« 『注意読本』 | トップページ | 6月に読んだ本から »

2011年7月 1日 (金)

『すっすっはっはっ こ・きゅ・う』

昨日、ラジオビタミンで、4月に放送された長野ヒデ子(絵本作家)長野麻子(立教女学院短大専任講師)さん親子のときめきインタビューのアンコール放送がありました。ちょうど図書館で

すっすっはっはっ こ・きゅ・う (絵本・こどものひろば) Book すっすっはっはっ こ・きゅ・う (絵本・こどものひろば)

著者:長野 麻子
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を借りていたので、とってもタイムリー。お二人で朗読してくれて(麻子さんが読んで、ヒデ子さんがいっしょに「すっ、はっ」呼吸してるって感じでしたが・・・笑)、楽しかったです。やっぱり絵本は声に出して読むものだなあと思いました。この楽しさは最初に黙読したときには感じられなかったですから。

麻子さんは、音楽と身体の関係に注目し、現代音楽から幼児教育にわたり研究をされている方(ドイツ留学時に、ディーター・シュネーベルを研究)。音楽は呼吸だ、音楽は生きる力を持っているということを、子供でもわかるものを作りたいということで、母親であるヒデ子さんに依頼して絵本作りとなったとのこと。

シュネーベルの楽譜も心電図の波形みたいなものもあるらしいのですけど、絵本も擬音語とともにカラフルな曲線、直線や円などが続いていく感じ(お孫さんが書かれた落書きもコラージュされて使われているとのこと)で、幼児はこんなの好きでしょうね。親子で声に出して読んで、元気になれる絵本のように感じました。

イライラして落ち着かないと呼吸は浅いとか。日々の暮らしの中でも、時おり呼吸に意識を向けて「すー、はー」と深い呼吸をして、声を出して、元気に暮らさなきゃ・・・・と気づかせてもらいました。

番組後半では、ヒデ子さんが歌う「せとうちたいこ」さんの歌が流れ、こちらも楽しかったです(中川ひろたかさん作曲と言われていたと思います)。せとうちたいこさんシリーズ、また読みたくなりました(笑)。

せとうちたいこさん デパートいきタイ (絵本・ちいさななかまたち) せとうちたいこさん デパートいきタイ (絵本・ちいさななかまたち)

著者:長野 ヒデ子
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『注意読本』 | トップページ | 6月に読んだ本から »

絵本」カテゴリの記事

・ことばあそび絵本」カテゴリの記事

・幼児絵本」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『すっすっはっはっ こ・きゅ・う』:

« 『注意読本』 | トップページ | 6月に読んだ本から »