« 桂米團治襲名披露公演 | トップページ | 『おふろやさん』 »

2008年10月10日 (金)

『なにをたべてきたの?』

先日、巨峰を食べながら思い出したのが、この絵本です。ぶた君の食べっぷりがとてもいいんですよね(笑)。

Book なにをたべてきたの

著者:岸田 衿子
販売元:佼成出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙画像はこちら↓の英語版でご覧ください

なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest) Book なにをたべてきたの? 英語版 (R.I.C Story Chest)

著者:岸田 衿子
販売元:アールアイシー出版販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

食いしん坊の白ぶたくんが、「どこへいくの?」と友達に聞かれると何かを食べに行くところだと答えます。しろぶたくんは、りんごを食べると少しからだが赤く染まり、少し体も大きくなります。でもまだおなかはいっぱいになりません。次々に、レモン、メロン、ぶどうを食べに行き、その色に染まりつつ、少しずつ大きくなっていくのですが、まだおなかはいっぱいになりません。しろぶたくんが次に食べたのは、ぴかぴかのせっけん。「ふわーっ! ぷくん ぷくん せっけんが おなかの なかで いたずら するう!」・・・・やがて、ぶた君の体の中から綺麗な色の大きなしゃぼん玉が出て行って・・・・。

当時2歳半の長男に童話館から配本された絵本なのですが、おいしそうなくだものの絵に表情豊かなぶた君の顔、特にせっけんがおなかの中でいたずらしている時の場面が大好きで、何度読まされたかわからないほどお気に入りの絵本でした。

岸田衿子さんの文章もリズムがあって読みやすく、よく練られているなと思います。絵もシンプルで大きくて見やすくて、幼児向けのお話会にも向いている絵本だと思います。

ところで、昨日、「魚が焼けているか、(オーブンを)見て」と長男(高校生)に言ったら、「やけたかな? まあだまだ」とつぶやきながら、中を覗き込んでいました。「このフレーズどこかで聞いたよな?」と思ってちょっと考えていたら、 『しろくまちゃんのほっとけーき』の中のフレーズでした。小さい頃にいっぱい読んであげた絵本のフレーズが、10数年経ってもふと息子たちの口から漏れることがあり、嬉しいひと時です。(以前に『しろくまちゃんのほっとけーき』について書いた記事はこちら。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 桂米團治襲名披露公演 | トップページ | 『おふろやさん』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

・お気に入り絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

・幼児絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・食べ物が出てくる絵本」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『なにをたべてきたの?』:

« 桂米團治襲名披露公演 | トップページ | 『おふろやさん』 »