« 絵本作家・荒井良二氏出演番組再放送のお知らせ | トップページ | 『さむがりやのサンタ』 »

2007年12月19日 (水)

我が家のロングランおもちゃ・LaQ

今日は我が家のロングランおもちゃであるラキューというブロックをご紹介します。クリスマスやお年玉代わりのプレゼント選びなどの参考になさってください。

LaQ ベーシック3(650PCS) Toy LaQ ベーシック3(650PCS)

販売元:ヨシリツ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Laq0512mkn ラキューの特長は、左のみかんのように球体のような作品も作れるというところでしょうか。

0604yoko1s こちらは次男が5年生の時(昨年)つくった「自転車とリアカー」。ラキューの芸術祭に応募し、入賞した作品です。

幼稚園のころにはただ適当につなげているといった作品が多かった次男ですが、小学生になってからはかなり凝った作品を作るようになりました。我が家にラキューがやってきたのは、長男が4,5歳の頃、約10年前ですが、今でも時々次男はなにやら作っております。これだけ長く遊んでくれれば、ホントお値打ちもののおもちゃです。

楽しく遊んで、頭も鍛えられて(たぶん・・・)いいんじゃないでしょうか。こういうブロックは最初から上手に遊ぶことができないことが多いので、オトナが一緒に遊ぶというか横で何か作って見せるのが楽しく遊べるようになるポイントかな、と思います。

ラキューのサイトでは、LaQ芸術祭のページでたくさんのすばらしい作品がご覧になれます。大人の作品も多いですよ。ちなみに2006年のグランドチャンピオンの作品は見事なお雛様でした。ブロックでお雛様が作れるなんて、びっくり。

また、一昨年の次男へのクリスマスプレゼントに届いたラキューで作った作品やその様子をわたしのもうひとつのブログに載せていますので、よかったらこちらからご覧ください。

車などを作るときには、ハマクロンキットが大活躍です。

LaQ ハマクロンキット Toy LaQ ハマクロンキット

販売元:ヨシリツ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑のみかんはパステルバージョンのラキューで作りました。

LaQ フリースタイルパステル Toy LaQ フリースタイルパステル

販売元:ヨシリツ
発売日:2005/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

体験パックもあります。

LaQ 体験パック平面(60PCS) Toy LaQ 体験パック平面(60PCS)

販売元:ヨシリツ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

LaQ 体験パック立体(85PCS) Toy LaQ 体験パック立体(85PCS)

販売元:ヨシリツ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつの間にか公式ガイドブックなるものが出ていました。

LaQ大百科―公式ガイドブック (別冊パズラー) (別冊パズラー) Book LaQ大百科―公式ガイドブック (別冊パズラー) (別冊パズラー)

販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介しているものに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 絵本作家・荒井良二氏出演番組再放送のお知らせ | トップページ | 『さむがりやのサンタ』 »

育児」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

おもちゃ類」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんばんは。

こちらのリアカーもカボチャの馬車も独創性がありますよね~♪

レゴが大好きだった娘に子どもが生まれたら、絶対にラキューを買ってあげたいと思います(^_^)v
いつになるかしら…(^m^)

投稿: はっぴぃマザー | 2007年12月23日 (日) 23時10分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
リアカーは次男のオリジナルですが、かぼちゃの馬車はパステルカラーのラキューに作り方が書いてあったようです。

ラキューはパーツが小さいので、遊べるようになるには3歳くらいになってからでしょうか。
ちょっと先だけど、お孫さんが生まれたら長く遊べるおもちゃを買ってあげてくださいね(^^)

このラキュー、指先も頭も使うので、お年寄りにも向いているようにも思います。
大人も子供もラキューで一家団欒(^^)v

投稿: めーべる | 2007年12月23日 (日) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のロングランおもちゃ・LaQ:

« 絵本作家・荒井良二氏出演番組再放送のお知らせ | トップページ | 『さむがりやのサンタ』 »