« カードゲーム「ととあわせ江戸前」 | トップページ | 「おやすみ前の絵本」2004年1月分 »

2007年12月 8日 (土)

『14歳からの政治2』

最近読んだ本をメモっておきます。中学生以上の方にオススメ。

14歳からの政治 2 Book 14歳からの政治 2

著者:浅古 瑞紀/柳田 隆太/渡部 謙太郎
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

普通の中学生3人が政治家7人にインタビュー。14歳が抱く日本の政治の「?」に政治家が親切にわかりやすく解答。マスコミのインタビューなどでは語られない面に触れられていて、とても新鮮だった。(7人の政治家や内容はAmazonのサイトでご覧ください。)

印象に残ったのは、猪口邦子衆議院議員へのインタビュー。外交に100%の勝利はない。交渉は相手の譲れない部分(レッドライン)を知ればほぼ成功。自分が物事をまとめて前に進めるためには、少しは譲るということが大事(絶対に妥協したくない人は交渉者としては失格)。相手に6か7譲らせて、自分は3か4を譲る。これが交渉を成立させる秘訣。また譲ったことへの世間の批判に耐える強さも持っていないと政治家にはなれない。・・・政治家でなくともこの交渉術はとても役に立ちそう。(また意見などを発信し続けて世間の認識を得る「認識形成」という言葉も( ..)φメモメモ)

このシリーズの1作目も参考までに。

14歳からの政治 Book 14歳からの政治

著者:長谷部 尚子
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« カードゲーム「ととあわせ江戸前」 | トップページ | 「おやすみ前の絵本」2004年1月分 »

中高生向け」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/9294651

この記事へのトラックバック一覧です: 『14歳からの政治2』:

« カードゲーム「ととあわせ江戸前」 | トップページ | 「おやすみ前の絵本」2004年1月分 »