« 『おかあさんだいすき』 "ASK MR.BEAR" | トップページ | オトナにもお薦めの絵本 »

2008年5月23日 (金)

『ぼくがラーメンたべてるとき』

第13回絵本賞受賞作品ということもあり、評判の絵本。読んでみたくて図書館で予約をかけてもちっとも順番が回ってこない・・・と思っていたら先日書店で出合い、立ち読み^_^;することができました。

ぼくがラーメンたべてるとき Book ぼくがラーメンたべてるとき

著者:長谷川 義史
販売元:教育画劇
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ぼくがラーメンを食べている時、となりのミケがあくびをした。となりのミケがあくびをしたとき・・・・と 隣の町、隣の国、もっとむこうの国と、地球の上で同じ瞬間に起こっていることがどんどん繋がっていきます。

ぼくがラーメンを食べているとき、食べ物がなくておなかを減らしている子供もいれば、戦争に巻き込まれている子供もいるわけで・・・・。何気ない日常を描きながら世界に目を向けさせてくれる絵本だと感じました。いつもの長谷川さんの絵本には見られない色彩のページもあってちょっと衝撃も受けました。(詳しくはAmazonのサイトで出版社のコメントなどをお読みください。)

文字は少ないのですが、描かれている絵から状況を判断できるのは、小学校中・高学年あたりからでしょうか? 幼稚園くらいの小さいお子さんにはあまり向いていないように思います。家庭で読むというよりは、限られた時間の中で読まないといけない小学校高学年での読み聞かせなどに向いている本かもしれません。中学生以上の方にもお薦めです。

☆左サイドにブログパーツとしてつけているクリック募金にご協力を!(クリックで救える命があります。)一企業一日一人1クリックで、企業があなたに変わって1円を寄付してくれます。(今日現在13企業が参加しているので、あなたのクリックで一日13円の寄付が可能です。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『おかあさんだいすき』 "ASK MR.BEAR" | トップページ | オトナにもお薦めの絵本 »

絵本」カテゴリの記事

・メッセージ(絵)本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

・戦争を伝える/平和を考える本」カテゴリの記事

中高生向け」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくがラーメンたべてるとき』:

« 『おかあさんだいすき』 "ASK MR.BEAR" | トップページ | オトナにもお薦めの絵本 »