« 『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』 | トップページ | 今夜BSで塩谷哲&小曽根真共演 »

2007年3月 8日 (木)

『戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ』

最近読んだ絵本をメモっておきます。

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ―作者レイ夫妻の長い旅 Book 戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ―作者レイ夫妻の長い旅

著者:ルイーズ ボーデン,アラン ドラモンド
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『おさるのジョージ』の作者レイ夫妻の生い立ちと、1940年6月にナチスに侵攻されたパリから夫妻がどうやって脱出したのか、当時の写真やメモや手紙などを元に作者ボーデンは、夫妻の軌跡をパズルをつなぎ合わせるかのように辿って行きました。暗い時代をたくましく生き抜いたレイ夫妻の足取りがちょっとコミカルな絵で描かれています。

陸続きの場所でひとたび戦争が起きると、市民はこんな目に遭うんですね。この奇跡のような逃避行がなければ、わたしたちは『おさるのジョージ』(最初フランスでは『フィフィのぼうけん』として出版されるはずでした)に出会えてなかったんですね・・・。

ところで、難しい漢字には振り仮名がついているので、小学中高学年以上を対象とした絵本だと思うのですが、わたしが借りた図書館の分類では大人の本となっていました。子供にこそ読んでほしいと思うのに、この分類では子供が目にすることはほとんどないのでは? 残念・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』 | トップページ | 今夜BSで塩谷哲&小曽根真共演 »

絵本」カテゴリの記事

・戦争を伝える/平和を考える本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ』:

« 『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』 | トップページ | 今夜BSで塩谷哲&小曽根真共演 »