« 『ターシャ・テューダーのクリスマス』 | トップページ | 『アンナの赤いオーバー』 »

2006年12月 9日 (土)

『ペッテルとロッタのクリスマス』

スウェーデンの絵本作家エルサ・ベスコフが描いた「3人のおばさん」シリーズのクリスマスのお話です。

ペッテルとロッタのクリスマス Book ペッテルとロッタのクリスマス

著者:エルサ ベスコフ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 (裏表紙には 読んであげるなら:5・6才から 自分で読むなら:小学校中級から と書かれています)

みなしごのペッテルとロッタがみどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさんと一緒に暮らすようになって初めてのクリスマスイブです。みんなで食事を始めようとすると、突然ドアががたがたなって、背中に袋をしょった「やぎおじさん」が入ってきます。やぎおじさんは、驚いているペッテルとロッタにプレゼントを渡すと帰っていきました。やぎおじさんとは誰でしょう。 やぎおじさんは本当は魔法にかけらた王子さまだと教えられたペッテルとロッタは、森の奥に住んでいるという王子さまを探しに行こうと決心します。来年のクリスマスには、おばさんたちにもプレゼントをもってきてもらうようにお願いしようと思ったのです。ふたりは、王子さまを見つけることができるでしょうか。(青文字:出版社の紹介文から引用)

欧州のクリスマスの話って、サンタクロースが付き物なのかと思っていたら、このお話にはサンタクロースならぬ「やぎおじさん」が登場します。森で「やぎおじさん」を見つけた(?)ぺテルとロッタは、おばさんたちへのプレゼントを一生懸命手作りし、森で出会った「やぎおじさん」にプレゼントを託します。さて、今年のクリスマスはどんなことになるのやら・・・?

クリスマスから次のクリスマスまでの1年間の出来事が丁寧に描かれています。部屋の中の調度品などを見るのも楽しいです。プレゼントってもらうのも嬉しいですが、あげることができるというのも、またとても嬉しい事ですね。心温まる楽しいクリスマスのお話です。

三人のおばさんシリーズの絵本は、あと4冊出版されています。ぜひこちらも読んでみてください。

みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん Book みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん

著者:エルサ ベスコフ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちゃいろおばさんのたんじょうび Book ちゃいろおばさんのたんじょうび

著者:エルサ ベスコフ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ペッテルとロッタのぼうけん Book ペッテルとロッタのぼうけん

著者:エルサ ベスコフ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あおおじさんのあたらしいボート―3人のおばさんシリーズ Book あおおじさんのあたらしいボート―3人のおばさんシリーズ

著者:エルサ ベスコフ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。紹介した本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ターシャ・テューダーのクリスマス』 | トップページ | 『アンナの赤いオーバー』 »

絵本」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

・クリスマスの絵本」カテゴリの記事

コメント

リンクの件ありがとうございました!!
早速させていただきました(^^)

三人のおばさんの名前が面白いですね。
クリスマスのお話なのに、サンタさんが出てこないものもあるんですね!
びっくりしました。

投稿: 杏&文’sママ | 2006年12月11日 (月) 00時21分

杏&文’sママさん、おはようございます。

リンクしてくださってありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきましたよ。

一口にクリスマスといっても、文化はいろいろということでしょうね。
以前読んだメキシコのクリスマスの絵本なんかも面白かったですよ。


投稿: めーべる | 2006年12月11日 (月) 09時21分

めーべるさん、おじゃましまぁす♪
このシリーズ、未読です。
スウェ―デンの作家さんだから、もしや・・?と思ったら、やっぱり!!菱木さんの訳なのですね♪
菱木さんの訳が好きなので、読んでみたいです。
あ、べスコフさんも好きなのですが、まだ読んでいない本が多いようです^^
ご紹介、ありがとうございました!

ところで、例の展覧会まだ行けずにいます。
仕事の繁忙期に入った今(2月末まで)、本当に
行けるのか?!と自問自答する日々です・・・・(涙)

投稿: わかな | 2006年12月11日 (月) 19時08分

わかなさん、こんばんは。
ベスコフは妖精系の絵本を子供が好きじゃなかったので、あまり読んでなかったのですけど、このシリーズはとても面白くて温かくて、好きになりました。
絵本としてはかなり長い話ですが、ぜひ読んでみてください。

>仕事の繁忙期に入った今(2月末まで)、

税金関係とか??
風邪などで子供さんがダウンしないうちに、早めに行けるといいですね(^^)

投稿: めーべる | 2006年12月11日 (月) 21時11分

おもしろいですね!やぎおじさんっていう訳。
たしか、もともと北欧のほうでは、サンタクロースでなくて、雄ヤギに変装した男の人がプレゼントをもってくるという慣わしだったんですよね?
古来の風習を絵本にしてあるという意味でも興味深いです。どんな風に書かれているのかぜひ見てみたくなりました☆

投稿: まつりか | 2006年12月11日 (月) 23時58分

まつりかさん、こんにちは。
北欧のクリスマスの習慣を調べてみたら、翻訳者の菱木さんが書かれたエッセイが出てきました。
http://www.fukuinkan.co.jp/mail_magazine/sample_vol01.html
そうだったんですね・・・。
わたしももう一度じっくり読んでみます。

投稿: めーべる | 2006年12月12日 (火) 09時46分

URL貼り付けてあった、「あのねメール」を読みました。詳しく書いてあって参考になりました。ご紹介ありがとうございます。

投稿: まつりか | 2006年12月14日 (木) 00時14分

まつりかさん、こんばんは。
こちらこそ調べるきっかけをくださって、ありがとうございました(^。^)

投稿: めーべる | 2006年12月14日 (木) 00時21分

こんばんは(=^♀^=)/私も昨日、この絵本を図書館から借りてきましたよ。そして先程、読みまして…おもしろかったぁ~♪♪サンタさんが出てこないのに、話が面白いですね。今度、このシリーズを読んでみようと思っています。また近日中に拙ブログにも載せるので、TBお願いしても良いですか?その際はヨロシクお願いしま~す(=^3^)~★

投稿: ミヅポン | 2006年12月14日 (木) 23時41分

ミヅボンさん、こんにちは。
早速借りてきてくださったんですね。なかなかよいでしょう(^^)?
シリーズでもぜひ楽しんでくださいね。

TBの件了解です。どんな記事になるのか楽しみ♪
そちらからのTBでお知らせください。

投稿: めーべる | 2006年12月15日 (金) 11時41分

こんばんは(=^3^)/今日、拙ブログにこの絵本を載せてみましたぁ~。TBお願いしても良いですか?ヨロシクお願いしま~す♪そして×そして私の方にも、TB利用してくださいませぇ(^^)~☆
お話は変わるのですが、拙ブログに「ちょっと絵本♪」さんを貼らせて頂いても良いですか?検討の程、ヨロシクお願いしま~すm(=^♀^=)m

投稿: ミヅポン | 2006年12月16日 (土) 18時20分

ミヅボンさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきましたよ。ヨロシクです~。

リンクの件、もちろん喜んで(^。^)
こちらからも後ほどリンクさせていただきますね。


投稿: めーべる | 2006年12月16日 (土) 23時32分

こんばんは(^^)/
今日、めーべるさんのブログ「ちょっと絵えほん♪」さんを拙ブログのリンクに入れさせていただきまいした。何かおかしな点などありましたら、ドシドシ言って下さいませm(^エ^)mこれからもヨロシクお願いします!!

投稿: ミヅポン | 2006年12月18日 (月) 02時00分

ミヅボンさん、こんばんは。
リンクしてくださってありがとうございます。
こちらからもマイリスト(絵本つながり)に加えさせていただきました。
こちらこそよろしくお願いしまーす!

投稿: めーべる | 2006年12月18日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ペッテルとロッタのクリスマス』:

» ペッテルとロッタのクリスマス [ジアスのリトルアイランド]
ペッテルとロッタのクリスマスエルサ ベスコフ (2001/10)福音館書店 この商品の詳細を見る ○シリーズで出てますよ table style="width:75%;border:0;" border="0"> みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさ... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 18時25分

« 『ターシャ・テューダーのクリスマス』 | トップページ | 『アンナの赤いオーバー』 »