« 日本のワニの絵本あれこれ | トップページ | 楽しいワニの児童書 »

2008年2月10日 (日)

『絵本 ワニのオーケストラ入門』

<HPからの移行作業>

■『絵本 ワニのオーケストラ入門』 ドナルド・エリオット/文 クリントン・アロウッド/絵 芥川也寸志 石井史子/訳 岩波書店

   表紙の画像は岩波書店のページでご覧になれます。

オーケストラに出てくる楽器の絵に,ちょっと変わっていて楽しくて、かつ、楽器の音の性質やその役割などが書いた解説が付いています。(その楽器の演奏者の自己主張というかホンネも書かれていて、楽器をかじったことがある人なら、ちょっとニヤッとしてしまいます。)

実はその楽器の絵というのは、ワニが昔のヨーロッパの貴族の装いで演奏しているところが描かれているんです。最初はちょっと戸惑いましたが、でもとてもさまになっています。音楽が好きな、オーケストラにちょっと興味のある、大人とこどものための絵本。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 日本のワニの絵本あれこれ | トップページ | 楽しいワニの児童書 »

絵本」カテゴリの記事

・ワニの絵本」カテゴリの記事

・楽器が出てくる絵本」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『絵本 ワニのオーケストラ入門』:

« 日本のワニの絵本あれこれ | トップページ | 楽しいワニの児童書 »