« 2012年5月~12月に読んだ本のメモ | トップページ | 2013年6月に読んだ本のメモ »

2013年3月31日 (日)

2013年2月に読んだ本のメモ

今日で3月も終わり。2月分の読書メモ。(先月は、1月の読書メーターのログ、取り忘れてしまった(^_^;) )

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:1208ページ
ナイス数:4ナイス

雲ごよみ 天気と季節の観察図鑑雲ごよみ 天気と季節の観察図鑑
読了日:2月5日 著者:高橋 健司
世界史図鑑 みんなが知らない歴史の秘密世界史図鑑 みんなが知らない歴史の秘密
読了日:2月6日 著者:ティム クーク
中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?
読了日:2月10日 著者:NHK_PR1号
家族の悩みにおこたえしましょう家族の悩みにおこたえしましょう
読了日:2月12日 著者:信田さよ子
よくわかる元素図鑑よくわかる元素図鑑
読了日:2月17日 著者:左巻 健男,田中 陵二
絵本 化鳥絵本 化鳥
読了日:2月17日 著者:泉 鏡花
だって春だもんだって春だもん
読了日:2月23日 著者:小寺 卓矢
富士山うたごよみ (日本傑作絵本シリーズ)富士山うたごよみ (日本傑作絵本シリーズ)感想
立春から大寒まで二十四節季を、俵万智さんの短歌とU・G・サトーさんの発想豊かな富士山の絵で巡る絵本。絵のアイデアが本当に面白い。子どもから大人まで楽しめる絵本。
読了日:2月23日 著者:俵 万智
鬼のうで (赤羽末吉の絵本)鬼のうで (赤羽末吉の絵本)感想
鬼の絵の迫力がすごい。文も画面構成もさすが赤羽末吉といった感じ。
読了日:2月23日 著者:赤羽 末吉
日本の「かわいい」図鑑 ---ファンシー・グッズの100年 (らんぷの本/マスコット)日本の「かわいい」図鑑 ---ファンシー・グッズの100年 (らんぷの本/マスコット)感想
大正ロマンの時代からのかわいいもの変遷図鑑。昭和40年代以降のファンシー・グッズはどれも懐かしかった。当時は水森亜土を除けば作家の名前はそれほど意識していなかったように思う。わたしが好きだったのは田村セツコ、内藤ルネ、水森亜土などのライト感覚のかわいい絵で、戦前の叙情絵画の名残のあるわたなべまさこや、高橋真琴はちょっと苦手だった(笑)。かわいいものの移り変わりを楽しみながら、戦中のようにかわいいもの・派手なものが統制される時代が二度と来ないことを願った。
読了日:2月24日 著者:
いつまでも健康でいるための体のツボの大地図帖 (クロワッサン・ちゃんと役立つ実用の本)いつまでも健康でいるための体のツボの大地図帖 (クロワッサン・ちゃんと役立つ実用の本)
読了日:2月24日 著者:
ちがうねんちがうねん感想
図書館予約で数か月待った甲斐があった。表紙絵とタイトルからは予想できないストーリー、面白さ、怖さ(笑)。ジョン・クラッセンと長谷川義史さんのコンビって最強。前作『どこいったん』から途中からの展開は予想できたけど・・・ある程度大きくなった子どもから大人のための絵本。
読了日:2月25日 著者:ジョン・クラッセン

読書メーター

|

« 2012年5月~12月に読んだ本のメモ | トップページ | 2013年6月に読んだ本のメモ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/51036859

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年2月に読んだ本のメモ:

« 2012年5月~12月に読んだ本のメモ | トップページ | 2013年6月に読んだ本のメモ »