« 英語絵本44冊分 | トップページ | 『はらぺこあおむし』 »

2009年3月15日 (日)

『ロバのシルベスターとまほうの小石』

前回紹介したThe Hutchinson Treasury of Stories to Read Aloud (Treasury)に掲載されていたので、原作の英語版で読んだあと久々に本棚から出して読んでみました。長男が6歳半の時童話館から配本されて、よく読み聞かせた絵本です。

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋) Book ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)

著者:ウィリアム スタイグ
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロバのシルベスターの趣味は変わった石を集めること。ある日、赤くてビー玉のような石を拾いました。その石に触れたまま、願い事をつぶやくと願い事がかなうことを発見します。帰り道、何を願おうかと思いつつ野原を歩いていると、運悪くライオンに出遭い、思わず「岩になりたい」と願ってしまいます。岩になってしまったシルベスターはそばに転がっている魔法の石を再び触ることもできず・・・。シルベスターの両親は必死に息子を探しますが、まさか息子が岩になっているとは思わず、シルベスターは行方不明のまま季節が過ぎていきます・・・。

両親がすぐそばにいるのに、岩になってしまったシルベスターには自分が岩になっていることを知らせる術がありません。シルベスターは再び両親と会うことができるのか、ハラハラドキドキの連続です。そして、家族愛の深さにも触れられて、とても読後感のいい絵本です。少し長いですが、小学低学年・中学年あたりのおはなし会にもお薦めです。(1970年コールデコット賞受賞絵本。また、うちにあるのは『ロバのシルベスターとまほうのこいし』ですが、その後改定されて『・・・とまほうの小石』と漢字表記になりました。)

英語版はこちら↓

Sylvester and the Magic Pebble (Aladdin Picture Books) Book Sylvester and the Magic Pebble (Aladdin Picture Books)

著者:William Steig
販売元:Aladdin Paperbacks
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(YL 3,5くらい 1,404語)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 英語絵本44冊分 | トップページ | 『はらぺこあおむし』 »

絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

・洋書絵本」カテゴリの記事

コメント

この絵本も大好き♪ 特に最後のページ、ソファーで家族3人抱き合っているところが、一番好きです!
ウチには『ロバのシルベスターとまほうの小石』(漢字表記)の方があります。原画の色合いをできるかぎり忠実に再現するために校正されたそうです。
応援クリックでも足跡残していきますネ!

投稿: なずな | 2009年3月17日 (火) 18時00分

なずなさん、こんばんは。
応援クリックありがとうございます!

とても温かい気持ちになれる絵本ですよね。
多くの親子に読んでほしいなと思います。

改定されたのにはちゃんと理由があったのですね。
なるほど~。

投稿: めーべる | 2009年3月17日 (火) 21時26分

こんばんは~☆
大好きな絵本ですが、一つだけ気になっているところがあります。
最後のページで、シルベスターがロバにもどる場面ですが、お父さんとお母さんがシルベスターの事を思いながら会話をしている時に、絵はすでに、シルベスターがロバに戻っているでしょう!
そこが、どうしても腑に落ちなくて、私はその部分はあえて、前のページに文をつけて読んでいました。
そして、最後のページはロバに戻った瞬間に開くようにしていました。
以前私流のこだわりの絵本の読み方でブログの記事にした事があります。(http://baniyan.jugem.jp/?eid=45
めーべるさんはどう、思われますか?

投稿: ナン | 2009年3月17日 (火) 23時59分

ナンさん、こんにちは。
ブログ記事拝見しました。
なるほどーと思いました。たしかにナンさんの読み方の方が、楽しめますよね。
おはなし会にお薦めと書きましたが、わたしは実際にこの絵本をおはなし会で読んだ経験はなくて、話の展開を知っているわが子に繰り返し読んで楽しんでいたのだけなので、そういう視点は抜け落ちていました。
改めてこの本をもう一度みてみると、最初の方でシルベスターがライオンに出遭い岩になりたいと願う場面も問題アリかもしれませんね。
紙芝居と違って、絵本の場合、見開き2ページに1シーンの絵とは限らないので、気にしだすと白紙で隠すとか工夫した方がよい絵本もわりとあるのかもしれませんね・・・。

投稿: めーべる | 2009年3月19日 (木) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ロバのシルベスターとまほうの小石』:

« 英語絵本44冊分 | トップページ | 『はらぺこあおむし』 »