« 『アンナの赤いオーバー』 | トップページ | 『急行「北極号」』 »

2006年12月13日 (水)

『きつね森の山男』

寒くなってから温かいメニューが欠かせません。今夜は今シーズン初のふろふき大根にしました。作りながら思い出したのが、この絵本です。息子たちは食べながら、この絵本をやっぱり思い出していたようでした(^。^)

きつね森の山男 Book きつね森の山男

著者:馬場 のぼる
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さむがりんぼの殿様はきつねの毛皮がほしくてたまりません。おおぜい兵隊を引き連れて、「きつね森」へきつね狩りに。が、きつねが好きで争いごとの嫌いな山男に阻まれて、やむなく退却。悔しかった殿様は、みそを買いに町へ降りてきた山男を捕まえて、雪の降るお城の庭へ一晩置き去りにします。

でも、毎日ふろふき大根を食べている山男は全然平気。奥方様にその元気のひみつを聞かれ、お城でふろふき大根のクッキング講習をはじめます。できたてのふろふき大根を食べた殿様の体はたちまち温まり…。翌年の秋、お城の庭は一面の大根畑。殿様の毛皮の夢はふろふき大根におっぱらわれ、どこかへ消えてしまったのでした。(以前bk1に投稿したものをほぼ引用)

山男は、ふろふき大根で、きつねも殿様も幸せにしてしまいました。食べ物の力ってやっぱりすごい! ほのぼのとした雰囲気の漂う、温かい絵本です。ふろふき大根を食べたら、この絵本を思い出し、この絵本を読んだら、ふろふき大根が食べたくなるのです(笑)。

この絵本が、馬場のぼる氏の絵本第一作なのだそうです。

年長あたりから小学低学年あたりの、冬のおはなし会にもよさそうですよ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『アンナの赤いオーバー』 | トップページ | 『急行「北極号」』 »

絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・食べ物が出てくる絵本」カテゴリの記事

・冬の絵本」カテゴリの記事

コメント

ふろふき大根美味しいですもんね~(^^)
絵本に出てくるわがままな殿様って憎みきれないキャラが多いように思います。
きつねさんが無事でよかった(*^-^*)

投稿: 杏&文’sママ | 2006年12月14日 (木) 01時14分

杏&文’sママさん、おはようございます。
息子たちが小さい頃、よく読んだ絵本なので、ふろふき大根とこの絵本がしっかり結びついている息子とわたしです。小さい頃毎日絵本を読むのはたいへんだったこともあるけど、思春期の息子たちと同じ世界を共有できるって、ちょっと強みを感じています(^^)v

馬場のぼるさんの絵本に登場するキャラはみんな憎めないかな。「さむがりんぼ」の殿様という表現ですしね(^_-)

この話はちょっと長いので、杏ちゃんたちにはちょっと早いかと思いますが、もう少し大きくなったら親子で楽しんでくださいね。

投稿: めーべる | 2006年12月14日 (木) 09時39分

あー懐かしい!!
めーべるさん、こんにちは☆
ここのところ、クリスマス絵本が続いてそれも楽しませていただきましたが、温まる絵本も良いですね♪
長男はすきな作家さん毎に夢中になる時期があり、
この絵本は「馬場のぼる時代」に夢中でした。
3歳前後くらいだったでしょうか。
デビュー作っていうと、今とだいぶ絵が違う^^ってなりがちですけど、馬場さんは漫画家としてご活躍されていたので、スタイルは不動ですね。
馬場さんも亡くなった時は悲しかったなぁ。
いろいろ思い出しました(笑)

投稿: わかな | 2006年12月16日 (土) 13時49分

わかなさん、こんばんは。
クリスマス絵本まだ続きはあるのですが、この日はふろふき大根でこの絵本を思い出したので・・・。

>「馬場のぼる時代」に夢中

長男君、すごいですね(^^)
「11ぴきのねこ」シリーズも楽しまれたんでしょうね。
馬場さんの絵本は、どれもほのぼのしていていいですよね。

久しぶりにこの絵本を読んでみて、やはり絵本は子どもといっしょに楽しんでこそかなあとも思いました。
ひとりで読んでみると、やはり絵本の印象が違うのです。読んでる横で子供の顔が笑顔に変わっていくのって、やっぱり最高ですね。

投稿: めーべる | 2006年12月16日 (土) 17時35分

めーべるさん
はじめまして。

絵本の紹介が充実していてよいブログですね。
僕も絵本が好きでブログで感想を紹介しているのですが、読んだことのない絵本も教えてもらえて、とても参考になりました。

また遊びにきます。

投稿: へい太郎 | 2006年12月16日 (土) 22時21分

へい太郎さん、はじめまして&ようこそ!
わたしの記事がお役に立ったようでとても嬉しいです(^。^)
お父さんが子供さんに読み聞かせされているんですね。
うちの夫は絵本にはあまり感心がないようなので羨ましいです。

それから、せっかくTBしていただいたのですが、
直接この絵本とは関係ないようなので、いったんはずさせていただきますね。
「11ぴきのねこ」の記事を書かれているので、同じ作者つながりということでよかったら、そちらから再度お願いします。

投稿: めーべる | 2006年12月16日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『きつね森の山男』:

« 『アンナの赤いオーバー』 | トップページ | 『急行「北極号」』 »