« 本日「気まぐれ写真館」オープン♪ | トップページ | お薦め小学国語辞典 »

2009年5月19日 (火)

現代子どもの本事情

図書館の新着本の案内にあったので、借りてみました。

子どもに本を買ってあげる前に読む本―現代子どもの本事情 Book 子どもに本を買ってあげる前に読む本―現代子どもの本事情

著者:赤木 かん子
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おとなが面白いと思う本が、子どもたちには面白くなくなってきているのです。どんどん変わる本の世界を、常に子どもの本をウォッチングしてきた著者が案内します。全国の学校図書館を改装してきた達人が教える子どもの本の選び方。内容(「BOOK」データベースより)

もう「ヘエー」がいっぱいでした。(わが息子たちの本の好みと照らし合わせて納得することしきり。)10年かけてようやく2008年に完結した『ハリー・ポッター』ですら、もう今の小学生は魅力を感じないのだそうです。子どもに関わる方、子供の本に関わる方には、一度は読んでおいてほしい「かん子節」炸裂の本です。

2005年11月に書いた赤木かん子氏の講演会の報告記事とも重なる部分もあるので、参考になさってください。記事へ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 本日「気まぐれ写真館」オープン♪ | トップページ | お薦め小学国語辞典 »

子供」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/29690732

この記事へのトラックバック一覧です: 現代子どもの本事情:

« 本日「気まぐれ写真館」オープン♪ | トップページ | お薦め小学国語辞典 »