« 戦争を伝える本1 『夕凪の街 桜の国』 | トップページ | 戦争を伝える本2 『屋根裏部屋の秘密』 »

2006年8月 8日 (火)

「・・・わたしの絵本」総合TVで再放送

NHK・BS-2で5月、6月に放送された「夢のつづき わたしの絵本」の2回目と3回目が今週10日と11日に総合テレビで再放送されるそうなので、おしらせしておきます。

時間は午後11:00~11:30

10日はフランスの絵本作家、ピエール・プロブストの「カロリーヌとゆかいな8匹」シリーズ。作家・重松清さんのお気に入りの絵本です。以前書いた番組内容の紹介記事はこちら

11日は女優・中井貴恵さんおすすめの『ずーっとずっとだいすきだよ』。以前の紹介記事はこちら

前回見たかったのに見逃してしまった方はぜひ。

★人気blogランキングに参加しています。ランキング、再び低迷しています。この情報がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

☆ココログフリー・メンテナンスのお知らせ:2006年8月9日(水)02:00~12:00の約10時間、トラックバック/コメントの受けつけなどもできないそうです・・・。よろしくお願いします。

|

« 戦争を伝える本1 『夕凪の街 桜の国』 | トップページ | 戦争を伝える本2 『屋根裏部屋の秘密』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん~こんばんは♪

うぅ~~~~~~~♡
カロリーヌと重松清さんを堪能しました!!
面白い番組でした!!

あの絵本、ホントに細かいんですよね・・・
それをちゃんと話されていたので面白かったです!

重松さんも意外とお話お上手でビックリでした(#^.^#)

投稿: alice | 2006年8月10日 (木) 23時47分

aliceさん、おはようございます。
前回しっかり見たので、昨夜はちらちらPCしながら見ていました^_^;
でも、4回今までに放送されたこの番組の中で、この回が一番好きです。重松さんのカロリーヌへの思いがひしひしと伝わってくるからでしょうね。
それにしても、番組スタッフはどうやって、重松さんのカロリーヌ好きをキャッチしたのかしら??
そちらが気になっています(笑)。

投稿: めーべる | 2006年8月11日 (金) 09時49分

めーべるさん~こんにちは♪

・・・確かに・・・そういわれるとそうですね!!
どこからそんな情報をゲットしたんでしょうね!!

図書館のことを勉強し出すと、普段行ってる図書館のちょっとしたこととか気になりますね(^^ゞ
良くも悪くも興味が湧きます・・・
今日、広報に図書館の非常勤職員の募集が載ってました!
非常勤なのに火曜日から日曜までで、しかも9-5時なんですよ~~そんなもんかしら??
まだ資格とってないし、10月から勤務したら絶対に勉強できないしねぇ~~悩めるところです(^^ゞ

投稿: alice | 2006年8月11日 (金) 13時54分

aliceさん、
地元の図書館では、非常勤職員が大半のように思います。また、正規の職員だからといって司書資格持っているとも限らないですし・・・、図書館って専門的知識を求められる場なのに、不思議なトコロです。
利用する側からすると、非常勤であろうが正規であろうが、プロとして頼れる存在であってほしいです。このあたりは資格云々よりは個人の資質と図書館側がプロに育てようとしているかどうかかなと思いますが・・・。

こちらの図書館は、カウンター業務は民間委託の方向へ行っているらしいです(>_<)
図書館で働きたい人にとっては、チャンスが増えるのかな???とは思いますが・・・、よくわからないですね。。。

投稿: めーべる | 2006年8月11日 (金) 15時36分

めーべるさん、aliceさん、こんにちは!
カロリーヌを熱く語る重松清さん、視たかったです…(^^;)ゞ

中井貴恵さんのお話しも、それなりに良かったですよ。
絵本は大人こそ楽しむもの…って多いに同感ですよね。
小さいときに絵本の存在を知らなかった私なので、もし、子どもに恵まれていなかったら、今、こうして絵本を手に取ることも無かったのかな…
大人になってからでも、絵本と出会えたことに感謝です(*^_^*)

「エルフィーは歳を取ったんだ。」
このフレーズを聞いて、先日亡くなった義母のことがオーバーラップし、ウルウルしてしまいました(^^;)ゞ

ソムリエお薦めの絵本は読んだことが無い絵本でした。
石の絵本?はアートして面白いですね!!

投稿: はっぴぃマザー | 2006年8月12日 (土) 10時19分

はっぴぃマザーさん、こんにちは。
重松さんの、もしかしたら、また再放送の機会はあるのかも。わたしも気をつけておきますね。

>もし、子どもに恵まれていなかったら、今、こうして絵本を手に取ることも無かったのかな…

わたしも同じです。絵本を知るようになって、いろんなものに関心が行くようになり、世界が広がりました。

「ずーっとずっと・・・」は大人が読んだ方がより心に響く絵本なのかもしれませんね。

谷川画伯の発想の豊かさにはいつも驚かされます。何でも楽しまれちゃう方なのかも。

投稿: めーべる | 2006年8月12日 (土) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦争を伝える本1 『夕凪の街 桜の国』 | トップページ | 戦争を伝える本2 『屋根裏部屋の秘密』 »