« 『・・・生きるための科学常識』 | トップページ | 雨上がりのしずくの世界 »

2009年6月18日 (木)

『地球がもし100cmの球だったら』

書きたいことはいろいろあるのに、PCにゆっくり向かう間がないまま日が過ぎていくこの頃・・・^_^;

さて、6月は環境月間だそうです。環境問題を取り上げた絵本もいろいろ出版されつつありますが、地球がもし直径100センチの球だったらと考えることで、今地球におきている様々な問題を考えるきっかけを与えてくれるのがこの本です。

地球がもし100cmの球だったら Book 地球がもし100cmの球だったら

著者:永井 智哉
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地球がもし100cmの球だとしたら、地球全体の水は660ccで、淡水は17ccで(凍っているのもあるので)飲める水はわずか5ccだそうです! わずか5ccの水が地球を循環して生物の命を支えているのですね・・・。

わたしがこの本を知ったのは、4年前の椎名誠氏の講演会でした。辺境の地を冒険されることの多い椎名氏は、環境の変化を身近に感じられているようで、講演会で必ずこの本を紹介しているとのことでした。全てにルビが振られているし、絵も多く、小学高学年あたりから読める本だと思います。

05年8月の椎名誠氏の講演会の様子も当時の日付で掲載しました。よかったら、お読みください。記事へ。 (ちなみに椎名氏はかなりの絵本好きでいらっしゃいます。椎名氏に関わる絵本の記事もこの講演会の記事にはリンクを張ってあります。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『・・・生きるための科学常識』 | トップページ | 雨上がりのしずくの世界 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

コメント

椎名誠さんの講演会の様子や、「地球がもし100cmの球…」の絵本を教えて下さってありがとうございます。早速探してみます。
椎名誠さん、「絵本たんけん隊」(だった、かな?)という絵本の連続講座をまとめた本も出されていますね。今はすっかりじいじだけど旅もされていて、ワイルドだけど繊細なところが大好きで、よく読んでいた私です♪
あ!ブログランキング、アップしていません?応援していきますね!

投稿: なずな | 2009年6月20日 (土) 08時15分

なずなさん、応援クリックありがとうございます!
おかげさまでただいま上位にランキング(^。^)

椎名さん、講演している姿もかっこよかったです(笑)。
講演も世界各地を旅された実体験中心でとても興味深かったです。(13歳くらいでもう1人前に狩をして、解体もして、命の全てを有効利用するような生活・・・、日本では13歳くらいでは味噌汁作れれば上等な方ですものねえ。)
そして、絵本のことを語っている姿をテレビなどで見るといいお父さんだったんだろうなって感じもします。

この本、ずいぶん前に日テレ「世界一受けたい授業」でも紹介されたようです。
多くの人に読んでもらえるといいなと思います。

投稿: めーべる | 2009年6月20日 (土) 21時23分

わたしのブログでも紹介しました。
TBとどきましたらお願いします!

投稿: なずな | 2009年7月 1日 (水) 15時51分

なずなさん、
わたしのブログを紹介いただき恐縮です。
TBもありがとうございました!!

投稿: めーべる | 2009年7月 1日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/30068097

この記事へのトラックバック一覧です: 『地球がもし100cmの球だったら』:

» 213* 地球がもし100?の球だったら [「こどもの本のくに」おでかけガイド]
地球がもし100cmの球だったら、太陽は12Km先で輝いている。地球がもし100cmの球だったら、オゾン層破壊により南極上空に空いていた穴の大きさ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 15時51分

« 『・・・生きるための科学常識』 | トップページ | 雨上がりのしずくの世界 »