« 今夜のETV特集は「椎名誠の絵本を旅する」 | トップページ | 24日放送「夢のつづき わたしの絵本」 »

2006年10月21日 (土)

サツマイモの絵本

新もののサツマイモが出回るようになりましたね。幼稚園などでも芋ほりの行事などもある頃でしょうか。サツマイモの絵本を2冊紹介します。

Book さつまのおいも

著者:村上 康成,中川 ひろたか
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙の画像と内容紹介は絵本ナビでどうぞ。

土の中でのサツマイモの生活が楽しく描かれています。おいも堀りにやってきた子供たちと綱引きで対決。負けてしまったおいもたちですが・・・・・。

ピーマン村シリーズの絵本。絵がかわいくて、お話も楽しくて、子供たちにおはなし会でも人気の絵本です。

おはなし会などで、大人は季節を先取りして絵本を読みたがりますが、子供は体験してからの方がより絵本を楽しめるという面もあります。運動会や芋ほりなどを体験してから読んであげるのもいいですよ。

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による Book おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による

著者:赤羽 末吉
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雨でおいも掘りが中止になった子供たちが、大きな紙をたくさんたくさんつないで、大きな大きなお芋を描き始めます。

ページをめくってもめくっても、赤紫色のサツマイモの絵が続きます・・・。

さて、この大きな芋、どうやって掘り出すの? どうやって運ぶの? どこへ運ぶの? どうやって洗うの?・・・・ 子供たちの空想の世界がどんどん広がっていきます。

初版は1972年。うちにあるものは1998年印刷のもので、69刷。すごいですねえ。初めて見たとき、赤羽末吉さんがこういうヘタウマ的絵を描かれる事にも驚きましたが、今でも多くの子供たちに支持されている絵本のようです。うちの息子たちも大好きで、よく読みました。今、この絵本を出して眺めていたら、二人ともまた懐かしそうに読んでおりました。こちらは絵本のサイズが小さいので、おはなし会などにはあまり向きません。ご家庭で楽しんでくださいね。

2冊に共通するのは、ラストに壮大な(?)「おなら」がでてくることです。子供ってなぜかおならが好きなんですよね(笑)。あなたのお子さんはいかがでしょうか?

★人気blogランキングに参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 今夜のETV特集は「椎名誠の絵本を旅する」 | トップページ | 24日放送「夢のつづき わたしの絵本」 »

絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

・食べ物が出てくる絵本」カテゴリの記事

・秋の絵本」カテゴリの記事

コメント

この本を読んであげながら、娘にいもほりを体験させてあげられないのが残念でたまらないのですが・・
本の世界でも十分に楽しんでますけどね。
そうそう赤羽さんのヘタウマの絵が、この本のいいところ。
わたしも先日記事にしたのでTBさせてくださいね。

投稿: まつりか | 2006年10月23日 (月) 22時42分

まつりかさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
こちらからもTBできるようならさせていただきますので、お知らせください。

おいも堀の体験はまた幼稚園でも行かれるようになったら、できるのでは?
息子たちが通った幼稚園は園庭の隅っこに畑があって、いろいろな収穫の体験ができて、ありがたかったです。

投稿: めーべる | 2006年10月24日 (火) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サツマイモの絵本:

» おおきなおおきなおいも [☆絵本de子育て実践中☆]
おおきなおおきなおいも  赤羽末吉/作・絵おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による赤羽 末吉 福音館書店 1972-10売り上げランキング : 2494Amazonで詳しく見る by G-Tools <どんな絵本?> 新宿区鶴巻幼稚... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 22時42分

« 今夜のETV特集は「椎名誠の絵本を旅する」 | トップページ | 24日放送「夢のつづき わたしの絵本」 »