« 卒業前の子供たちに読む絵本・・・ | トップページ | 星野道夫氏のTV番組案内 »

2009年3月 2日 (月)

"Voices in the Park"『こうえんで・・・4つのお話』

洋書絵本その他をAmazonで購入しました。昨日の夕方普通便で注文したのに、今朝10時半ごろ届いてそのスピードにびっくり!(常にこんなに早いわけではないですが・・・。) 購入した洋書絵本は、アンソニー・ブラウンの隠し絵が楽しい絵本。1998年Kurt Maschler Award受賞作だそうです。

Voices in the Park Book Voices in the Park

著者:Anthony Browne
販売元:Dk Pub
Amazon.co.jpで詳細を確認する


(YL 2,5  およそ540語)

日本語版はこちら↓

こうえんで…4つのお話  /アンソニー・ブラウン/さく 久山太市/やく [本] こうえんで…4つのお話 /アンソニー・ブラウン/さく 久山太市/やく [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

ある2組の親子(アンソニー・ブラウンの本によくあるように顔はゴリラです)の一日のある出来事を4人の視点から描いた絵本。同じことを経験したのに、それぞれ感じ方はこんなに違うのですね。絵の雰囲気や文字を変えることでそれがよく表されています。表紙の絵を見ると季節は秋なのかなと思ったのですが、じっくり絵を見るとそれぞれの感じ方で季節まで違って表現されているようなのです。ひとつの絵の中ですら、登場人物のいる場所によって季節が描き分けられています。

イラストは隠し絵がいっぱいでほんとに楽しいです。影や木の形をはじめ、細部にわたって楽しめる工夫がいっぱいです。今日すでに5回眺めましたが、その都度新しい発見がありました!

文章的には(わたしは洋書しか読んでませんが)小学低学年向けの絵本かと思いますが、示唆や芸術性に富み、大人にもお薦めの絵本です。

(ペーパーバック版の洋書絵本だと今、円高なので、857円でした。洋書絵本は頻繁に値段が変わるので、気をつけないといけませんが、絵を楽しめればよいというのであればかなりお得です。英語も中3くらいで理解できる英語だと思います。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 卒業前の子供たちに読む絵本・・・ | トップページ | 星野道夫氏のTV番組案内 »

絵本」カテゴリの記事

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

中高生向け」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

・洋書絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Voices in the Park"『こうえんで・・・4つのお話』:

« 卒業前の子供たちに読む絵本・・・ | トップページ | 星野道夫氏のTV番組案内 »