« とらっく とらっく とらっく | トップページ | 『もけらもけら』誕生エピソード »

2006年10月28日 (土)

『へっこきあねさがよめにきて』

サツマイモの絵本の記事で、おならの話題に触れましたが、日本の昔話にはすごいおならをするお嫁さんの話がいくつかあります。なかでも、キョーレツなのがこの絵本です。手元に絵本があるわけではないのですが、この絵本について書いたメモが出てきたので、紹介します。

へっこきあねさがよめにきて Book へっこきあねさがよめにきて

著者:大川 悦生
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

     絵は太田大八氏(この方の絵本はお薦めです。)

この絵本に限らず「屁こきあねさ」の話は、働き者のお嫁さんが嫁に来たのだが日に日に元気がなくなっていくので、お姑さんがわけを尋ねたら屁を我慢しているという。我慢せずに屁をするとよいといわれ、その通りにしたら・・・・、その屁が余りに強烈で、お姑さんを飛ばしてしまい、実家に帰されることになる。ところが、その途中でこの屁が、実に役に立ち、離縁は中止、嫁として大事にされるというような話です。

普通は屁で、物を飛ばすだけなのですが、この絵本の話は、「ぽんぽんぼがーん」と飛ばすだけでなく、「すうーぅっぽんぽん」と引き屁にして飛ばしたものを元へ戻すところがすごいです! 笑えますよ。

★人気blogランキングに参加しています。この絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« とらっく とらっく とらっく | トップページ | 『もけらもけら』誕生エピソード »

絵本」カテゴリの記事

・昔話」カテゴリの記事

・笑える(絵)本」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんばんは♪

私、このお話最近知りました。
初めて読んだのは紙芝居で。
いや~、笑いました。
子供より私の方が読みながら大うけしてしまいました(笑)
昔話ってリズムもよくて大好きです^^

投稿: すいかちゃん | 2006年10月29日 (日) 21時28分

すいかちゃん、おはようございます♪

この話、豪快で楽しいですよね! 紙芝居の方が絵本よりなお迫力があるかもしれませんね。
昔話は、よく練られているので面白いものが多く、わたしも大好きです。

投稿: めーべる | 2006年10月30日 (月) 09時44分

めーべるさん、おじゃまいたします。harryです。
「へっこきあねさ」とても好きです。
これを読むとどんな学年の子も顔中笑顔になりますよね。「ありえねぇ~~」って言いながらね。
昔話の笑いって本当に罪が無くて「楽しみ」だけが浮き彫りになって良いと思います。

投稿: harry | 2006年10月31日 (火) 08時18分

harryさん、こんばんは。ようこそです~。
誰が考えたんでしょうね? こんなゆかいなスケールの大きい話。
ずーっと語り継がれてきたということは、こどもたちを育てていく上で必要とされていたからですよね。
ずっと伝わってきた昔話を今の子供たちにも大笑いしてもらって、次の代の子供たちにも伝えていってほしいです~。

投稿: めーべる | 2006年10月31日 (火) 21時19分

めーべるさん、おはようございます!
私のお気に入りの絵本の一つです~♪
読み聞かせしたのは、もう5,6年前…
最近、読んでなかったな…

最初のHPに載せていたコメントの一部です。
「嫁に来たあねさが豪快に屁をしたことでの、姑さんや旦那さんとの関わりがこぎみよく描かれています。軽快?な屁の音のおかしさに塾の子ども達も大笑い!
我が家の子ども達ともお互いに読み合って、笑い転げていました。(娘の読み方が一番上手だったかな…)」

投稿: | 2006年11月 1日 (水) 10時13分

コメントありがとうございます。
お名前がないのですが、はっぴぃマザーさん??
違っていたらごめんなさいね。

この話、楽しくて笑えますよね~。
またぜひ塾でも読んでみてくださいね。


投稿: めーべる | 2006年11月 1日 (水) 16時41分

以前、紙芝居の記事を書いたときに、めーべるさんが絵本で内容の違うものをご紹介くださったので、あの後購入して読み比べしました。
長女もとても気に入って、一つのお話でこんなにも違うものかと、「私はあれがいい、やっぱりこっちかな」と談義してました♪
ありがとうございます。

投稿: ひととき | 2006年11月 2日 (木) 10時26分

ひとときさん、
わあ、購入なさったのですね! お役に立って嬉しいです。
昔話は各地で少しずつ違うのが伝えられているけれど、この「引き屁」の話は強烈で、忘れられないのでした(笑)。

投稿: めーべる | 2006年11月 2日 (木) 17時51分

めーべるさん、こんばんは~
名前忘れてごめんなさい。
お察しの通りです(^^;)ゞ

これも笑える絵本ですね~♪
又、読み聞かせしたいと思います。

投稿: はっぴぃマザー | 2006年11月 2日 (木) 20時32分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
人違いしてなくてよかったです(^。^)

笑える絵本という視点で見ていくと、かなりありますね。
左サイドのカテゴリーにも「笑える絵本」を追加しました。
また追い追い載せていこうと思いますので、絵本選びの参考になさってくださいね。

投稿: めーべる | 2006年11月 2日 (木) 20時59分

めーべるさん、ご無沙汰しております。
コメント&TBありがとうございました!
このおはなしは、有名な昔ばなしのようですが
私は今回読むまで知らなかったのですよ。
いやいや、あねさの巨大なおならには、びっくり!
楽しいおなはしでした。
めーべるさんが読まれた『へっこきあねさがよめに
きて』も是非読んでみたいです。
私もTBさせてくださいね。
よろしくお願いいたします。

投稿: はらぺーにょ | 2006年12月 3日 (日) 10時15分

はらぺーにょさん、こんにちは。
TBありがとうございます。
このおはなしはほんとスケールが大きくて、楽しいですよね。
豪快に飛ばすだけの屁の話は、それまでにも読んだことがあったのですが、この『へっこきあねさが・・・』を初めて読んだ時は、引き屁があったので、もうビックリしました!
忘れられない絵本です(笑)。
この絵本もぜひ読んでみてください!

投稿: めーべる | 2006年12月 3日 (日) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『へっこきあねさがよめにきて』:

» へっこきあねさ [はらぺ−にょの『絵本はサプリ』]
へっこきあねさ 【文】長谷川 摂子 【絵】荒井 良二 どっばーん!  でっぼーん!   ぼっがーん[:どんっ:] [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 10時08分

« とらっく とらっく とらっく | トップページ | 『もけらもけら』誕生エピソード »