« 2月の「夢のつづき わたしの絵本」放送予定 | トップページ | 『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 »

2007年2月25日 (日)

『しろくまちゃんのほっとけーき』を思い出しました

中学生の長男が少し前から、「ホットケーキが食べたいなあ」といっていたのですが、「自分で焼けばぁ・・・」と、わたし。何事も経験ですものね。で、先週の日曜日、ついに長男のホットケーキ作り初挑戦となりました。

Hcake0702a_1 ←「ぷつぷつ」してきたところです。眺めていたら、長男たちが小さい頃に読んだ、『しろくまちゃんのほっとけーき』のホットケーキを焼いている場面を思い出し、懐かしくなって2階へ絵本を取りに行きました(長男に呆れられましたが)。

しろくまちゃんのほっとけーき Book しろくまちゃんのほっとけーき

著者:わかやま けん
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりに出して読んでみると、道具をそろえたり、材料を用意したり、の場面がわりと多くて、ホットケーキを焼いている場面はわずか2ページだけなんですよね。でも、この「ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ やけたかな まあだまだ しゅっ ぺたん ふくふく くんくん ぽいっ できあがり」の、ホットケーキが焼けていく12の工程が描かれたページの印象がとても強くて、絵本を開くまではこのページしか思い出せませんでした。それだけ、大人が見てもおいしそうに見えたんでしょうね(笑)。加えて、長男や次男もこのページがお気に入りだったのだと思います。焼けつつあるホットケーキを指差しながら、繰り返し繰り返し読んだ記憶がありますもの。絵本ではとても単純化してありますが、でもホットケーキが焼けていく過程が実によくわかるように描かれていますね。

絵もシンプルだけれど、色の使い方といい、計算されつくしているんでしょうね。自分でおかあさんといっしょに焼いて、いっしょに食べたこぐまちゃんとお皿も洗うというラストもいいですよね(笑)。(あっ、もちろん長男には自分で後片付けもさせましたよ(^^)v)

30年以上子供に愛されてきた幼児絵本の王様のような絵本です。このこぐまちゃんシリーズ、15冊ほどあります(一部Amazonの表紙を貼っておきます。)どれも息子たちは好きでしたよ。ぜひお子さんと楽しんでください~。(読み聞かせの目安:1歳半~3歳くらいでしょうか)

こぐまちゃんとぼーる

さよならさんかく

Hcake0702c 長男は今日もホットケーキを焼きました。今回は出来上がりだけ撮影しました。なかなか上出来(^。^) メープルシロップをいっぱいかけていただきました。

☆先ほど、ブログのカウンターが20000を超えました。たくさんのご訪問、ありがとうございます。今後ともご贔屓に、よろしくお願いします。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 2月の「夢のつづき わたしの絵本」放送予定 | トップページ | 『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

・幼児絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・食べ物が出てくる絵本」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんばんは~
20000カウント突破おめでとうございます~(^-^)ノ∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*オメデトウ        
長男くんのホットケーキ、丁度良い焼き加減で美味しそうですね~♪
私も一昨日焼いたばかりなんですが、少し焦がして夫に嫌みを言われました。
息子は、かばってくれましたが…(^^;)ゞ

『しろくまちゃんのほっとけーき』は、子どもたちが小さいときには読んで上げたことがありませんでした…
もっと良書を読んで上げられたら良かったと…今更ながら思います。

今、子育て中のお母さんは、めーべるさんのブログを覗いて役立てて欲しいですね。

投稿: はっぴぃマザー | 2007年2月25日 (日) 23時24分

はっぴぃマザーさん、こんにちは。
クラッカーでのお祝いありがとうございます\(^o^)/

ホットケーキってきれいに焼くのは、難しいですよね。
長男はじっくりゆっくりタイプで気が長いので、ホットケーキを焼くのに向いているのかも。わたしが焼いた方が焦がしそうです^_^;

はっぴぃマザーさんは数年後には、お孫さんに絵本を読んでいたりして?? 
ちょっと気が早すぎたかしら(笑)。

息子たちが小さかったころ、絵本を読んで、同じ時間を共有したことが今となってとても大きな意味を持っているように思います。
今は、「絵本を読んだら頭のいい子になる」なんで巷では言われていますが、それは結果としてついてくることはあると思いますが、それを目的に絵本を読むのは味気ないですよね。
多くの親子が絵本と素敵な出会いをするようにと願っています。

投稿: めーべる | 2007年2月26日 (月) 12時10分

私もTBをさせていただきました。
偶然にも、昨日うちの長女がホットケーキを初めてやいて、私もこの絵本を見返しました。
長女のホットケーキは、ぺらぺらな状態に終わったのですが、味はよかったです(笑)。
自分の小さな頃の絵本体験の中では一番に記憶に残っている絵本です。

投稿: ひととき | 2007年2月26日 (月) 13時12分

めーべるさん、こんにちは。
20000Hitおめでとうございます。
しろくまちゃんのホットケーキといえば、長女が大好きな絵本でした。
長男くん、上手に焼けましたね。
すごくおいしそうで~す。
うちでも子供のお誕生会とかに、子供たちがホットケーキパーティをしたりするんですよ。
ところで、めーべるさんのコメントにすっごく共感。
そうそう、そうなんですよね。
読み聞かせって内容も大事かもしれないけど、子供の印象に残るのはお母さんの読み聞かせの声や時間や思い出の共有だと思うんですよね。
私もそう思って読んでいます。

投稿: ちゃちゃまる | 2007年2月26日 (月) 20時10分

>ひとときさん、こんばんは。
TBありがとうございます!
こんな偶然もあるんですね(^^)
長女ちゃん、初めてのホットケーキ作り、きっと忘れられないでしょうね。
親子2代にわたって同じ絵本を楽しめるって素敵ですね。とても羨ましいです(^。^)


>ちゃちゃまるさん、こんばんは。
20000ヒットのお祝いメッセージありがとうございます!
ホットケーキパーティもいいですね♪

コメントにも共感していただけて嬉しいです!
絵本は親子で楽しむものですよね。うちはもう読み聞かせは終わってしまいましたが、親にとっても振り返ってみると宝物のような時間だったと思います。

投稿: めーべる | 2007年2月26日 (月) 21時31分

20000カウントおめでとうございます!!

我が家にもこの絵本ありますよ(^^)
以前杏がパパに読んでもらって二人してホットケーキが食べたくなったと珍しく並んで台所に立ってました。
長男君のホットケーキすごく美味しそうですね!!
我が家もよくホットケーキ作ります。
いつか娘たちだけで作ってくれるといいなぁ♪って思いました(^^)

投稿: 杏&文’sママ | 2007年2月26日 (月) 23時01分

2万ヒットおめでとうございます。
これからもさらなる記録更新を!!

それにしてもホットケーキ・・きれいに焼けてますね。おいしそう~~
『しろくまちゃんのほっとけーき』・・読めば読むほどいい本だと実感できる1冊です。
ぽたあん・とろとろ・ぴちぴち・・ホットケーキを作るときは必ずこの言葉がでちゃいますから。

投稿: まつりか | 2007年2月27日 (火) 02時01分

>杏&文’sママさん、こんばんは。
20000カウントのお祝いのおことば、ありがとうございます。
杏&文’sママさんところでは、まさに旬な絵本ですよね。
ホットケーキを焼いたり食べたりすることによって、絵本の楽しさも思い出も深まるでしょうね。


>まつりかさん、こんばんは。
20000ヒットへのお祝いのお言葉、ありがとうございます。
長男もホットケーキを焼くのには自信がついたようです(笑)。
作者の方も、この絵本を作るときにはいっぱいホットケーキを焼いたんでしょうね。
「ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち・・・・」ホントにうまく表現されてますよね。
たくさんの親子に読んでほしい絵本ですね。 

投稿: めーべる | 2007年2月27日 (火) 20時58分

めーべるさん、こんばんは~
確かに親子で共有した絵本タイムこそが、宝の思い出となっていますね~♪
それに、高校生くらいまでは、時々親子で読み聞かせを楽しみました(*^_^*)
後は、ホント!孫が出来たら楽しみです~(^^;)ゞ

ひとときさんのTBを読みました。
環境問題等で、表現が変わってしまったりするものなんですね…
読み比べてみたいです。

投稿: はっぴぃマザー | 2007年2月27日 (火) 23時02分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
息子たちが小さくて読み聞かせしている最中は、もう勘弁してくれーって思う日もあったんですけど、振り返ってみれば親子の宝となっています。

>それに、高校生くらいまでは、時々親子で読み聞かせを楽しみました

うちの息子たちはもう照れちゃって、読み聞かせなんて無理ですね^_^; 羨ましいです。

時代を反映する絵本もあるんですね。
でも、考えてみれば粉石けんだって泡立つし、改訂版を出して何十年経っても合成洗剤は巷にあふれているし、そこまでこだわらなくてもよかったのかもしれませんね。
わたしもオリジナル版を読んでみたいです。

投稿: めーべる | 2007年2月27日 (火) 23時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『しろくまちゃんのほっとけーき』を思い出しました:

» しろくまちゃんのほっとけーき [絵本と子どもと色々]
「しろくまちゃんのほっとけーき」                  わかやまけん/作絵  こぐま社  1972年 とてもとても有名な絵本です。 私の小さい頃は、「ぐりとぐら」よりも「こぐまちゃんえほん」の方が有名でした。 うちの保育園だけだったかもしれない... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 13時10分

» ★★しろくまちゃんのほっとけーき      (おはなし) [Enjoy! 読み聞かせ@えほん]
しろくまちゃんのほっとけーき 作:わかやまけん / こぐま社 / 1972年 《しろくまちゃんのホットケーキ の内容紹介》 食欲の秋。 美味しいものを食べて、体だけでなく心も元気に なりたいですね♪ てなわけで・・・今日から1週間、[ りょうり特集 ] い...... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 16時09分

« 2月の「夢のつづき わたしの絵本」放送予定 | トップページ | 『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 »