« 『視覚ミステリーえほん』 | トップページ | 『めで あるく』 »

2008年3月 3日 (月)

電話が出てくる絵本

今日3月3日は電話を発明したグラハム・ベルの誕生日なのだそうです。電話が出てくる絵本は・・・と考えてみると2冊思い出しました。

あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1) Book あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1)

著者:北山 葉子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  以前の記事へ。

Book メアリー・アリス いまなんじ?

著者:ジェームズ マーシャル,ジェフリー アレン
販売元:童話館
Amazon.co.jpで詳細を確認する   

(読んであげるなら:およそ6歳くらいから)

あひるのメアリー・アリスは電話サービス会社の時報係。いつもきびきびと「ピッ ピッ ポーン」と時報を知らせて町の人気者。ところがある日風邪を引いてしまい、社長からは「大した仕事でもないし、代わりを探すから安心して」といわれ、がっくりきてしまいます・・・。

自分の仕事に誇りを持ち、周りの人からも信頼されるってとても素敵なことですね。とても読後感のいい絵本です。

皆さんおすすめの電話がメインに出てくる絵本はありますか? よかったらコメントやTBなどでお知らせください。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『視覚ミステリーえほん』 | トップページ | 『めで あるく』 »

絵本」カテゴリの記事

・お気に入り絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

コメント

へえ~~、ベルの誕生日なんですか。
それは知りませんでした。

「メアリー・アリスいまなんじ?」は、かかりつけの耳鼻科に置いてあるんですよ。ここ、童話館の配本サービスをやっているみたいで。
娘もこの本が大好きで、待合の間よく読まされるんですよね。
私が思いつく電話の絵本は、松谷みよ子さんの「もしもしおでんわ」かなあ。

投稿: まつりか | 2008年3月 5日 (水) 00時56分

まつりかさん、こんにちは。
3日にGOOGLEで検索しようとしたら、イラストが付いていて、なんだろう?と思ったらグラハム・ベルの絵だったのです。

『もしもしおでんわ』、知らなかったので調べてみました。
http://www.bk1.jp/product/01231649
いわさきちひろの愛らしい絵ですね。黒電話が懐かしい(笑)。

『メアリーアリス・・・』はうちの息子たちも好きでよく読まされました。読んでいるうちにわたしまで楽しい気分になったものでした。
ケータイや電波時計が普及して、電話で時報を聞くと言うこともめったにないかなと思いますが、多くの子供に読んでもらいたい絵本です。


投稿: めーべる | 2008年3月 5日 (水) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電話が出てくる絵本:

« 『視覚ミステリーえほん』 | トップページ | 『めで あるく』 »