« 『ホネホネたんけんたい』 | トップページ | 『まさかさかさま』 »

2008年2月26日 (火)

『光の旅 かげの旅』

久しぶりに「見て楽しむ絵本」を紹介します。

Book 光の旅 かげの旅

著者:アン・ジョナス,内海 まお
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  表紙の画像は洋書で↓

Round Trip Book Round Trip

著者:Ann Jonas
販売元:Greenwillow
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Round Trip Book Round Trip       

著者:Ann Jonas   (ペーパーバック)
販売元:Mulberry Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白黒のシルエットだけで描かれた絵本。
明け方、みえない誰かが森のそばの家を出発しようとしている。太陽が昇り明るくなった頃、人通りのない町を抜け、麦畑や山の中を通り、高速道路に入り、海岸に沿って走り、町へ着いた。映画を見て高いビルに上って下を見下ろすと太陽も沈むところ。本のページも最後となり、旅も終わりかと思えば、「本をさかさまにしてごらん!」。そして、本をさかさまにすれば、突然暗くなった街に灯がともり、わが家へ戻る旅へ・・・。

本を上下さかさまにすれば、今までと風景が変わってしまう視覚のおもしろさ! 1枚の絵が上下さかさまで絵が別の絵として成り立つだけでもすごいのに、この絵本は全ての絵が上下さかさまでストーリーとして成り立つのですから、びっくりです。

絵本としては白黒だけだしストーリーも淡々としたものでとても地味なのですが、トリックアートの面白さを体験するにはもってこいの絵本だと思います。遠目も効く(かえって離れてみた方がわかりやすいかも)ので、高学年や中学生向けの読み聞かせやブックトークなどに使ってみるのもいいかもしれません。

(「童話館ぶっくくらぶの配本」のカテゴリーに入れていますが、童話館の2000年の春のパンフレットで紹介され、通常の配本とは別に購入した絵本です。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ホネホネたんけんたい』 | トップページ | 『まさかさかさま』 »

絵本」カテゴリの記事

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

中高生向け」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

・洋書絵本」カテゴリの記事

コメント

面白そうな絵本ですね!!
是非見てみたいです(^^)
図書館にないか検索してみます!

投稿: 杏&文’sママ | 2008年2月26日 (火) 18時55分

杏&文’sママさん、こんばんは。
初めて読んだ時は衝撃の絵本でしたよ。
わりと有名な絵本なので図書館にはたぶんあると思います。ぜひ読んでみてください。

投稿: めーべる | 2008年2月26日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『光の旅 かげの旅』:

« 『ホネホネたんけんたい』 | トップページ | 『まさかさかさま』 »