« 「日本の絵本・イギリスの絵本」展 | トップページ | 『環境の世界地図』 »

2006年8月29日 (火)

『ウィリーの絵』

今日は遊び心いっぱい、見て楽しむ絵本をご紹介します。

ウィリーの絵 Book ウィリーの絵

著者:アンソニー ブラウン
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『モナ・リザ』や『落穂拾い』などの名画をウィリー(『ボールのまじゅつしウィリー』 評論社などのウィリーです)が描いたとしたら…というパロディーのような絵本です。絵を見ることの楽しさに気づかせてくれます。

ウィリーが描いた絵を見るたびに絵の中に「発見」があります。実にうまく紛れ込ませてあるので、なかなか気づかないんですよね。女性がかぶっている帽子がジョウロだったり、靴が魚になっていたり、風景の中に顔が隠れていたり。動物もさりげなくいろんなところに隠れています。加えて、鉛筆や筆も絵のいたるところに描かれているので、こちらを発見するのも楽しいです。

大人も子供も、オリジナルの名画を知っていてもいなくても(元の絵の解説は最後にあります)、存分に楽しめると思います。親子やカップルなどで「発見」を教えあいっこするのも楽しいはず。名画の世界がうんと身近に感じられる絵本です。こんな絵本をプレゼントするのもなかなかオシャレなんじゃないでしょうか。ただ、主人公のウィリーの顔には、初めて見ると好き嫌いがあるかもしれませんが・・・。 

(以前bk1に投稿したものをベースに書きました。)

★人気blogランキングに参加しています。帰省中更新できなかったので、ぐーんとランキング下がってしまいました。ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 「日本の絵本・イギリスの絵本」展 | トップページ | 『環境の世界地図』 »

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/3248954

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウィリーの絵』:

« 「日本の絵本・イギリスの絵本」展 | トップページ | 『環境の世界地図』 »