« 『かえる ごようじん』 | トップページ | 『だるまさんの』 »

2009年4月 2日 (木)

『ものいうほね』 "The Amazing Bone"

日本語版は童話館ぶっくくらぶ配本として我が家にも馴染みの絵本でした(8歳前当時の長男への配本)が、多読のために英語版を図書館で借りてみたら、中の絵は春らんまん! 内容はともかく季節のことは忘れていました・・・。春の絵本として掲載しておきます。

Book ものいうほね (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

著者:ウィリアム・スタイグ
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ものいうほね ものいうほね
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

うららかな春の日、こぶたのパールは学校からの帰り道、森の中で「ものいうほね」を拾います。早く両親に見せたくて、花咲き乱れる小道を家へと急いでいると、運悪くおなかをすかせたきつねと出遭ってしまいます。きつねの隠れ家に連れ込まれ、夕食の材料にされようとしたその時、ものいうほねの口から意味不明のことばが出てきます・・・・。

前半はうららかな春の雰囲気がいっぱいののどかなお話・・・なのですが、後半は、パールはどうなるのか、ハラハラドキドキ。「ものいうほね」がどう活躍するのか、とても楽しめるお話です。

原書のタイトルは"THE AMAZING BONE" 英語のタイトルの方がわくわく感がありますよね。Coldecott Honor受賞作です。

The Amazing Bone Book The Amazing Bone

著者:William Steig
販売元:Farrar Straus & Giroux (J)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(YL3,3くらい 1,652語)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『かえる ごようじん』 | トップページ | 『だるまさんの』 »

絵本」カテゴリの記事

・春の絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・洋書絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ものいうほね』 "The Amazing Bone":

« 『かえる ごようじん』 | トップページ | 『だるまさんの』 »