« 『うんがにおちたうし』 | トップページ | きむらゆういち氏の自伝的子育てエッセイ »

2009年1月12日 (月)

写真絵本『きらきら』

少し前に新聞で紹介されていたので、図書館で借りてきました。雪の結晶の写真絵本です。

きらきら  /谷川俊太郎/文 吉田六郎/写真 [本] きらきら /谷川俊太郎/文 吉田六郎/写真 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

文句なくその美しさに魅了されました。ひとつとして同じものがない雪の結晶顕微鏡撮影したものです。自然の作り出す形の美しさ、光の当たり具合によって微妙に変わるその輝き・・・、その神秘さに心が洗われる思いがしました。美しい雪の結晶の写真から生み出された谷川俊太郎氏の言葉もとても素敵です。ずっと繰り返し眺めていたいと感じる絵本です。

子供は雪のひとつひとつがこんな綺麗な形をしていると知ったらびっくりでしょうね! 幼児から大人までお薦めの絵本です。お話会などでも年齢に関係なく読める絵本なのではないでしょうか。価格も手ごろ(本体価格1,000円)だし、プレゼントにもよいかと思います。

撮影された吉田六郎氏(科学映画監督・写真家 1919~1995年)は、雪の結晶の仕組みを世界で最初に解き明かした中谷宇吉郎なかや・うきちろう博士との出会いにより、雪の美しさのとりこになり、生涯をかけて雪の結晶の撮影に取り組まれたそうです。この本の写真も全て、大雪山のふもとに降った雪をひとひらひとひら受けとめ、凍えるような寒さの中で顕微鏡撮影されたものだそうです。

同時にCDブック↓も発売されているようです。(追記:CDブックの方を買い求めたのですが、雪をテーマにした曲(歌付き)が6曲と、この「きらきら」の谷川さんの詩に曲をつけたもの1曲とその伴奏のみ1曲の計8曲が入ってました。わたしは歌付きとは思っていなかったので、ちょっとがっかり。でも小さいお子さんと楽しむなら、歌つきのCDも悪くないですね。写真絵本の中身は同じなのですが、アフィリの画像からも判るように表紙画像は違います。)

きらきら Book きらきら

著者:吉田 六郎,谷川 俊太郎
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また、同じく雪の美しさに魅せられたウィルソン・ベントレーの生涯を描いた絵本『雪の写真家 ベントレー』について07年2月に記事を書いています。興味があればぜひお読みください。過去記事『雪の写真家 ベントレー』へ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『うんがにおちたうし』 | トップページ | きむらゆういち氏の自伝的子育てエッセイ »

・写真絵本」カテゴリの記事

・冬の絵本」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/27034246

この記事へのトラックバック一覧です: 写真絵本『きらきら』:

« 『うんがにおちたうし』 | トップページ | きむらゆういち氏の自伝的子育てエッセイ »