« 『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 | トップページ | 『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』 »

2007年3月 2日 (金)

『トビウオのぼうやはびょうきです』

昨日は、第五福竜丸が太平洋ビキニ環礁でアメリカによる水爆実験で被爆して53年目に当たることから、事件を描いた『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』を紹介しました(先ほど追記を書きました)が、子供向けのものとしては、

Book トビウオのぼうやはびょうきです

著者:いぬい とみこ
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  (表紙の画像はbk1でご覧になれます。bk1の取り扱いは金の星社出版のもの)

があります。わたしは小学2年のとき、国語の教材として、担任の先生がガリ版刷り(年がばれますが^_^;)で作られたもので読みました。なので、絵は見てないように思います。話もここに紹介できるほどには思い出せないのですが、戦争を体験され、核兵器の恐ろしさをよく知っている先生がかなり力を入れて授業されたので、強烈な印象となっています。水爆の恐ろしさや、なぜ何も悪くないトビウオの坊やがこんな目に遭わなければならないのかという理不尽さを、当時小学2年生なりにしっかり感じることができたと思います。

核兵器の恐ろしさをこどもに伝える絵本として、簡単ではありますが紹介させていただきました。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 | トップページ | 『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』 »

絵本」カテゴリの記事

・メッセージ(絵)本」カテゴリの記事

・戦争を伝える/平和を考える本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も国語の授業で読んだ記憶があります。
正直なところ、第五福竜丸のこともあまり知りませんでした。
おおまかなことくらいしか・・・
核兵器の恐ろしさ、実際に体験したことのない私ですが、しっかり娘たちにも伝えて、自分でも考えていきたいと思います。
娘達がもう少し大きくなったら、一緒に読みたいと思います。

投稿: 杏&文’sママ | 2007年3月 2日 (金) 22時11分

めーべるさん、こんにちは♪
お久しぶりのコメントになってしまいました。

ブログ1周年と、2万ヒットおめでとうございます~~~☆☆☆
これからもどうぞよろしくお願いします!!

私はやっと繁忙期が終~了~しました。
なんだか浦島太郎さん状態な私ですが、
これからガンバッテ追いついていこうと思ってます^^
TBもずっと打てなかったので、まとめ打ちさせてくださいね。よろしくお願いします。

新しいテンプレも、明るく春らしくて素敵です☆
私ももうすぐ一周年、ようやく初のテンプレ替えに挑戦です♪

投稿: わかな | 2007年3月 3日 (土) 16時50分

>杏&文’sママさん、こんばんは。
国語の教科書に載っていたんですね!
わたしも第五福竜丸や核兵器のこともまだまだ知らないことがいっぱいですが、常に関心は持っていたいと思います。
親の姿勢って大事かなって思います。
お子さんたちがもう少し大きくなったら、ぜひ読んでみてくださいね。

>わかなさん、こんばんは。
お待ちしていました~。
ようやくお仕事が一段楽したんですね。
繁忙期とは思えないブログの更新でしたね!
わかなさんの絵本への情熱のすごさを感じていました。
お祝いメッセージありがとうございます。
TBもお待ちしています。
こちらからも後ほどTBさせていただきますね。

投稿: めーべる | 2007年3月 3日 (土) 20時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『トビウオのぼうやはびょうきです』:

« 『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 | トップページ | 『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』 »