« O(オー)じいさんのチェロ | トップページ | 「おやすみ前の絵本」発掘中 »

2007年8月17日 (金)

『たこやはちべえ りゅうぐうのたび』

再びスズキコージさんの絵本を紹介します。話の舞台は海の中ということで夏に紹介するのにいいかな・・・と、HPで「関西弁の絵本」として紹介しているものをこちらにも掲載します。

たこやはちべえりゅうぐうのたび Book たこやはちべえりゅうぐうのたび

著者:さねとう あきら,スズキ コージ
販売元:教育画劇 (日本の民話えほん)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

船の上から落とした財布を探すため、はちべえは長崎で買ったきたギヤマンのつぼに入り、海の中へ。気が付けば竜宮上の前。「たろうはん、よう おもどりやした」と乙姫様。これはしめたと、にせ浦島に成りすましていると、髪の白くなった本物の浦島太郎がやってきて・・・・。はちべえ、逃げる逃げる。やっとのことで大きな島に這い上がったと思ったら・・・クジラの上。クジラの潮吹きで飛ばされたところが・・・現代の大阪!

民話と言うことだけれど、かなり作者に脚色されているのかな、まるで落語のような話。関西弁もいい味を出しています。逃げながらも、大ぶりのサンゴの枝を持ち帰ろうとするあたり、いかにもがめつい大阪の商人?・・・。スズキコージさんの絵も色鉛筆(?)で描かれているせいか、他の作品よりやわらかい感じがします。スズキさんの絵が苦手という方にもとっつきやすいのではないでしょうか。

道頓堀の食いだおれの人形やグリコの看板も登場し、関西出身としては嬉しい絵本です。とにかく楽しくて、かなり笑えると思いますよ~。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« O(オー)じいさんのチェロ | トップページ | 「おやすみ前の絵本」発掘中 »

絵本」カテゴリの記事

・関西弁の絵本」カテゴリの記事

・昔話」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんばんは!
「たこやはちべえ りゅうぐうのたび」
面白そうですね。
浦島太郎の脚色で大阪弁というところ、
ぜひ、読んでみたいです。
それから、スズキコージさんの原画展
9月に三島に来るらしいです。
来月行ってこようと思いま~す^^

投稿: ちゃちゃまる | 2007年8月19日 (日) 22時45分

ちゃちゃまるさん、こんばんは。
浦島太郎が出てくるだけでもヘンなのに、関西弁ですものねえ・・・。
ぜひ読んでみてくださいね。

三島でのスズキコージ展、楽しみですね!
またブログでご報告くださいね(^^)

投稿: めーべる | 2007年8月19日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『たこやはちべえ りゅうぐうのたび』:

« O(オー)じいさんのチェロ | トップページ | 「おやすみ前の絵本」発掘中 »