« ほねの絵本 | トップページ | ブログをいじってみました~。 »

2007年4月27日 (金)

懐かしの「パンのマーチ」と『せかいのひとびと』

昨日の午後、テレビをザッピングしつつ見ていたら、NHK「みんなのうた」で子供のころ放送されていた「♪むーかし、パンを焼いたのは6000年も前のこと、小麦を粉にして・・・・、エジプトの母さんたちが焼ーきあげた・・・」という懐かしい歌がちょっと古めかしいアニメーションとともに流れてきてビックリ! タイトルも思い出せなかったけれど、息子たちに以前「ムカシの’みんなの歌’ってどんなのがあった?」と聞かれて口に出てきたのがこの歌で、もう一度聞きたいとずっと思っていたので、感激してしまいました。

歌のタイトルは「パンのマーチ」でペギー葉山と東京少年少女合唱隊が歌っていたのでした。初回放送は1969年12月・1970年1月でした。(あぁ、年がばれますね(笑)。)5月まで放送するようなので、もう一度しっかり聞いてみたいです。

この歌の中でも、世界のパンがいくつか紹介されていたのですが、そんな映像を見ながらふとこの絵本を思い出しました。

Book せかいのひとびと

著者:ピーター・スピアー,松川 真弓
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

   表紙の画像は洋書で↓

People Book People

著者:Peter Spier
販売元:Doubleday
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この絵本の中にはいったいどれだけの人が描かれているでしょうか? 数千人、いやもっとでしょうね。世界にはたくさんの人が住んでいて、共通点とともに、顔立ちも服装も食べ物も家も言葉や文字も実に様々で、また好みも人によって違うということを多くの例を挙げながら描いています。子供にも大人にも小さな発見がいっぱいある絵本だと思います。子供のうちから世界にはいろんな人々が暮らしていると、知っておくことは大切なことではないでしょうか。

ある人たちは 自分と ちがっている というだけで よその人たちを きらう。そんなことって おかしいよ。その人たちは 自分たちだって ほかの人から 見れば ちがっているって  ことを わすれているんだ。

だれもが 思っていることも 食べることも 着るものも なんでも ぜんぶ 同じだったら死ぬほど たいくつ。 

ほらね わたしたち みんながみんな それぞれ こんなに ちがっているって すてきでしょ。  (絵本のラスト5ページの文章を引用)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« ほねの絵本 | トップページ | ブログをいじってみました~。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・戦争を伝える/平和を考える本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)
パンのマーチ」是非聞いて見たいです!

そうですね。
いろんな人が居るっていうことを小さいうちから知っておくのは大事だと思います。
人種ということだけではなく・・・

従兄妹の家にオーストラリアからのホームステイの人が来て、日本の赤ちゃんを見たいということで、長女を連れて行ったことがあります。
でもまだ1歳になりたてくらいだったので、本人は全く覚えてないと思います。
ただその頃の長女は人見知りがひどくて、目を合わせようともしませんでした(^^;

娘たちにはいろんな世界を見て、いろんな事を感じて欲しいと思います。

投稿: 杏&文’sママ | 2007年4月27日 (金) 21時32分

杏&文’sママさん、こんにちは。
パンのマーチ、NHKのHPに放送予定が出ているので、よかったら聞いてみてくださいね。

日本人だって、外国の方だって、「みんな違ってみんないい」なんですよね。そのことを折に触れ、自然に子供たちに伝えていきたいとわたしも思っています。

投稿: めーべる | 2007年4月28日 (土) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの「パンのマーチ」と『せかいのひとびと』:

« ほねの絵本 | トップページ | ブログをいじってみました~。 »