« 12月に読んだ本のメモ | トップページ | 1月に読んだ本のメモ »

2012年1月14日 (土)

1月に読んだ本のメモ その1

(読書メーターまとめからの転載、1月からは忘れなければ(先週分しか記録が残らないのが難点)週単位で載せるつもり。)

2012年1月2日 - 2012年1月8日の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:411ページ

父のまなざし、母のまなざし 香月泰男といわさきちひろ (講談社ARTピース)父のまなざし、母のまなざし 香月泰男といわさきちひろ (講談社ARTピース)
余白いっぱいの淡いにじんだ感じのちひろさんの絵と、黒っぽくて暗く沈んだ感じの香月さんの絵。対照的なのに、どちらも悲しみや慈しみが感じられます。ご家族が語る思い出や略年譜も。
読了日:01月04日 著者:ちひろ美術館
空を見上げよう~ 空を見上げようきっとありのままの自分に戻れるから空を見上げよう~ 空を見上げようきっとありのままの自分に戻れるから
一期一会の空、45シーン。
読了日:01月05日 著者:HABU 羽部恒雄(はぶつねお)
紅葉・落ち葉・冬芽の大研究紅葉・落ち葉・冬芽の大研究
読了日:01月05日 著者:久保田 競
天気予報の大研究天気予報の大研究
読了日:01月05日 著者:石田 志芳
絶望の隣は希望です!絶望の隣は希望です!
読了日:01月06日 著者:やなせ たかし

読書メーター

上記5冊は、すべて図書館新着本から。

『父のまなざし 母のまなざし・・・・』、なかなかよかった。

『紅葉・落ち葉・冬芽の大研究』は児童用科学知識の本だが、知らないことがいっぱい、図も豊富で勉強になった。

『絶望の隣は希望です!』は、やなせたかし氏がご自分の人生や生き方などを語られた本。食生活や運動など健康管理をご自分でされていて、90歳を超えて現役で活躍される方はやっぱり違うなあ・・・と。生き方のヒントいろいろ。(おまけ:三越の包装紙のデザインは猪熊弦一郎氏というのは有名だが、MITSUKOSHIの文字は当時三越に勤めていたやなせ氏が描かれたものだとか(゜゜))

|

« 12月に読んだ本のメモ | トップページ | 1月に読んだ本のメモ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/43695606

この記事へのトラックバック一覧です: 1月に読んだ本のメモ その1:

« 12月に読んだ本のメモ | トップページ | 1月に読んだ本のメモ »