« 『雪の写真家 ベントレー』 | トップページ | 『二十一世紀に生きる君たちへ』 »

2007年2月11日 (日)

『もぐらのバイオリン』

新しく出合った「楽器が出てくる絵本」を紹介します。

もぐらのバイオリン Book もぐらのバイオリン

著者:デイビッド マクフェイル
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地面の下の暮らしに幸せながらも物足りなさを感じていたもぐらは、ある日テレビで聴いたバイオリンの演奏に心打たれ、自分もバイオリンを演奏してみたいと思います。地面の下でバイオリンの演奏に励む毎日。最初は木の根っこもびっくりするようなひどい音でしたが、何年も練習に励むうちにとてもすばらしい音楽を奏でるようになりました。

もぐらは気づいていないのですが、ずっと地面の上と下でストーリーが進んでいるんです。(この絵がなかなか楽しいです。)もぐらの演奏は木の根を伝って地上へと届けられ・・・。

カラフルでやわらかな色合いの絵が、優しい世界を届けてくれます。本当にこんな平和な世界が来るといいなと思います・・・。もぐらの音楽が人々を変えられたように、ひとりひとりの思いが世の中を変えていくことだってあると思うのです・・・。作者の平和を願う思いが少しずつでも多くの方に届きますように。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『雪の写真家 ベントレー』 | トップページ | 『二十一世紀に生きる君たちへ』 »

絵本」カテゴリの記事

・メッセージ(絵)本」カテゴリの記事

・楽器が出てくる絵本」カテゴリの記事

・戦争を伝える/平和を考える本」カテゴリの記事

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんばんは~
またまた素敵な絵本に出会えて感謝です~♪
読み終えた後、何とも言えない優しい気持ちになれました。

家族、地域、社会…
平和な世界も、一人一人の思い・行動から始まります…

投稿: はっぴぃマザー | 2007年3月 3日 (土) 23時31分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
読んでくださったのですね(^。^)

大人にも子供にも読んでほしい絵本です。
塾の子供さんも読んでくださるとうれしいな。

投稿: めーべる | 2007年3月 4日 (日) 13時55分

塾の子どもたち、読んでいますよ~♪
評判いいです(^_^)v

「まめじか…」「ゼラルダ…」も借りてきました。
「まめじか…」は、毛織物風の絵がいいですね。
「ゼラルダ…」は、ちょっとドキドキしながら読み始めました。
絵もお話しも良いですね~♪
料理が苦手な私は、ゼラルダを尊敬してしまいました^^
公○の読み聞かせで読もうかな…(*^_^*)

それから、塾を卒業する6年生の男の子に読み聞かせする良い絵本は何かありませんか?
じっくりお話しを聞ける子どもたちではない(すぐ茶化すんですよね…)ので、短めで面白いのを探しています(^^;)ゞ

投稿: はっぴぃマザー | 2007年3月 5日 (月) 22時50分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
塾の子供さんにも評判いいんですね(^。^)

まめじかのはインド更紗だったかな。絵本で異文化にも触れられるというのもいいですよね。

私もゼラルダのように料理が作れたらと憧れます(^^ゞ

>塾を卒業する6年生の男の子に読み聞かせする良い絵本

面白いだけでなくって、はなむけ的な絵本がいいのですよね?
すぐには思いつかないので、ちょっと考えてみますね。

投稿: めーべる | 2007年3月 6日 (火) 00時09分

めーべるさん、おはようございます!
早速ご紹介頂きありがとうございます。
「1・2・3」…3人の男の子達にぴったりの感じの本です~♪
餞的な物だと、嫌がりそうなので…(^^;)ゞ

図書館で予約してみますね。

投稿: はっぴぃマザー | 2007年3月 7日 (水) 08時40分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
記憶が定かでなかったので、今日わたしも『1・2・3』を図書館で借りてきました。
大きな3コマ漫画を10掲載した本という感じなのですが、ほとんど絵だけ、読み聞かせになるのかどうか・・・(^^ゞ
でもたぶん男の子にはウケルと思います・・・。

また後日、ブログにも記事で紹介したいと思います。

投稿: めーべる | 2007年3月 7日 (水) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『もぐらのバイオリン』:

« 『雪の写真家 ベントレー』 | トップページ | 『二十一世紀に生きる君たちへ』 »