« 現代子どもの本事情 | トップページ | 6月にお薦めの絵本 »

2009年5月27日 (水)

お薦め小学国語辞典

息子たちが9年間愛用した『下村式小学国語学習辞典』を知り合いのお子さんにもらっていただけることになったので、差し上げる前にちょこっと書いておきまーす。参考になさってください。

下村式 小学国語学習辞典 Book 下村式 小学国語学習辞典

著者:下村 昇
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わたしが小学生向け国語辞典を買おうと思ったのは、子供にことばの意味を聞かれた時にどういう風に説明すれば子供にわかりやすいのかがわからなかったので、参考にしようと、長男の入学時に購入しました。この辞書にしたのは、ずっと絵本の配本を受けていた童話館のお薦めリストにあったからです。

童話館の紹介文には
「ことばの意味を調べるだけでなく、すすんで勉強しようとする、子供の学習意欲を育てる工夫が凝らされている国語辞典。2万5千の見出し語のそれぞれに身近な用例がたくさんのっているので、読書や作文の役に立ちます。見やすい大活字で、総ふりがなつき。小学1年生から使えます。」とあります。

他の国語辞書との具体的な比較はもう記憶にないのですが、学校が斡旋してきたキャラクター付きの辞書はとても物足りなさを感じた覚えがあります。

改めて中を見てみたら、あちこちに「使い方の違い」というコーナーが載っていて、例えば「固い・堅い・硬い」、「好評・高評」などの違いなどが詳しく解説されています。大人でも勉強になります^_^; 小学校で習う漢字には書き順も載っています。

長男が1年生の時には、わからないことばがあると一緒に辞書を引いて、こうやってことばは調べるんだよということを自然に伝えました。長男が2年生になった時にはあいうえお順にもずいぶん慣れたので、辞書の引き方を教えました。最初は時間がかかりましたが、すぐにサクサク引けるようになりました。その後はわからないことばがあると、自分でよく引いて調べていました。こうなればいちいち親に聞かなくて済むので親子共に便利です(笑)。あとは何か聞いてきても「辞書引けば~?」で、OKです(^^)v

学校で辞書を使い始めるのは3年生です(今もかな??)が、そのころには長男はとても早く引けるようになっていました。普段はスローペースなことの多かった長男が学校の授業で先生に褒めてもらえて、とても自信がついたようです。3年の時の担任はとても厳しい雰囲気の先生だったのですが、親のわたしも家庭学習がよく行き届いていると褒めていただけました(笑)。

次男にも同じように、2年生になったら辞書の引き方を教えました。次男は友達に「○○って何?」と聞かれて友達にも「辞書引けばー?」といっていたようですが、そうしたら友達に「辞書って何?」とまた聞かれるらしく、「みんなの家では辞書引かないのかなあ?」ととても不思議がっていました・・・。

我が家はみんな辞書魔で、何か疑問に思うと電子辞書を引いていますが、こういう家庭の雰囲気は、学力向上などには悪くないのかもしれません。今日の朝日新聞にベネッセの調査で親の行動と子供の学力には強い関連があるとの結果が報告されていました(記事へ)。辞書引き学習法なるものが最近は流行っているようですが、普段から親子で辞書に親しむのも悪くないんじゃないでしょうか。

参考までに・・・息子たちは漢和辞典はこちらを使っていました。

下村式 小学漢字学習辞典 Book 下村式 小学漢字学習辞典

著者:下村 昇
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 現代子どもの本事情 | トップページ | 6月にお薦めの絵本 »

子供」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
来年小学生になる娘が、電子辞書に興味をもっていまして、それならば辞書を買ってみようかなって思っていたところだったので、まさにタイムリーgoodな記事でした。
親の生活習慣が子どもの成績にも影響を与えるんですね。子どもにばかり強要してはだめだということですね、。

投稿: まつりか | 2009年5月27日 (水) 22時44分

まつりかさん、こんにちは。
本当は、入学シーズンに書こうと思ったけど書けず、次は親子でノンビリできるGWに書こうと思い書けず、こんな時期に記事にしたので、読んでくださる方がいるかな?と思っていたので、嬉しいコメントですheart02
この辞書は大きな書店でないと扱っていないかもしれませんが、他の辞書と比べてみられるとよいと思います。
今は電子辞書しかない家庭も多いようですが、紙の辞書は(偶然でも)開いたページを隅々まで眺める楽しみがあるし、紙の辞書を使いこなせないと電子辞書もうまく使いこなせないようです(特に英語の場合かな)。

お子さんと辞書に親しむ生活、ぜひお試しください!


投稿: めーべる | 2009年5月28日 (木) 10時24分

こういう話題、知りたい方多いと思いますよ。応援クリック一票!
私は「辞書を引いて頭をきたえる」(でしたっけ、そんなタイトルの本)を読んで、長男が2年ぐらいの時に買いました。
でも、当然だけど、一緒に使ったり、フォローしたりがないと駄目ですよね。
興味持った時に、もう少し関わってあげたらよかった。反省。
その後、一冊ずつ辞書を持って早引きバトルをしたら、すごく喜んでひきはじめました。

投稿: なずな | 2009年6月11日 (木) 19時15分

なずなさん、応援クリックありがとうございます!
早引きバトル、楽しそうですね!
楽しい思い出と共に学力アップも間違いなしですね(^。^)
ラキューもそうだけど、ただ買い与えるだけでは子供はうまく遊べませんよね。
わたしもあとになってからわかってきましたが、子どもと一緒に遊ぶ・楽しむ・勉強するという事が子育てには大切なんでしょうね。

投稿: めーべる | 2009年6月11日 (木) 20時22分

この記事を見てから探しているのですが、なかなか書店においてないです・・・。
まだこの季節は辞書コーナーが充実しているんですが・・・。
けっしてめーべるさんをうたがっているわけでなく、うちの次女にはどうかと実際に確かめたかったんですが、これは都内のもっと大型書店に行かないとなさそうです~。

実は自分の辞書も相当古くなっているので、あわせてあちこち覗いて楽しんでいます。

投稿: ひととき | 2009年6月23日 (火) 09時33分

ひとときさん、
あちこち足を運んでさがして頂いているようで恐縮です。
辞書は長く使うことになるものなので、やっぱり目で見て他のとも比較して買いたいですよねー。
最近は辞書引き学習法がブームでもあるので、以前より書店でも買い易くなったかと思ったのですが、そうでもないのですね・・・。
早くひとときさんの目に適った辞書に出合う事ができますように。

投稿: めーべる | 2009年6月23日 (火) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/29816444

この記事へのトラックバック一覧です: お薦め小学国語辞典:

« 現代子どもの本事情 | トップページ | 6月にお薦めの絵本 »