« 『森はオペラ』 | トップページ | 『銅版画家の仕事場』  »

2007年3月24日 (土)

『1・2・3』

ちょっと更新が滞っていましたが・・・、今日は3コマ漫画のような絵本を紹介します。ネッ友さんに「高学年の男の子向けの面白い絵本はないですか?」(塾での読み聞かせ)と質問されて思い出した絵本なのですが、女の子も大人も思わず笑ってしまう絵本です。

1(ワン)・2(ツー)・3(スリー) Book 1(ワン)・2(ツー)・3(スリー)

著者:中川 ひろたか,和田 誠
販売元:クレヨンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本の帯には「世界でいちばん短いコメディ映画のような絵本です。豪華十本立。」と書いてあります。そう、3ページでひとつの話が完結するんです(言葉はほとんどなく、絵を読む絵本です)。起承転結ならぬ「起承オチ」。ページをめくると意外な展開に、思わず笑ってしまいます。

月刊誌「クーヨン」に連載されていたものを本にまとめたからなのか、難点はオチのページと次の話の最初のページがめくったとたんに同時に見えてしまうページもあるというところ。お話会などに使われるときは、次の話のほうを白い紙などで隠しておくのもよいかもしれません。

ところで、この絵本、地元の図書館では、絵本ではなく一般書扱い。これでは子供が自分で見つけて読むことができないです、残念。子供が読んで不都合な点があるとは思えないのですが。本の分類の仕方で、本が読者に届くかどうかを左右するいい例かも・・・。

<小学校などで読み聞かせをされている方へ>  ↑でお話会に使えるというようなことを書きましたが、この絵本が学校での読み聞かせ向きかどうかはあまり自信がありません。が、こどもにウケル絵本であるとは思います。使い方次第でしょうか。

読み聞かせの導入や長いおはなし会なら気分転換にならいいのでは?と思うのですが、読書推進のための読み聞かせなら、笑える絵本ばかりでは考えもの。どうぞ選書は慎重に。そして、春休み中もいろんな絵本を読んで、ご自分のリストにストックしておいてくださいね。先日、次男(小5)が「教室にボランティアの人が読み聞かせに来てくれるのはいいんだけれど、高学年向けの本を読んでほしい。つまらない。」と言っていたのをふと思い出したものですから・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『森はオペラ』 | トップページ | 『銅版画家の仕事場』  »

・笑える(絵)本」カテゴリの記事

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)
私は自分の子供にしか読み聞かせをしてないので、子どもたちの反応が悪ければ読むのを止めたりもできますが、お話会だとそうも行かないですよね。
どんな絵本を読むか難しいでしょうね。
個人個人好みもありますしね。
最近の小学校は読み聞かせのボランティアの方が来られるのですか?
面白いですね。
私が子供の頃にはなかったような気がします。

投稿: 杏&文’sママ | 2007年3月24日 (土) 22時37分

杏&文’sママさん、こんにちは。
最近の小中学校は読書が学力を向上させるとかで、朝に読書の時間を10分ほど取っているところが多いのです。
小学校での読み聞かせも最近はブームとなっていて、母親を中心とするボランティアが教室で朝の読書の時間などに週1回程度絵本を読むところが多いようです。学校に親が出入りすることはいいことだと思うのですが、問題は読み手の質です。絵本やこどもの本にとても詳しい方から超初心者までいろいろで、心構えから選書の仕方も様々というのが実情のようで、子供の本に関わるプロの間でも問題になっているようです。
(学校の先生がもっと子供の本に関心を持ち、高学年などでは担任が長い物語を毎日少しずつ読んでくれれば一番いいんじゃないかと思うのですけれど、先生って子供の本に関心の低い方が多いんですよ・・・。)

教室での読み聞かせは聞きたくない子も聞かざるを得ないし、先生によってはお礼状を書かせたりとかえって本嫌いになる要因を作っていることもあるようなんですよ・・・(>_<)


投稿: めーべる | 2007年3月25日 (日) 16時37分

こんばんはv(^♀^)v
先日は、ブログでの画像の紹介ありがとうございました♪絵本ナビでアフィリエイトの登録をして、画像を使えるようにした方が便利なのかな〜なんてPCを見ながら、にらめっこしちゃいました。Amazonさんでもなかなか画像がないのですよねA(^♀^;)

さてさて、この絵本楽しそうですね。3コマ漫画のような絵本には沢山のお話が入っているから、私のような絵本勉強中にはピッタリ!なんて思ってみました(^∀^)ノ図書館で探してみますね♪

絵本でも、一般書と一緒になっている所があるので困りますよね。私も先日、絵本を探していたのが児童書ではなく参考書にあって…あっちに行ったりこっちに行ったりと大変でした。図書館の分類の仕方にフシギに思う所があるのですが、お世話になっているので…心で「変なの」と思うだけなのですA(^♀^;)あはは

迷惑TBとか、ココログは多いですよねA(^♀^;)私も以前は、ココログを使っていたのですが…変なTBやコメントばかりでFC2に変更しちゃいました。セキュリティを頑張ってもらいたいですね。

投稿: ミヅポン | 2007年3月26日 (月) 01時13分

ミヅポンさん、こんにちは。
3コマで伝えるってすごいですよね。ある意味究極の絵本かも。

『ロバのおうじ』の画像は、後で気づいたんですけど絵本ナビ以外にもあって(セブンイレブンとか)、そちらの画像の方が大きくてはっきりみえましたよ。

本の分類も書店なら、2箇所においてあったりもしますが、図書館は1箇所に統一されているから探し方によっては見つからなかったりしますよね。
どう分類するかは、その司書のセンスとか考え方に寄るのかもしれませんね。

FC2はセキュリティに強いんですか?
カスタマイズなどもかなり自由に出来そうですよね。
ブログのことよくわからないまま、ココログではじめちゃったもので・・・、失敗だったかなとも思っているこの頃です・・・(^^ゞ

投稿: めーべる | 2007年3月26日 (月) 13時54分

おひさしぶりです。
更新はまだかな、まだかな・・と、何度か訪問していました。
小学校での読み聞かせの実情を↑でよくわかりました。たしかに読み聞かせはブームですもんね。
でもやり方を間違えると本嫌いになるもんだとわたしもそう思っています。
今回ご紹介の本も、おもしろそう。
大勢の前で読むには、難しそうですね。
一人でくすっと笑う・・そんな楽しみかたをする本なのかな?って勝手に想像してしまいましたが。

投稿: まつりか | 2007年3月27日 (火) 00時50分

めーべるさん、ご無沙汰してしまいました。
荒らしにあわれたとのこと、災難でしたね。
私もメールで経験があるので、お気持ちお察しします。
ヒマな人がいるもんです、本当に止めて欲しいですよね!!
さて。
私もめーべるさんに続き、3月14日に無事ブログ一周年を迎えることができました。
URLをクリックいただくと、その記事に飛びますのでよろしければ読んでやってください。
1周年の記事を書くときに、めーべるさんにご挨拶に伺いたかったのですが、ようやく今日うかがっているという・・・^^;
こんな私ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします!
またたくさんのことを教えてくださいね♪

投稿: わかな | 2007年3月28日 (水) 16時25分

まつりかさん、こんばんは。
ココログフリーのメンテナンス中でコメントの承認さえできず、レスも遅くなりごめんなさい。
更新を待ってくださっていたとのこと、感激です。
できるだけ早い更新を心がけますね。どうぞご贔屓に。

>一人でくすっと笑う・・そんな楽しみかたをする本なのかな?
確かにそんな感じですね。そして、読んだら誰かにこの本面白いよーって教えたくなるような感じでしょうか。

学校での読み聞かせですけど、学校側が読み手の質のばらつきを含め、学校で読み聞かせることの問題点に気付いてないことが一番の問題かも・・。

投稿: めーべる | 2007年3月28日 (水) 20時38分

わかなさん、こんばんは。
遅ればせながらブログ開設1周年おめでとうございます!!
わざわざご挨拶に来てくださり恐縮です。
実は記事は拝見していました。コメントを残せずごめんなさい。また改めて伺います。
とてもご多忙なようなのに、毎日更新され、その絵本への思いあふれる記事に圧倒されております。
こちらこそよろしくお願いします。
今後ともわかなさんの絵本への思いがたくさんの人に届きますように♪

迷惑コメントや迷惑TBですが、今回のメンテナンスでニフティに通報してから削除できるようになったので、少しは改善されるかもしれません。
負けずにがんばりまーす。

投稿: めーべる | 2007年3月28日 (水) 20時48分

めーべるさん、読んできましたよ~♪
男子4人を送るちょっとした卒業パーティーで、ケーキを食べた後の読み聞かせでした。
「3」をめくる時に間を持たして、皆にオチを想像させながら読み進めました。(ワン・ツー・スリーと言うだけですが…(^^;)ゞ)
男の子達は、悪態を付きながらも結構楽しんでいた様子でしたよ~♪
面白い絵本を紹介して頂きありがとうございました(*^_^*)

本来の読み聞かせでは、「めであるく」マーシャ・ブラウン/文と写真 谷川俊太郎/訳 を読みました。
この絵本はご存じでしたか?

投稿: はっぴぃマザー | 2007年3月30日 (金) 00時24分

はっぴぃマザーさん、こんにちは。
>「3」をめくる時に間を持たして、皆にオチを想像させながら読み進めました。

さすが、読み聞かせのベテランですね。
男の子たちにも楽しんでもらえたようでよかったです。

>「めであるく」マーシャ・ブラウン/文と写真 谷川俊太郎/訳 を読みました。

これは知らなかったです。現在販売されていないようですが検索してみましたら、こちらのサイトに小さな表紙画像がありました。写真絵本がたくさん紹介されているのですが、どれもよさそうです。
http://www.yukinoue.com/motto/shashin.html
『めであるく』、図書館ででも探してみますね。
教えてくださってありがとうございまーす!


投稿: めーべる | 2007年3月30日 (金) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/5801064

この記事へのトラックバック一覧です: 『1・2・3』:

« 『森はオペラ』 | トップページ | 『銅版画家の仕事場』  »