« わたしのHPへのコメントはこの記事へ | トップページ | くまのプーさんからのメッセージ展 »

2006年9月 9日 (土)

救急の日に因んで 『よるのびょういん』

今日9月9日は救急の日。何か因んだ絵本はないかと考えていたら、夜に腹痛になった男の子が救急車で病院へ運ばれる様子をドキュメンタリー風に白黒写真で表現した、この絵本を思い出しました。

Book よるのびょういん

著者:谷川 俊太郎,長野 重一
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙の画像と内容紹介はこどものとも50周年記念ブログでご覧になれます。

白黒写真で、一見古めかしく感じられるのですが、不思議と子供に人気のある絵本のようです。緊迫感が感じられるところがよいのかも。

消防車の絵本なら思いつくのですが、救急車の絵本って他にはちょっと思いつきません。

医師や看護師が出てくる絵本では

ゲーとピー―たぬきせんせいのびょうきのほん Book ゲーとピー―たぬきせんせいのびょうきのほん

著者:なかの ひろたか,毛利 子来
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book うさこちゃんのにゅういん

著者:ディック ブルーナ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙の画像と内容は福音館書店のHPでご覧になれます。

さるのせんせいとへびのかんごふさん Book さるのせんせいとへびのかんごふさん

著者:穂高 順也,荒井 良二
販売元:ビリケン出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

へびのせんせいとさるのかんごふさん Book へびのせんせいとさるのかんごふさん

著者:荒井 良二,穂高 順也
販売元:ビリケン出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

などがありますね。最後の2冊は、医療ものといっていいのかどうか(笑)。とても楽しくて、読みながら次男と爆笑してしまったことがある絵本なのですが、手元に本がないので、詳しい紹介はまたいずれ・・・。

他にもあったら、コメントやトラックバックでお知らせください。

★人気blogランキングに参加しています。紹介した絵本に興味をもたれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« わたしのHPへのコメントはこの記事へ | トップページ | くまのプーさんからのメッセージ展 »

絵本」カテゴリの記事

・写真絵本」カテゴリの記事

コメント

五味さんの『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』はいかがでしょう?
私の好きな“ワニ絵本”でもあります。

投稿: わかな | 2006年9月10日 (日) 20時31分

わかなさん、こんばんは。
そうそう『わにさんどきっ・・・』は、楽しいですよね。
実は、歯の衛生週間のときにこのブログで紹介しております(^^)
http://eehon.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_c2bd.html

今回は、救急の日に因んでなので、歯医者関連は意識の中に入っていませんでした・・・。

投稿: めーべる | 2006年9月10日 (日) 22時17分

めーべるさん、こんにちは!
度々の失礼、お許しを!
ブログの方も少しずつですが、過去記事に遡って読ませていただいていて、あーここにこんなことも
書いてあったっていうことが。
めーべるさんのブログ、本当に奥が深いです。

ウィキぺディアの記事、参考になりました。
ありがとうございます!

投稿: わかな | 2006年9月11日 (月) 11時13分

わかなさん、こんにちは。
ブログ開設から半年以上たち、自分でも過去に掲載した内容は忘れているものもある^_^;ので、お気になさらないでね。
そろそろブログ内検索をつけないといけないなあと思っているところです。

わたしもわかなさんはじめ、絵本好きの方のブログではいろいろ勉強させていただいています。
これからもどうぞヨロシク(^_-)-☆

投稿: めーべる | 2006年9月11日 (月) 11時37分

先月、次女が「おなかが痛い」ということで、かかりつけが休みだったために別の小児科へ行ったら、「ゲーとピー」があって、自ら持ってきて待ち時間に何度も読んでいました。
何か共感するものがあったようです。まさしくアイスを食べて・・・だったので(爆)。

「さるのせんせいとへびのかんごふさん」大好きです!
うちでは1冊目の方が人気でした。
このありえない治療法がなんとも効きそうで笑えますよね~。

投稿: ひととき | 2006年9月12日 (火) 09時22分

ひとときさん、こんにちは。
次女ちゃん、とっても共感できたんでしょうね(笑)。
大人だって原因がわかった方が、安心できますものね。
子供向けのこういう病気を解説した本も、病気の時には特にありがたい存在ですね。

うちも「さるのせんせい・・・」の方が人気でした(^^)

投稿: めーべる | 2006年9月12日 (火) 16時07分

「よるのびょういん」は私も、つい最近ブログで紹介した絵本です。ほんとうに何十年も前の作品ながら、夜の病院の緊迫感や緊張感が伝わってきて、ちっとも古臭さを感じさせない絵本ですよね。絵本を読みながら私は子供が怪我をしたときのこと、熱を出した時のことなどを思い出しましたよ。。。

投稿: 京女。 | 2006年9月13日 (水) 01時13分

こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
いつも色々な絵本をご紹介していただいてるようで、私も絵本が好きなのでとても参考にしています。これからも更新、楽しみにしております。突然のコメント、失礼しました。

投稿: ホームページ制作「ホームページマジック」 | 2006年9月13日 (水) 10時19分

京女。さん、こんにちは。
ブログ拝見しました。
救急車を呼んだことはわたしもあるのですが、あのドキドキ感、不安感は今でも忘れられません。
地味な絵本だけど、絶版にならないでほしいです。

ホームページマジックさん、
はじめまして&ようこそ!
コメントありがとうございます。
どんな絵本がお好きですか?
またお気軽にコメントしてくださいね。

投稿: めーべる | 2006年9月13日 (水) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救急の日に因んで 『よるのびょういん』:

« わたしのHPへのコメントはこの記事へ | トップページ | くまのプーさんからのメッセージ展 »