« お知らせ | トップページ | 『1・2・3』 »

2007年3月14日 (水)

『森はオペラ』

図書館の新着本コーナーで見つけた写真絵本です。昨日紹介した『はるにれ』と同じ姉崎一馬氏のものです。

森はオペラ Book 森はオペラ

著者:姉崎 一馬
販売元:クレヨンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『はるにれ』は一本の木の四季を追った写真絵本でしたが、こちらはナチュラリスト・姉崎氏が日本各地の森の木と出会い、その歌を聞き、一冊の写真絵本にまとめたものです。

最後のページにキャストとして出演した木の紹介をしているところなんてニクイです。

耳を澄まして、森のオペラ、聞いてみませんか? 

ところで、図書館では『はるにれ』は子供の本で、『森はオペラ』は一般書の扱い。この違いがよくわからないなあ・・・??

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« お知らせ | トップページ | 『1・2・3』 »

絵本」カテゴリの記事

・写真絵本」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、おはようございます!
「はるにれ」は知っていましたが、こちらも良さそうですね~♪

先日、小寺卓也さんという方の講演会に行きました。死と再生をテーマにした阿寒の森が舞台の「森のいのち」という写真絵本を購入して来たばかりなんですよ。

小寺さんは、星野道夫さんに譲って頂いたカメラを使っているそうです。
私が「星野さんとのエピソードが何かありますか?」と伺ったら、「家に行ったときに誤って急須を壊したら、星野さんが『万事窮す!!』と笑わしてくれました」と、語って下さいました。

投稿: はっぴぃマザー | 2007年3月16日 (金) 09時23分

はっぴぃマザーさん、こんにちは。
『はるにれ』の木は十勝にあるんですってね。
こちら『森はオペラ』もぜひ読んでみてくださいね。

わあ、小寺さんの講演会に行かれたんですか!
『森のいのち』、図書館で借りて8月に記事にしていました。感動したんですよね。思い出しました~(^。^)
http://eehon.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_3dc6.html

星野さんとそんな繋がりをお持ちの方だったんですね。
星野さんが見たファインダーを通して小寺さんも自然を見ておられるんですね。
星野さんとの思い出話のご披露もありがとうございます。急須を壊されたのに、星野さんのお人柄が出てますね。ダジャレもお好きだったんですね(笑)。
よかったら、また講演会の内容教えてくださいね。

投稿: めーべる | 2007年3月16日 (金) 12時09分

めーべるさん、こんばんは~
「森のいのち」…8月に記事にされていたんですね~♪
講演会では、スライドも拝見しました。
この絵本の最後の青空が出てきたときに、めーべるさんを思い出しました。

小寺さんは、この絵本のような森の静けさが似合う優しく物静かに話される素朴な感じの方でした。
星野さんや教え子との突然の辛い別れを通して、限りある生命の姿を森に見たいと思ったそうです。
そして、森は見事にそれを見せてくれた…と。

4歳の長女さんを、いつもあぐらの上に乗せて読み聞かせもしている素敵なお父さんでもあるようです(*^_^*)

「1・2・3」も借りてきました。
面白いですね~♪
3コマ目のオチを想像しながら読みました。
男の子達に受けると思います(^_^)v

投稿: はっぴぃマザー | 2007年3月18日 (日) 23時20分

はっぴぃマザーさん、こんにちは。
『森のいのち』は、新聞に紹介されていたんですよね、確か。
こうして思いもかけず、小寺さんのお人柄や星野さんとのつながりや『森のいのち』を作るきっかけとなったお話など知ることができ、嬉しいです。
おまけに青空でわたしを思い浮かべていただけたなんてとても光栄です。

胡坐の上で読み聞かせですか、羨ましい光景です。

『1・2・3』、オチがなかなかでしょう?
また記事にするつもりです。

投稿: めーべる | 2007年3月19日 (月) 14時58分

こんにちは!
「森はオペラ」タイトルもイケてますね。
ぜひぜひ読んでみたいと思いました。
老人介護施設での読み聞かせで
男の方には「木」を扱ったものが人気だそうです。
自分の人生と重ねるのかなぁ。
写真絵本って、心が静かになるような感じがします。
さてさて、拙ブログで「読み聞かせすると泣いてしまう絵本」を探しています。
よろしければおいでください。
こちらにいらっしゃるお友達もぜひ。

投稿: harry | 2007年3月22日 (木) 06時37分

harryさん、こんにちは。
そうそう、この本、タイトルがまずいいですよね。
ぜひ絵本で森林浴をしてみてください。

>老人介護施設での読み聞かせで
男の方には「木」を扱ったものが人気だそうです。

へえー、そうなんですか。
今はわりとどこの老人施設でも読み聞かせされるようですね(*_*)
いろんな人生を歩んでこられた方に、読む本を選ぶのってとっても難しそうですね・・・。

お誘いありがとうございます。
泣いてしまう絵本、ちょっと思い出してみますね。


投稿: めーべる | 2007年3月23日 (金) 12時42分

この本を読みたいですね

投稿: 丸子 | 2007年3月23日 (金) 16時41分

丸子さん、はじめまして&ようこそ!
読むというよりは感じる絵本でしょうか(^^)
写真絵本の世界、ぜひ味わってみてくださいね。

投稿: めーべる | 2007年3月23日 (金) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『森はオペラ』:

« お知らせ | トップページ | 『1・2・3』 »