« 〈本の海大冒険〉で本選び | トップページ | わたしのHPへのコメントはこの記事へ »

2006年9月 8日 (金)

月の絵本2 『まんげつのよるまでまちなさい』

今日は満月だそうです。昨夜の雨あがりのお月様も光環も見られ、とっても綺麗でした。理屈はわかっていても月の満ち欠けは不思議というか、心惹かれますね。なんとなく満月が見られると嬉しくなって、息子たちに「月が綺麗だよ~、満月だよ~」って声をかけてしまいます。

さて、今日は満月にちなんで、満月を待ち焦がれているアライグマの坊やの絵本を紹介します。

Book まんげつのよるまでまちなさい

著者:マーガレット・ワイズ・ブラウン,ガース・ウイリアムズ,まつおか きょうこ
販売元:ペンギン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙の画像は、フーチャンママの絵本紹介でご覧になれます。

あらいぐまのぼうやはまだ夜を見たことがありません。外に出たいという坊やにお母さんは「まんげつのよるまでまちなさい」というのです。何度も外を見たいと言うぼうや、何度も満月の夜まで待つように言うお母さん。そして、ついに坊やが我慢しきれなくて、外へ出ると宣言した時、満月の夜がやってきたのでした・・・。

一言で言うと、ストーリーも絵もとても地味(表紙、中表紙と最後のページを除くと2色刷り)です。でも、絵にもストーリーにも温かさがあふれています。待ちに待って、満月になった日のぼうやの喜びが、ページをめくり最後のカラーページを見た瞬間にうわーっと伝わってくるのです。日頃、「○才になったらね」などと待たされてばかりの子供ですが、待っているうちにそのことにふさわしく成長しているんですよね。

松岡享子氏の翻訳も美しいです。読み聞かせをしてもらっている子供は、絵本からどんどん語彙を増やしていくので、新しくて楽しい絵本もいいのですが(この絵本は英語版は1948年が初版、日本語版は1978年が初版です。現在、在庫が少なくなっているようです。購入されるならお早めに。)、美しい日本語で書かれた絵本も繰り返し読んであげてほしいと思います。読んであげるなら、幼稚園くらいのお子さん向きでしょうか・・・。

★人気blogランキングに参加しています。この絵本を読んでみたいと思われたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 〈本の海大冒険〉で本選び | トップページ | わたしのHPへのコメントはこの記事へ »

絵本」カテゴリの記事

・幼児絵本」カテゴリの記事

・月の絵本」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月の絵本2 『まんげつのよるまでまちなさい』:

« 〈本の海大冒険〉で本選び | トップページ | わたしのHPへのコメントはこの記事へ »