« 読書感想文の書き方&疑問 | トップページ | 『ウィリーの絵』 »

2006年8月27日 (日)

「日本の絵本・イギリスの絵本」展

帰省先で、下関市立美術館「日本の絵本・イギリスの絵本」展が開催されていることを知り、足を伸ばして行って来ました。(開催は今日まで。ブログに書いても下関のには間に合わないかと思いますが、岩手県萬鉄五郎記念美術館9月16日(日)~11月26日(日)に開催されます。)

「絵本100年 日本の絵本芸術・本の世界」ということで、明治の絵本から現在の絵本に至るまでの絵本の歴史がわかるように展示されていました。そうそうたる文豪が絵本の製作に携わっていたり、なかなか興味深かったです。第2次大戦後まもなく紙も貴重だったであろう時にすでに絵本が作られていたり、よい子供の絵本をつくろうとする人の心意気を感じました。(明治の絵本にすでに親父ギャグのようなダジャレが書かれていて、笑ってしまいました。)

戦後の絵本のコーナーでは、

1945-1969 新たな模索:丸木俊、梶山俊夫、瀬川泰男、田島征三、馬場のぼる、長新太、安野光雅、谷内こうた、堀内誠一、和田誠、西巻茅子、若山憲

1970-1989 さまざまな開花:スズキコージ、飯野和好、長谷川集平、大道あや、上野紀子、荒井良二、安西水丸、あべ弘士

1990-2006 可能性をもとめて:山下勇三、木場井悦子、長谷川義史、ささめやゆき、杉浦範茂、たむらしげる、山本容子、遠山繁年、伊藤秀男、100%ORENGE

など各氏の絵本の原画が展示されていました。やはり印刷された絵本と原画では全然違いますね。絵の大きさも絵本よりうんと大きいものが多かったです。わたしとしては、荒井良二氏の『チキチキチキチキいそいでいそいで』の原画を見ることができて、とても嬉しかったです。でも、絵本の一部の原画だけ展示されていたので、ストーリー全体を思い出せないのもあって、ちょっとイライラ(笑)。展示室を出たら絵本を自由に読めるようにはなっていたのですが、時間がなくて残念でした・・・。

イギリスの絵本の方は、旧下関英国領事館地区100周年記念ということで、同時開催されていたようです(岩手での展示はないでしょうね)。「ピーター・ラビット」の初版本の展示などやイギリスでの人気の絵本作家の原画が展示されていました。こちらは図録もないし、見に行ってから1週間もたつとかなり記憶が怪しいです^_^;

★人気blogランキングに参加しています。この情報がお役に立ったら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 読書感想文の書き方&疑問 | トップページ | 『ウィリーの絵』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんにちは。

「日本の絵本・イギリスの絵本」展、気になります!
岩手まではちょっと行けないので残念ですが。。。

情報量抜群の素敵なブログですね。
私も絵本が大好きで、ブログを始めました。
まだまだ走り出したばかりですが、
私の大好きな絵本を紹介していきたいと思ってます。
よかったら遊びに来てください!

http://ehonya-cocoon.cocolog-nifty.com/blog/

(マイリストにいれさせていただきました。)

投稿: mayucocoon | 2006年8月27日 (日) 17時37分

mayucocoonさん、はじめまして&ようこそ!
マイリストに加えてくださって、ありがとうございます。
嬉しいです(*^。^*)
子供に絵本の読み聞かせをしているうちに絵本が大好きになったのですが、このブログが読んで下さった方のお役に立てば嬉しいです。

この絵本展も全国を巡回するといいですよね。

そちらのブログにも後で伺いますね!

投稿: めーべる | 2006年8月28日 (月) 09時36分

初めまして。ランキングからお邪魔いたしました。
地元が下関ということは、偶然にも同じ山口県人ですね。
私も「日本の絵本・イギリスの絵本」に行って参りました。地元で絵本の歴史に触れることができてとても満足です。
今は、小さい頃に出会えなかった絵本に会いに、暇さえあれば図書館に通いつめる日々です(笑)
またお伺いします☆

投稿: | 2006年10月 3日 (火) 22時49分

渚さん、はじめまして&ようこそ!
若い方の訪問を受けてとても嬉しいです!

下関へは夫の実家福岡で新聞に絵本展の広告が出ているのを見て行きました。偶然にもこんなに質の高い絵本展を見ることができて、とてもラッキーでした。

わたしは大人になって子育てしながらやっと絵本に出会えました。子供は絵本を卒業したけど、わたしは思い出に浸りながら気のむくままに、ブログに書き留めています。

残念ながらわたしは山口出身ではありませんでしたが、よかったらまたお越しくださいね。
渚さんもたくさんの絵本と素敵な出会いをされますように。

投稿: めーべる | 2006年10月 4日 (水) 12時11分

TBありがとうございましたぁ(^^)しかも遊びに来てくださったようでとてもうれしいです!!
イギリス絵本は「ピーターラビット」ですかぁ~♪かわいいですよねぇ。原画展は色々な所でやっていることがわかりました。色々な国の色々な時代の絵本をみると、その時の生活スタイルなども見られてとても興味がわきます。絵本は奥が深いので常に勉強になりますね!!

投稿: ミヅポン | 2006年11月14日 (火) 22時37分

ミヅボンさん、こんにちは。
先ほどTBさせていただきました。

記事には書いてないのですが、
10月に大阪で「赤ずきんと名作絵本の原画たち」という展覧会も見てきました。
200年前からの「赤ずきん」の絵本のコレクションも、とても興味深かったですよ。
魅力的な絵本といっぱい出合って、素敵な絵本を描いてくださいね。

投稿: めーべる | 2006年11月15日 (水) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書感想文の書き方&疑問 | トップページ | 『ウィリーの絵』 »