« 『ぐりとぐら』誕生エピソード と 『ぐりとぐら』の歌 | トップページ | 「わたしの名画」的絵本 (宿題バトン) »

2006年11月16日 (木)

『こかげにごろり』 クスッと笑える昔話

秋が深まり、影が長くなってきましたよね。そんな影をネタにしたちょっと楽しい昔話をご紹介します。

こかげにごろり―韓国・朝鮮の昔話 Book こかげにごろり―韓国・朝鮮の昔話

著者:金森 襄作
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山里ののどかな村で、お百姓たちは助け合って仲良く暮らしていましたが、問題は欲張りな地主がいたこと。ある日、汗びっしょりのお百姓が広場のこかげで一休みしようとすると、地主は、その木は地主のじいさまが植えた木なので、影も地主ものだというのです。やむなくお百姓たちは、たくさんのお米やにわとりなどを村中から集めて、こかげを買い取りました。さて、それから一月ほどたつと、こかげが地主の家の門のところまで伸び、また一月ほどたつと地主の中庭まで伸び・・・・。

韓国・朝鮮の昔話です。農村の風景も、ちょっと日本とは違い、異文化にも触れられます。最近のポップな絵本を見慣れているお子さんには、ちょっと地味な絵本に見えるかもしれませんが、真ん中あたりまで聞けば、だんだんお話の方向が見えてきて、楽しくなってくると思います。予想通りの結末になるかどうか、ぜひ親子で楽しんでみてください!

こどものとも2002年11月号として発行された絵本ですが、2005年9月にこどものとも世界昔ばなしの旅(全30冊)Ⅱとして、ハードカバー化されました。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この情報がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ぐりとぐら』誕生エピソード と 『ぐりとぐら』の歌 | トップページ | 「わたしの名画」的絵本 (宿題バトン) »

絵本」カテゴリの記事

・昔話」カテゴリの記事

・秋の絵本」カテゴリの記事

・笑える(絵)本」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
さっそく遊びに来ました (*^-^*)

『こかげにごろり』、おもしろいですよね。
私もこのおはなし好きです。
絵が地味な分、おはなしに集中できるかも? (≧m≦)

ブログ内あちこち散策させていただきました☆
うふふ。
一度に全部まわりきれないので、また遊びにきます。

投稿: | 2006年11月16日 (木) 18時51分

銀さん、ようこそ!
早速来てくださって嬉しいです。
このおはなし、面白いですよね(^。^)
ただやはり絵が地味なので、以前昼休みのお話会に読まれた方がいたんですけど、最初の方だけ聞いて帰っちゃった子どもさんもいたんですよね・・・(>_<)
とても残念でした。

またいろいろ絵本のお話ができれば嬉しいです!

投稿: めーべる | 2006年11月16日 (木) 20時58分

地味と言うところに、興味を惹かれました(^^;)ゞ
又、図書館で探してみますね。

先日、ブログ開設のお薦めを頂きありがとうございます。
でも、文章(下手くそなんですけど…)を考えるのに時間が掛かる私なので、作ってもなかなか更新が出来そうもないんです(^^;)ゞ

投稿: はっぴぃマザー | 2006年11月16日 (木) 23時23分

いろんな文化や絵に触れられるのはいいですよね!
今度図書館で探して見ます(^^)

投稿: 杏&文’sママ | 2006年11月16日 (木) 23時47分

昔話って大笑いするのは少ないけど、どれも権力を持つものを皮肉っていたり、ちょっと笑えるものが多いですよね。
昔の人の知恵の伝承というのかな、メッセージがこめられていて、楽しみながら学べますね。

>はっぴぃマザーさん、
ひとりでは読めない子供さんも、はっぴぃマザーさんが読んで上げたら、楽しんでくれると思いますよ。

文章は書いているうちにだんだんうまく書けるようになってくると思いますよ。
いろんな場所で長く活動されているので、その情報をブログという形で、多くの方が共有できると素敵なことだと思いますよ(^_-)-☆


> 杏&文’sママさん、
小さい頃から自然に、いろいろな文化に触れるのはとてもいいことだと思います。
このシリーズの昔話でうちの大ヒットは
http://eehon.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_714e.html
です。こちらもよかったら探してみてください。

投稿: めーべる | 2006年11月17日 (金) 09時21分

めーべるさん、はじめまして。
そして、私のブログにお越しありがとうございます。

「こかげにごろり」は、小学校の読みきかせ会で、「学校公開の日に、みんなでアジアの昔話を読もう」という企画があって、そこで知りました。

アジアの寓話は、日本と「違うんだけど、でもどことなく似た香りと趣もある」ところが好きです。

これから、よろしくお願いします。

投稿: しば | 2006年11月19日 (日) 06時44分

しばさん、ようこそ!
絵本を読むようになって、昔話もいろいろ知るようになりました。
いろんな知恵がつまっていて、面白いですよね。
こちらこそよろしくお願いします。

投稿: めーべる | 2006年11月19日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『こかげにごろり』 クスッと笑える昔話:

« 『ぐりとぐら』誕生エピソード と 『ぐりとぐら』の歌 | トップページ | 「わたしの名画」的絵本 (宿題バトン) »