしゃった石井さん(先月101歳になられたばかり)ですが、老衰のため、2日に旅立たれたとのことです。(asahi.com 訃報記事へ。関連記事へ。)

石井さんが執筆された本といえば200冊以上もあるそうですが、息子たちが小さい頃は、「うさこちゃん」をいっぱい読みました。少し大きくなってからは、「けいてぃ」などバージニア・リー・バートンの翻訳ものや「ピーター・ラビット」。もう少し大きくなってからは「くまのプーさん」などを自分で読んでいましたっけ。

石井さん、たくさんの素敵な物語を届けてくださって、ありがとうございました・・・。ご冥福をお祈りいたします。

今までにわたしが記事にした石井氏が翻訳された本はこちら↓。

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 記事へ。

Book ちいさいケーブルカーのメーベル

著者:バージニア・リー・バートン
販売元:ペンギン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 記事へ。

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし Book せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし

著者:バージニア・リー・バートン,いしい ももこ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 記事へ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

『ワニのライルがやってきた』

ワニが直立するのは絵本の中だけの話だと思っていたら、昨日、新聞に直立するワニの写真が載っていました! 広島県廿日市市の宮島水族館の、南米に生息するワニとしては世界最小の種類コビトカイマンだいごろう(体長80センチ)は、水浴びをすると2本足で立ち上がるのだそうです。・・・久しぶりに楽しいワニの絵本を紹介しますね。

だいごろう君は立ち上がるだけですが、この絵本の主人公のワニ・ライルは芸当もお手伝いもできちゃいます。

ワニのライルがやってきた (ワニのライルのおはなし 1) Book ワニのライルがやってきた (ワニのライルのおはなし 1)

著者:バーナード・ウェーバー
販売元:大日本図書
Amazon.co.jpで詳細を確認する

東88番通りに引っ越してきたプリムさん一家。2階のふろ場から奇妙な物音が聞こえます。ふろ場のドアを開けて奥さんがそこで見たものは・・・なんとワニ! でもこのライルというワニは芸当ができ、お手伝いもこなし、たちまちプリムさん一家となかよしに・・・。

シリーズで出ていますが、どれも楽しくて、息子たちはよく図書館で借りてきていました。表紙画像があるものを貼っておきまーす。

ワニのライルは会社のにんきもの ワニのライルは会社のにんきもの

著者:バーナード ウェーバー
販売元:大日本図書
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワニのライルとどろぼうじけん Book ワニのライルとどろぼうじけん

著者:バーナード ウェーバー
販売元:大日本図書
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワニのライルのクリスマス Book ワニのライルのクリスマス

著者:バーナード ウェーバー
販売元:大日本図書
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

渡辺茂男さん、ありがとう&さようなら

昨日新聞を見ていたら、児童文学者・翻訳家の渡辺茂男氏の訃報記事に気付きました。体調がよくないことは、1年ほど前のご長男・鉄太氏の『母の友』での記事で知ってはいましたが・・・・。18日にお亡くなりになり、葬儀は近親者のみで済ませ、後日「お別れの会」を行う予定とのことです・・・。

我が家で最初に親しんだ、渡辺さんの本といえば、乳幼児向け「くまくんの絵本」シリーズです。例えば

Book こんにちは

著者:わたなべ しげお,おおとも やすお
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙の画像はbk1でご覧になれます。

くまくんが、「おはなさん、こんにちは」「すずめさん、こんにちは」・・・「ぎゅうにゅうやさん、こんにちは」と、外でいろんな人に出会いながら挨拶をします。そして、最後に「ぱぱ ぱぱ ぱぱ ぱぱ こんにちは!」とお父さんに挨拶して、お父さんに抱き上げられます。

シンプルでとても温かい雰囲気の乳幼児向け絵本です(裏表紙に書かれた対象年齢は1歳半から4歳)が、こういう絵本を繰り返し読んでもらうことで、子供は基本的な生活習慣をだんだんと身につけていくんだろうなって思います。うちの息子たちも大好きで、よく読みました。渡辺さんの絵本について書こうと思ったら、読んでいたのは10年近く前だと思うのに、自然に「ぱぱ ぱぱ ぱぱ ぱぱ こんにちは!」のフレーズが口から出てきました・・・。あ~、懐かしい・・・。

他にも

しょうぼうじどうしゃじぷた Book しょうぼうじどうしゃじぷた

著者:渡辺 茂男,山本 忠敬
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もりのへなそうる Book もりのへなそうる

著者:やまわき ゆりこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なども好きでしたねえ。

翻訳ものなら

どろんこハリー Book どろんこハリー

著者:ジーン・ジオン,わたなべ しげお,マーガレット・ブロイ・グレアム
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

をはじめ、スモールさんのシリーズ、グラマトキーののりものどうわシリーズ、エルマーのぼうけんシリーズ(この3シリーズは息子たちが好きだったものです)など調べてみたら、実にたくさんの絵本・童話を翻訳されているんですね。

おはなし会などでも大人気の

ベーコンわすれちゃだめよ! Book ベーコンわすれちゃだめよ!

著者:パット=ハッチンス,わたなべ しげお
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

も、渡辺さんの訳だったんですねー。

渡辺さん、たくさんの素敵な作品を届けてくださってありがとうございました! ご冥福をお祈りします・・・。

(渡辺茂男氏の作品一覧はbk1にリンク張っておきます。ご覧ください。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

著作権めぐり「読み聞かせ」に作家ら注文

13日の朝日新聞に”図書館や幼稚園などで活発になっている絵本の「読み聞かせ」や「お話会」について、作者や出版社の団体が、著作権者への許諾の要・不要を分類したガイドラインを作成した”という記事が掲載されていました。詳しい内容は、社団法人 日本書籍出版協会 のサイトで ”平成18年(2006年)5月12日 児童書四者懇談会作成 手引き 「お話会・読み聞かせ団体等による著作物の利用について」”をPDFファイルで読むことができますので、読み聞かせの活動などされている方はぜひ一度目を通しておかれることをお勧めします。

幼稚園などで読み聞かせの活動をしていると、ペープサートだの大型紙芝居だのエプロンシアターだのいろいろ作りたくなっちゃうんですよね^^; (わたし個人としては読み聞かせは絵本だけで十分だと思っています。コメント18に補足しました。)いろんなグループのいろんな「作品」を見たことがありますが、絵本に忠実なものからそうでないものまで出来具合は様々。こういうのを作るに当たって、出版社の許可が要るなどと思ったこともないグループがおそらく大半なのではないかと思います。今後は著作物許可申請書を出して、許諾されないとまずいということだと思います。

紙芝居などに改変するのに許可がいるのはわかるのですが、OHP(投影機)等を使って絵本を拡大するのにも許可が要るそうで、これはちょっとオドロキでした。大勢の子どもが集まる場で読むには、便利な道具だと思っていたのですが・・・(使ったことはありませんけど)。

また、ホームページなどに本の表紙を掲載する場合にも出版元に確認が必要とのコト。(わたしの場合はそのあたりの手間を省くためにアフィリに参加しています。お小遣いが稼げるとは思っていません^_^;) 表紙以外の本文画を掲載には当然許可が要ります。その辺を意識している人とそうでない人の差は、ブログなどを見ていて常々感じていることでした・・・。

ブログ等を持っていらっしゃる方、読み聞かせボランティアなどされている方、上記の手引き一度ご覧になって参考にしてください。(私の記事の内容が間違っていても責任は負えませんので、ご自分で確認なさってくださいね。)

それにしても、著作権はいろいろとややこしいですね・・・。

★人気blogランキングに参加しています。おかげさまで、このところ上位にランキングされています。引き続き、応援クリックよろしくお願いします→。人気blogランキング

| | コメント (18) | トラックバック (3)