« 『LaQラキュー大百科』 | トップページ | 茂田井武生誕100年 »

2008年10月25日 (土)

『タラがだいはっせいしたら 』

書店で目に留まった絵本です。面白かったので、メモ代わりに載せておきます。

タラがだいはっせいしたら Book タラがだいはっせいしたら

著者:北島 光茂
販売元:くもん出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容紹介(立ち読みしただけなので、Amazonに掲載されているものの引用です(^^ゞ)
小さい頃から、ぼくのお母さんはなにかあるたびに、『○○しタラ』『○○だっタラ』とばかり言う。ところが10歳の誕生日、ぼくのおなかに溜まった『タラ』たちが、ついにおなかを飛び出してしまって・・・。作者は当時小学4年生。子供ならではの視点と、ユーモアあふれるストーリーに、『ちゃいますちゃいます』(教育画劇刊)などで人気上昇中の画家・大橋重信氏が絵をつけました。子ども創作コンクール2007年日本児童文学者協会賞受賞作品。

母親としてはついつい「○○したら ・・・してあげる」的なことは言ってしまいますよねえ(笑)。出産前は「元気に生まれてくれさえすれば・・・」というようなことを思っていたのにねえ。日々の暮らしの中では(子どものことに限らないけど)欲やら不満やらが出てきてしまいますね・・・。反省、反省。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『LaQラキュー大百科』 | トップページ | 茂田井武生誕100年 »

絵本」カテゴリの記事

・絵本メモ」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんばんは。
お久しぶりです。
あ~ぁ、うちでもタラが大発生しちゃってますよ。
(;^_^A アセアセ・・・
この本すごく気になるので、探してみますねー

投稿: ちゃちゃまる | 2008年11月 8日 (土) 00時42分

ちゃちゃまるさん、こんにちは。
ついつい「・・・・したら」って、いっちゃいますよねえ^_^;
この作者は日常の母親との会話からこんな楽しい話を考えるなんて、すごいお子さんですね。
ぜひ読んでみてください。ちゃちゃまるさんちのお子さんの反応も楽しみです(笑)。

投稿: めーべる | 2008年11月 8日 (土) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『タラがだいはっせいしたら 』:

« 『LaQラキュー大百科』 | トップページ | 茂田井武生誕100年 »