« 世界の絵本がやってきた | トップページ | 『こかげにごろり』 クスッと笑える昔話 »

2006年11月12日 (日)

『ぐりとぐら』誕生エピソード と 『ぐりとぐら』の歌

以前NHKの「わくわくラジオ」に中川李枝子さんが出演された時に書いていたメモを先日発見しました~(↓赤字部分)。わたしが聞いたのは、2004年3月でしたが、要望が多く再放送のようでした。聞いたのは途中からだし、正確でないないところもあるかと思いますが、よかったら読んでくださいね。

ぐりとぐら Book ぐりとぐら

著者:おおむら ゆりこ,なかがわ りえこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『ぐりとぐら』の話を書いたのは、ホットケーキすら食べたことのない子供のいる時代、おいしいお菓子で子供をワクワクさせたかったからだそう。ホットケーキよりもインパクトのあるものはカステラだ! ということで大きな卵が登場となったらしい。主人公をネズミにしたのは、カステラが大きく見えるように。また草食動物ということもポイントだそう。

保母時代の経験から、子供にとって食べ物はとても重要な役割を果たすことを知っていた。積み木で見立てた食べ物を一緒に食べるなどして、おままごとの遊びを通して、子供が急に仲良しになることはよくあるらしい。このあたりの経験が、中川さんの作品には食べ物がよく登場する所以だそう。

また、映画「となりのトトロ」の挿入歌(?)「さんぽ」は、中川さんの作詞。宮崎駿監督が『いやいやえん』を愛読されていたそうで、「映画を離れても子供が歌える歌を作ってほしい」と監督から中川さんに作詞依頼があり、中川さんは絵コンテを見ながら作詞したのだそう。


ちなみに、「母の友」2006年4月号掲載の山脇百合子さんのアトリエ訪問の記事によれば、『ぐりとぐら』は、「母の友」1963年6月号に掲載された「たまご」という童話が元になっているとのことです。

このあたりのことは

ぼくらのなまえはぐりとぐら―絵本「ぐりとぐら」のすべて。 Book ぼくらのなまえはぐりとぐら―絵本「ぐりとぐら」のすべて。

販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

に詳しく載っているようですね。この記事を書くまでもなかったかな(笑)。この本、読んだことはあるのですけど、多くは覚えていません(^^ゞ 印象に残っているのは、『ぐりとぐら』の中で出てくるあの歌がどういう風に歌われているかというのを楽譜付きで掲載していた点。こんなにいろんな『ぐりとぐら』の歌があるのかと感心しました。

というのは、わたしは最初自己流で歌っていたのですが、図書館司書の方は皆、「ごんべさんの赤ちゃん」の替え歌で歌われるので、これが一般的に広まっているのかと思っていたのです。だってほんとに、「ごんべさんの赤ちゃん」のメロディーに乗せて歌うと、ぴったりなんですよ。どんな風に歌っていいかわからないという方には、お勧めします。でも、皆さんはあの歌、どんな風に歌われているのかしら? 

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この情報がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 世界の絵本がやってきた | トップページ | 『こかげにごろり』 クスッと笑える昔話 »

絵本」カテゴリの記事

・幼児絵本」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんばんは~
8位でしたよ(^_^)v

あの歌…超我流に唄っていました(^^;)ゞ
ちょっとラップ超?!
ごんべさんの赤ちゃんのメロディだと合うのですね…(…♪ウンウンなるほど)

子ども時代…母親が、おやつにカステラを切ってくれる瞬間…ワクワクしながらそれを見ていたことを思い出しました。
ホットケーキを初めて食べたのは、何歳だったのかしら…?

投稿: はっぴぃマザー | 2006年11月12日 (日) 23時26分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
クリックありがとうございまーす。
絵本部門はできて間がないのか、エントリーしているブログが少ないので、幸い上位にランキングできています^_^;
今後とも応援よろしくお願いします

絵本の中に歌があるのって、わが子の前ならともかく、読み聞かせの場では自信がなく、避けていたのですが、「ごんべさんの赤ちゃん」の替え歌でやればいいとわかってからは気楽になりました。
でも、本当はオリジナルの方がその人なりの味があっていいのかも。

投稿: めーべる | 2006年11月12日 (日) 23時50分

始めまして。
3歳と1歳の女の子の母です。

「ぐりとぐら」の歌って「ごんべさんの赤ちゃん」の替え歌で歌えばいいんですね!!
楽譜があるのは知ってたんですが、楽譜が読めないので(^^;
今度から「ごんべさんの赤ちゃん」の替え歌で読もうと思います!!

投稿: 杏&文’sママ | 2006年11月14日 (火) 00時31分

めーべるさん、おはようございます~~~ヾ(^∇^)/
「ぐりとぐらの歌」ごんべさんの赤ちゃんの替え歌に合うという話、私も知りませんでした。
私も超我流で 歌ってましたよぉ(^^;
毎回ちがう節になっちゃったりして。。。
中川さんのお話の記事、そう言えば食べ物がよく出てきますね。お弁当とか。
食べ物のでてくる話は、小さい子どもでも身近でわかりやすいし、心が豊かになるお話が多いですよね。

ブログランキングの絵本部門、さっそくクリックさせていただきましたよーー♪
これからも、更新楽しみにしています。

投稿: ちゃちゃまる | 2006年11月14日 (火) 08時02分

>杏&文'sママさん、はじめまして&ようこそ!
絵本読み聞かせ、真っ最中なんですね(^。^)

どんな風に歌ってはいいものの、どんな風に歌うか悩んじゃいますよね。
「ごんべさんの赤ちゃん」をベースに気楽に歌ってみてください。


>ちゃちゃまるさん、
応援クリックありがとうございます!

>「ぐりとぐらの歌」ごんべさんの赤ちゃんの替え歌に合うという話、私も知りませんでした。

「ごんべさんの赤ちゃん」で歌うのって、やっぱり一般的じゃなかったんですね。
このあたりだけなのかしら(笑)?

大人も子供も食べ物が一番?(*^。^*)

書きたいことはいろいろあるのですが、なかなか書けなくて。
でも、応援励みにがんばりまーす(^^)v


投稿: めーべる | 2006年11月14日 (火) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ぐりとぐら』誕生エピソード と 『ぐりとぐら』の歌:

» ぐりとぐらの玉子焼き? [食べる!!離乳食・幼児食]
ぐりとぐらのケーキ [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 10時26分

« 世界の絵本がやってきた | トップページ | 『こかげにごろり』 クスッと笑える昔話 »