« 『おこだでませんように』 | トップページ | 読書メーター »

2009年7月12日 (日)

『てとてとてとて』

2009年度の課題図書の中からもう1冊。

てとてとてとて Book てとてとてとて

著者:浜田 桂子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わたしたちの手。手は毎日色々なことをします。手は楽器であったり、手で話すことができたり、点字を使えば手で読むことができます。不安や悲しいとき、手を握ってもらうと心が落ち着きます。手の多様な世界を描きます。 (「BOOK」データベースより)

「かがくのとも」2002年7月号が、昨年ようやくハードカバー化されました。手はこんなにたくさんの大事な役割をしているんだと気付かされます。点字にも触れることができるし、なかなかいろいろ工夫された絵本だと思います。2002年当時、おはなし会で読んでも子供たちの反応はなかなかよかったですよ。

学校の先生がよいとする読書感想文は、感想ではなく、生活作文を書くものらしいなので、この絵本はなかなか書きやすそうに思います。

よかったら、過去記事「読書感想文の書き方&疑問」もお読みになってください。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『おこだでませんように』 | トップページ | 読書メーター »

絵本」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!斉藤惇夫さんの講演録を捜していて、辿り着きました。(2004年の)上手にまとめられていて、ぜひ、仲間(読み聞かせ、おはなしのボランティア)にも、紹介したいのですが、WEB検索のできない人もいるので、コピーして、見せても、よろしいですか?

あと、関西の方なのかしらん?私は、関西人、落語も好きです

投稿: リーサ | 2009年7月14日 (火) 11時27分

絵本の読み聞かせについてのご意見、赤木さんの講演のまとめも読ませていただきました。市の教育委員会が安易にボランティアを作り、養成に時間をかけていないように思います。

「力のある絵本」はどれか、ってむずかしいですけどね。高学年については、「読書暦」が各人あまりに違うので、本当に悩んでしまいます。秋にブックトークをやる予定ですが、YAっぽい本から古典、4年生にすすめるかな?という本をいれ、様々な要求に応えるべく、リストを作っていますが・・・。また、参考になる本、紹介おねがいしますね!

投稿: リーサ | 2009年7月14日 (火) 11時47分

リーサさん、はじめまして&ようこそ!
わたしはお察しの通り関西出身です。

このブログは一般の方に公開しているものなので、
このままの形でならコピーしてお仲間に見せていただいて結構です。(引用したり別の形に編集したりはお避けくださいね)
読み聞かせをされている方のお役に立てば幸いです
(でも、配布しただけでは読んでくれない方もいるかもしれませんね(>_<))
読み聞かせボランティアの意識も様々というか温度差があるというか・・・
勉強会などを企画しても、一番来てほしいと思う人が来なかったり、本のリストなど配布物を作っても読んでいる気配がなかったり・・・・とがっかりすることも多かったです・・・・。

今は読み聞かせボランティアもしていないので、気ままにブログに絵本などを紹介していますが、ご贔屓にして下されば嬉しいです
リーサさんもリスト作り、がんばってくださいね!

投稿: めーべる | 2009年7月15日 (水) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『てとてとてとて』:

« 『おこだでませんように』 | トップページ | 読書メーター »