« 『環境の世界地図』 | トップページ | 月の絵本 »

2006年9月 1日 (金)

『くだもの』

いろんな果物を店頭で見かける季節ですね。たくさんのおいしそうな果物を眺めがら、この絵本を思い出しました。

くだもの Book くだもの

著者:平山 和子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページをめくると、すいか、もも、ぶどう、なし、りんごなど、つやつやとしたおいしそうな果物が次々と現れます。果物の絵(丸のままと皮をむいたりして食べられる状態にしたものと両方)と、果物の名前と、「さあ どうぞ。」の言葉の繰り返し。どれも絵とは思えないほどリアルにおいしそうに描かれています・・・。

息子たちも小さいころ、この絵本を見ながら食べるまねをするのが大好きでした。1歳になるかならないころでも、食べ物の絵だとわかり、食べられないのに、食べるまねをして、おいしそうな顔をして満足しているなんて、考えてみたらすごいことだなあと思います・・・。あまりにムカシのことで、詳しいことは覚えていないのですが、乳児&幼児との暮らしの中でなくてはならない絵本だったような・・・、愛着のある絵本です。

★昨夜、おかげさまでカウンターが10000を超えました。いつも遊びに来てくださって、ありがとうございます。励みになるので、お気軽にコメントなど残していってくださいね。今後ともよろしくお願いします。

★人気blogランキングに参加しています。帰省中のランキングダウン、少しずつ回復してきました。引き続き、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『環境の世界地図』 | トップページ | 月の絵本 »

絵本」カテゴリの記事

・あかちゃん絵本」カテゴリの記事

・幼児絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・食べ物が出てくる絵本」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
うちも「くだもの」は大切な絵本。
「おにぎり」「いちご」もすばらしいけれど、一歳前後の子には身近な果物がたくさん書かれたこの本がいいですよね。
ついつい手をのばしたくなる絵・・秋が近づいてきましたから、久々にまた読んでみようかな。
TBさせてくださいね。

投稿: まつりか | 2006年9月 1日 (金) 23時30分

「くだもの」はブックスタートで町からいただいた本でした。
絵がとてもいいですよね。
本当にくだものがどうぞって差し出されているようで、うちの娘も大好きな絵本です。
今年はひらがなが読めるようになったので、自分でめくって読んでいます。

投稿: ちゃちゃまる | 2006年9月 2日 (土) 00時02分

>まつりかさん、こんにちは。
TBありがとうございます!
すでに中学生になった長男が、昨夜この絵本を見ながら、絵ではなく写真みたいだよねって改めて感心していました。
ほんと、おいしそうですものね。
作者の腕の確かさと「思い」を感じます。

>ちゃちゃまるさん、こんにちは。
わが町のブックスタートもこの絵本が配られたこともあったと聞いたような気がします。
初めての絵本にふさわしいですよね。
シンプルな絵本ゆえに、そのすばらしさもまた感じます。
下のお嬢さん、ひらがなが読めるようになって以前読んでもらった絵本をめくるのもまた楽しいでしょうね(*^。^*)


投稿: めーべる | 2006年9月 2日 (土) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『環境の世界地図』 | トップページ | 月の絵本 »