« 古代文字学者・白川静氏の番組 | トップページ | 日本のワニの絵本あれこれ »

2008年2月 7日 (木)

海外のワニの絵本あれこれ

<HPからの移行作業>

ぼくの水たまりバケツ Book ぼくの水たまりバケツ

著者:エリサ クレヴェン
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワニの兄弟のお話。にいさんのソルは、ものを集めるのが大好き。今日もバケツにいろんなものを集めました。でも、おとうとのエルンストはちょっと変わっていて普通のものは集めたくないのです。エルンストが集めたものは・・・。

カラフルでとてもかわいい絵です。小さな動物もいっぱい描かれていて、隅々まで絵が楽しめますよ。

■『おやすみ、わにのキラキラくん』 カズコ・ストーン さく/いぬいゆみこ やく/福音館書店

表紙の画像はAmazonへ。

わにのアリゲーがハンモックにはいって空を見上げていました。星をつないで遊んでいるうちに、わにになりました。「キラキラくん」と名前をつけてあげると・・・・。

月の光がとってもキレイで、そのしたに広がる幻想的な風景にうっとり・・・。アリゲーくんのような星遊び、誰でも一度はやったことがあるのでは? 星空を見上げてみたくなる一冊です。

■『ぶらんこのすきなワニくん』 エミーリオ・ウルベルアーガ/絵 カトリン・キッス/文 那須田淳/訳  講談社

表紙の画像はAmazonへ。
 
ワニはブランコに乗るのが何より好き。一人ぼっちの公園で一晩中、ゆらり ゆらゆら。
本当は昼間の公園で子供と一緒に遊びたいのですが、子供たちを脅かしたくはなかったのです。ある日、女の子が公園でワニの足跡を見つけます・・・・。

   

わにくん Book わにくん

著者:ペーター・ニクル
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ビネッテ=シュレーダー/絵 やがわ すみこ/訳  

ナイルの河岸に住むワニが、偶然耳にしたパリにあるワニの店を目指します。舟にに乗り、汽車に乗り、やっとたどり着いたワニの店は、ワニのための店ではなく、鰐皮製品を売っている店でした。怒り狂ったワニは・・・・。

美しいけれど、ちょっと不気味な絵本です。鰐皮製品とされてしまったワニ君たちの怒りの代弁といったところなのでしょうか。

☆今日、カウンターが44444を超えました♪

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 古代文字学者・白川静氏の番組 | トップページ | 日本のワニの絵本あれこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

・ワニの絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外のワニの絵本あれこれ:

« 古代文字学者・白川静氏の番組 | トップページ | 日本のワニの絵本あれこれ »