« 『まさかさかさま』 | トップページ | 電話が出てくる絵本 »

2008年2月28日 (木)

『視覚ミステリーえほん』

もう一冊、視覚の面白さを楽しむ「見て楽しむ絵本」を紹介します。

視覚ミステリーえほん Book 視覚ミステリーえほん

著者:ウォルター ウィック 訳:林田 康一

販売元:あすなろ書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページをめくりながら、「えーっ、どうして??」の連続です。不思議な写真が13。本の上下をさかさまにするだけで、へっこんでいたものがもりあがって見えたり、見えていなかった動物が見えてきたり…。不思議な柱もCGでならわけもないのかもしれないけれど、実物を実際に写真に撮って作っているところがすごいです! 最後には種明かしも載っているけれど、理屈がわかってもやっぱり不思議。繰り返し繰り返し、錯覚の世界を楽しめます。幼稚園くらいの子供から大人まで年齢に関係なく楽しめる絵本。親子で盛り上がれます。(以前bk1に投稿した書評から)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『まさかさかさま』 | トップページ | 電話が出てくる絵本 »

絵本」カテゴリの記事

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

・写真絵本」カテゴリの記事

中高生向け」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『視覚ミステリーえほん』:

« 『まさかさかさま』 | トップページ | 電話が出てくる絵本 »