« 『メアリー・アリスいまなんじ?』 | トップページ | 『絵本アンネ・フランク』 »

2008年6月10日 (火)

『給食番長』

4日のラジオ番組(NHK「ラジオビタミン」)で、今大人気の絵本ということで作者をゲストに取り上げられていた絵本です。検索してみたら、表紙の絵がなんともキョーレツなんですよ。(ブログにメモ代わりに載せておこうと思いつつ、1週間も経ってしまいました・・・

給食番長 (cub label) Book 給食番長 (cub label)

著者:よしなが こうたく
販売元:長崎出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネット書店などのカスタマーレビューなどを見てもその人気ぶりがわかります。あるカスタマーレビューには「作る側の給食のおばちゃんと、食べる側の番長&その仲間たちとの 迫力ある大攻防が画面せましと展開され、ハラハラドキドキの連続。」と書かれていました。 内容的には食育の絵本ということですが、博多弁も楽しく(標準語と両方で書かれているらしい)、子供と大人の心をしっかり捉えた絵本のようです。ぜひ読んでみたいです。

ところで、ラジオ番組の中で、「今は『給食のおばちゃん』ではなく、『給食の先生』といいます」というようなクレームのメール?が読まれていましたが、わたしが小学生の時は給食のおばちゃんってとても親しみをこめて読んでいましたけどねえ。いつから「おばちゃん」じゃなく「先生」と呼ばなければいけなくなったんでしょうか? 息子たちの小学校でも学校の中にいる人は全て「先生」でしたもんねえ。給食の先生、栄養士の先生、事務の先生など・・・・。「おばちゃん」がいけないのなら、調理員さん、栄養士さん、事務員さんでいい(さん付けが不自然なら「事務の方」とか)と思うのですが・・・・、そういう言い方(職業)は学校の先生は「格」が低いとでも思っているのでしょうか? いろんな職業の名前に小さいときから触れておくのも大切なことだと思うのですが・・・。ちなみに中学に入ると、「給食の先生」と言う言い方はしなくなるようですが・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『メアリー・アリスいまなんじ?』 | トップページ | 『絵本アンネ・フランク』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

・絵本メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『給食番長』:

« 『メアリー・アリスいまなんじ?』 | トップページ | 『絵本アンネ・フランク』 »