« 『めで あるく』 | トップページ | 『海外の絵本作家たち』 »

2008年3月 9日 (日)

『たいせつなこと』

春は旅立ちのシーズンですね。必ずしも自分の思い通りのスタートではないかもしれないけれど、新しい一歩を踏み出す時。そんなときに読んでみるといいかもしれません。中高生や大人にお薦めの絵本です。

たいせつなこと (ほんやく絵本) Book たいせつなこと (ほんやく絵本)

著者:レナード ワイスガード,マーガレット・ワイズ ブラウン うちだややこ
販売元:フレーベル館        
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グラスにとって たいせつなのは むこうがわが すけてみえること ・・・・・ひなぎくにとって たいせつなのは しろく あること ・・・・・ りんごにとって たいせつなのは ・・・・・あなたにとってたいせつなのは・・・・。

静かに美しくなにが大切なのかを語りかけてくる絵本。読んでいると気持ちが穏やかになります。

これも高学年以上の読み聞かせなどにもいいかもしれません。ただし、押し付けがましくならないように、組み合わせる絵本に注意!かな・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『めで あるく』 | トップページ | 『海外の絵本作家たち』 »

絵本」カテゴリの記事

・メッセージ(絵)本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

中高生向け」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『たいせつなこと』:

« 『めで あるく』 | トップページ | 『海外の絵本作家たち』 »